« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月24日 (日)

「草加 視覚障がい者 虹の会前代表」宮田新一さん(享年78歳)の偲ぶ会に参加。

 昨日(2024年3月23日(土))は「草加 視覚障がい者 虹の会前代表」で、1月のお亡くなりになった宮田新一さん(享年78歳)の偲ぶ会が、「越谷駅(東武スカイツリー線)の魚鮮」で開かれた。主催は、「ロービジョン友の会アリス」で、15人ほどの人たちが、思い出を一人ひとり語り合って、お悔やみをした。

 240324miyata3

 出席した宮田夫人は「にぎやかなのが好きだったので喜んでいると思います」と感謝の言葉を、最後に語っていた。

 240324miyata5

 240324miyata52  

 240324miyata53

 私が10数年前に「NPOひかりの森」に参加して、毎週火曜日の「音声パソコン」のアシスタントとして参加し、NPO事務局を担ったときに、「視覚障がい者の情報取得困難」に対して、パソコン・拡大読書器、視覚障害者向けの電子図書サービスなどの福祉機器の解説を参加者一人ひとりに行っていたのを見て、関心したことを覚えている。

 その後、宮田さんに依頼されて「草加 視覚障がい者 虹の会」のホームページの立ち上げ、編集・制作を10年ほど続けていた(今は「視覚障がい者として生きて。草加-宮田新一のページ」に変更して、UP)。合掌

 http://www.e-kyodo.sakura.ne.jp/miyata/index.html

 ▽私という生き方。

 ルポライターの月崎時央さんの取材文で(カメラ・多田裕美子さん)、視力を失ったから気付けた、誰かの役に立てる喜び。“生かされた人生”、そして妻に心の底から「ありがとう」と語る宮田新一さん。

http://www.e-kyodo.sakura.ne.jp/miyata/tukizaki-arigatou.html#220108watasino

 ▽これまで、発表されたポスター群(これはUPしておいて、と宮田さんの希望)。

 2017.07.26:宮城武久先生の「目の不自由な人へのサポート塾」

http://www.e-kyodo.sakura.ne.jp/miyata/poster.html

 

2024年3月20日 (水)

「故西村一郎さんの偲ぶ会と新しい本・出版の記念する会」を開こう。

  先日、「故西村一郎さんの偲ぶ会と新しい本・出版の記念する会」を開こうと事務局を担う上田裕子さんと出版社・同時代社の川上社長、そして私の3人の打ち合わせが行われ、以下のように決めた。
 1 6月29日(土)、午後14時~16時
 2 場所は、日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会食堂(東京・池袋)
 詳細とご案内は、みなさんにメール・郵送でお知らせすることにした。
 集まりの契機になったのは、昨年末に急逝された生協研究家・西村一郎さん(元生協総合研究所主任研究員)の遺稿集に近い単行本が出版された本を読み解き、みんなで語り合おう、という集いをめざしているからです。。
 ▽『増補改訂版 生協の道 西村一郎・最後のメッセージ』、同時代社、四六判・280ページ、2024/04/02、1,980円(税込)
 本書は、お亡くなる直前に、私に編集依頼があったが、ご家族と同時代社のご判断で出版にこぎつけた。
 出版社の打ち出しでは、≪命と平和のために、生協はどうあるべきか。協同組合の理念と実践、生協人たちの熱き想い――。丹念な取材でその本質に迫る。「歩く・聴く・書く」ことを最期まで貫いた著者の集大成≫となっています。
 https://www.doujidaisya.co.jp/book/b10078589.html

 240320nisimurabook
 

 私は編集の意図を「刊行にあたって」として、次のように書いておいた。

 昨年(2023年)の12月6日(木)、西村一郎さん(元生協総合研究所研究員)が急逝された。お亡くなる直前の11月27日(月)~28日(火)にルポ研の上田裕子前代表と編集子に直接、それぞれ電話があり、か細い声で「自分が書いた本三冊とエッセイ(同人誌に書いた)一本」を読み込んで、「なぜ自分がルポを書いてきたか、一冊に編集してほしい」と言われた。
 その三冊のテキストを出版社側から送ってもらい読み込んで編集したのが、本書である。
 著者は、これまで40冊に及ぶ単行本を出版しているが、一貫して貰いていることは食のあり方、平和と協同、そして「日本の生協のアイデンティティ」を確立するための刊行物であった。
 とりわけ本書は、著者の生涯をかけた「生協の道」を探求するメッセージが込められた文章を書き続けられており、あとに続く「生協人への励ましと希望」をこめて未来の探求心の所在を書いている。
 それは「生協とはなにものか」と自己を客体化して、自問自答し、「子どもや孫に同じ職場で働かせたいか?」と問う精神。「五方よしの生協産直とは」を考えるために「生産者への期待」「生協の問題意識はどうか」、など一緒に考えませんかと呼びかけ、「いずみ問題の解明体験」から、「生協と生協人のあり方」を今一度考えるために、「生協における働き方」を問い直し、経営ビヘイビア精神に「ドラツガーとフランクフルの思想も生協に」取り入れる提案もしている。
 実践編では「被爆ハマユウの経験から平和への希求心」と生協の産直ネットワークづくりの一つの経験=恩納村(沖縄)でのモズクとサンゴへの取り組みの先進性を語りながら、生協・生産者・地方自治体の協同から地域づくりへの未来を語っている。
 返す返すも残念なのは、まとまった編集ゲラを著者が最後に目を通すことができなかったことだ。しかし、ご家族の配慮で、ここに出版できることとなった。
 次の世代の方々に、著者への共鳴の輪が広がるように、願うだけ。(飯島信吾)
 ▽同時代社のホープページ
  https://www.doujidaisya.co.jp/book/b10078589.html

2024年3月 9日 (土)

「印刷ユニオン(全印総連)大日本印刷分会の闘い」――「大企業職場にあたり前の労働組合を」のページにUPしました。

  
▼2024年01月(固定):❖新ページ:「印刷ユニオン(全印総連) 大日本印刷分会」に参加しませんか。️――労働組合は1人でも作ることができる。4人で分会結成。!!!非正規労働者が、大日本印刷久喜工場で労働組合を結成し大きな成果 !!!

  http://www.e-union.sakura.ne.jp/dainihon/231230kumiaikessei.html

   240308yoshimura3
2024年03月08日:春闘勝利めざす、中央総決起集会٠行動が3月7日、日比谷野外音楽堂から行われた‼️――全印総連印刷ユニオン٠大日本印刷分会

  http://www.e-union.sakura.ne.jp/dainihon/index.html


2024年03月07日:大日本印刷に春闘要求書を提出し、趣旨説明団交を開催しました。️――全印総連印刷ユニオン٠大日本印刷分会
2024年03月07日:3月6日全印総連٠東京地連主催の要求説明会。5社から参加している経営者代表に訴えた。️――全印総連٠東京地連
2024年02月29日:2月28日は、全印総連統一要求書提出日です。️――全印総連٠印刷関連ユニオン٠東京地域支部
2024年02月23日:2024春闘が始まりました。大日本印刷分会は2月28日要求書提出団交を予定して、工場内最低時給1500円をめざしています❗️――全印総連印刷ユニオン٠大日本印刷分会
2024年02月08日:24春闘はストライキ権を確立して闘うことを確認。――全印総連٠東京地連は182回目の臨時大会
2024年02月01日:全国印刷関連ユニオンは、臨時大会を開き「春闘で回答に不満の場合はストライキを実施して交渉にあたる」
2024年02月01日:月1度の印刷関連ユニオン٠大日本印刷分会の久喜駅前宣伝実施――全印総連印刷ユニオン٠大日本印刷分会

 

  231223dainihon2

❖2023年12月31日:❖新ページ――「2023年8月31日」から2023年12月26日」は、ここをクリックして下さい――全印総連印刷ユニオン٠大日本印刷分会

   http://www.e-union.sakura.ne.jp/dainihon/index-2.html

2024年3月 1日 (金)

2024年春闘は、21団体で!非正規春闘を闘っています。

240229hiseikitop

  

「あたり前の労働組合を」のページにUPさせてもらいました。

http://www.e-union.sakura.ne.jp/union/union-atarimae.html

2024年春闘は、21団体で!非正規春闘を闘っています。

 

20240115

2024年【非正規春闘を闘っています】――連載ページへリンク(入口)。

20240229

NHKで突然出てきてびっくり!非正規春闘いいぞ!――全国一般東京東部労組

20240229

今日(2月28日)のNHKニュースウォッチ9で非正規春闘について報道――総合サポートユニオン

20240229

春闘 大手企業では満額回答も 非正規雇用で働く人の賃上げは | NHK――春闘 大手企業では満額回答も 非正規雇用で働く人の賃上げは | NHK今野晴貴さんのXより。

20240229

非正規春闘 : 介護現場の悲鳴が聞こえてくる〜低賃金・過重労働・集団離職――総合サポートユニオン介護保育支部、222日(木)、松原 明・レイバーネット記事。

20240215

私立中・高の非正規教員が「学校を超えた」春闘を開始 複数校から賃上げ回答も。――215日(木)、今野晴貴。

20240210

非正規春闘の経団連要請行動などをNHK、TBS、テレビ朝日、朝日新聞、毎日新聞、共同通信→地方紙で報道。――28日(木)、総合サポートユニオン。

20240209

須田光照さん(全国一般全国協 東部労組、東京都葛飾区)、小畑 雅子さん(全労連議長)のX(旧twitter)で発信。NHKでも報道。

20240208

関西でも非正規春闘を始める動き――223日(金)、14:00PLP会館1(天神橋付近)にて意見交換・交流。総合サポートユニオン。

20240208

東京都労働委員会から広尾学園への要望書。――私学教員ユニオン(総合サポートユニオン私学教員支部)。

20240205

「毎日新聞」で「広がる非正規春闘」という記事が出ている。――25日付の朝刊。

20240131

宮城で非正規春闘を開始しました。――仙台けやきユニオン・みやぎ青年ユニオン。

20240130

みやぎ青年ユニオンと仙台けやきユニオンを核として、――宮城県での非正規春闘のスタート。

20240130

非正規が賃上げ10%を要求! 「低賃金依存」の業界体質を変えられるか?――(今野晴貴さんの@konno_haruki X発信)

20240123

橘学苑で働く教員たちが私学教員ユニオンへ加入し、正当な組合活動として懲戒事由に該当しないとした判決です。112日)――私学教員ユニオン(総合サポートユニオン私学教員支部)。

20240117

Amazon Flex ユニオン(総合サポートユニオン物流支部 Amazon Flex分会)を結成――報酬の引き上げなどを申し入れ(総合サポートユニオン)。Amazon運転手が労組結成(日本経済新聞、映像ニュース)

20240115

【#コンビニ非正規春闘】ファミリーマート――に対して、時給200UPの賃上げ要求を行いました!(総合サポートユニオン)。

20240115

❖新ページ2023年【非正規春闘を闘っています】――連載ページへリンク(入口)。

20240112

経団連包囲行動で首都圏青年ユニオンの原田さん112日)―― 全労連・国民春闘共闘の「24春闘闘争宣言行動」。

20240112

広尾学園と団体交渉です。未払い賃金、労働時間管理、休憩や有給休暇未取得、非正規雇用の待遇改善など112日)――私学教員ユニオン(総合サポートユニオン私学教員支部)。

20240111

「スシロー」に対して、5分未満の切り捨てについて、昨年1225日付で中央労基署から是正勧告が出されました――回転寿司ユニオン(労働組合)

20240107

広尾学園の労働問題を訴える宣伝活動16日)――私学教員ユニオン(総合サポートユニオン私学教員支部)。

20231205

2024年の「非正規春闘の要求方針」の発表の記者会見の内容が報道されました。――総合サポートユニオン。

20231205

本日(2023年12月4日)、非正規春闘実行委員会は、来年の非正規春闘の方針を記者会見で発表しました。――総合サポートユニオン。

 

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

無料ブログはココログ