書籍・雑誌

2020年4月30日 (木)

『武蔵野のいま 沼沢地 三枝登志夫随筆集 2』を紹介。

 「小越洋之助のページ」(国学院大学名誉教授) にUPしました。

 200430ogoshitop
 

 ◆目 次

 武蔵野のいま
 夏野菜・野菜づくり雑感
 山の教会の結婚式
 宮崎駿「風立ちぬ」を見てー「天空の城ラピュタ」との比較で
 川越を歩く
 あとがき

   http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ogoshi/ogoshi-index.htm

 

 あとがき
 私は下町の御徒町の生まれで、育ちも下町である。浅草には徒歩30分かかったが、上野や神田は近く、少年時代には湯島天神や神田明神にはよく行った。
 上野の不忍池は、当時は川魚や川エビが豊富で、子ども同士でよく釣りにいった。
 池という池は興味本位でいろいろ行った。東京大学の構内に裏道から入りこみ、三四郎
 池に魚がいるのかを観察したり、電車で井之頭池にも行った。
 やがて中学生になり、国語の教科書から国木田独歩の文章に接した。
 爾来、文学散歩の類に興味を持ち、大竹新助『写真文学散歩』(上・下 現代教養文庫)などを愛読した。そんな青春時代に「武蔵野」への関心で自分の内面を染めてきた。
 いつか自分も大竹さんのよう文章を書いてみたい、と思ったが、なかなか時機を得なかつた。今回、随筆でこれを書くことは、独歩の時代の「武蔵野」の変化を見て、「雑木林」などの風景を期待することもあるが、失われたもの、「滅びの美」を感傷的に賛美する趣旨ではない。タイトルにあるように、武蔵野の「いま」を歩いて、観察して、いまの時代にこういう場所があることを再発見することにある。首都圏においてその面影を探ることができれば、この文章も何らかの意義があろう。ただし、思った場所にすべて行くことはできなかった。歩く場所の選択は当方の主観のままである。
 また、今回の随筆では、武蔵野と関係がない文章3本を挿入した。
なお、川越は武蔵野台地の北端になるが、ここでは武蔵野の一環というより、この地域が独自の歴史と文化がある観光地として、末尾におくこととした。
 さいごに付言すれば、この随筆集は前作『沼沢地』に続くものである。読者の感想を得たいと思う。
 二〇二〇年春
 著者

  ▽追記:2019727 ()『沼沢地 三枝登志夫随筆集』を紹介した

  http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-394727.html

2019年7月27日 (土)

『沼沢地 三枝登志夫随筆集』を紹介した

 「小越洋之助のページ」(国学院大学名誉教授)

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ogoshi/ogoshi-index.htm

 

山の詠草

妙義山麓

中津渓谷(『沼沢地』、1960年[昭和60年、昭和35年夏、17歳]

 

井上靖氏の歴史小説について(『沼沢地』第2号、19612月、18歳[補強20189月])

南へ(『ラピユタ』第2号、1976年春・創刊号、執筆1975.3.2534歳]

蘇州と万里の頂上に行く(2004年執筆)

囲碁の楽しみ(2019120日執筆)

阿部敏夫著「随想集」を読んで(2018915日、阿部社長への手紙、76歳)

 

◇筆者紹介

三枝登志夫(さえぐさとしお)

1941年4月 東京都台東区生まれ。

随筆家。本名 小越洋之助(国学院大学名誉教授)

早稲田大学卒。大学時代、同人誌「群青」をつくり創作活動。

以降、機会を見つけて随筆を執筆。

 

2019年427日初版発行

2012年7月 6日 (金)

東京国際ブックフェア2012に行ってきた

 昨日、東京ビッグサイトで開かれている「東京国際ブックフェア2012」に行ってみた。会場はほぼ満員で、1階は各出版社のブースがならび、まったく知らない出版社があるもんだなと思い、見て回った。

  120706kokusaibook1


 

こちらが見てみたかったのは、2階に出展していた凸版印刷や大日本印刷などの先端印刷現場の様子だった。タブレット型のPCでデモンストレーションをしていたが、なんとDTPデザインは「InDesgin」を使って説明をしていた。

昔は、凸版印刷は、CPSという電算写植を出版社側に使ってページのDTPをすすめていたし、さまざまなDTPソフトが他社から開発されていたが、もうInDesginなのだということが分かった。

 

Qualkも出展していたが、元気がなかった。

MACを使ったDTPの王者が世の中から滑り落ちている、現実を見た。

 

追記

「現代労働組合研究会のHP」の全面的にリニューアルして、UPした。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

 

TOPに使った写真は、昔訪問したイタリアの「広場」風景だ。フリーの素材だが、「青年よイタリアに跳べ」と語りたい。

無料ブログはココログ