« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月28日 (火)

「だけだけ」の労働組合運動からの脱却を。

 X(旧twitter)を読んでいると「そごう・西武労組(連合傘下)のストライキ」から激励されて、医療系の職場でストライキを闘っている(全労連傘下)というレポートを読んでいる。

 「だけだけ」の運動では労働者のやる気が起こらないことは、「総評時代」を体験した人間として、言える。

 中西五洲さん(全日自労)などの反主流派の総評大会(1970年代~1980年代)での発言も、他者(主流派)の中で演説したから有効だった。

  東京争議団運動も、統一行動の論理を基盤として、県評・地区労に参加している自治労、国労、全金などの皆さんと「倒産争議」「首切り争議」「会社乗っ取り争議」「女性の年齢別解雇」を許さないと闘ってきた。

 ▽小林雅之著――「品川地域を原点として――青春とロマン 私が歩んだ労働組合運動」――(東京公務公共一般労働組合副委員長小林 雅之、「私が歩んだ労働組合運動編集委員会編集・発行 目黒区鷹番3-1-1 石田ビル302目黒労協内、2017年11月1日)
 http://e-union.sakura.ne.jp/tokyo-sougidan/index.html#shinagawa231105

《争議組合は総評運動の一大行動部隊だった》  

 小林 そうですね。当時の争議は、職場から出された失業者軍団とか労働運動の非正規軍だなどと、ひがんだ考えではなくて、むしろ日本労働運動の精鋭部隊なんだという誇りさえ抱いて闘えた時代だったからかもしれません。争議団が集まると自由闊達に、労働運動論を夜を徹して議論したりもしましたよ。もちろん争議団ですから「ご支援お願いします」と頭を下げて歩き、感謝の気持ちはいつもありましたが、だからといって決して争議団は傍流だ、正規軍じゃないなどと言う、遠慮とか卑屈さは全くありませんでした。

 加えて、東京争議団共闘には当時クビきり千人、差別千人もいましたから、総評や産別運動のなかでも一大行動部隊だったんです。これほど機動力を持つ部隊は当時といえども、そうそうなかったでしょう。平日昼間いつでも緊急動員できる力があるんですから、そりゃ総評や地評にすれば、こんな便利な動員部隊だから、それなりに扱ってくれましたよ。ある時、自由法曹団の坂本修弁護士から電話があって、「小林さん、明日あたり民事執行法が通りそうなんだ、何とか集めてほしい」って。何人くらいですかと聞けば、二百人くらいだつて。そんなの無茶だよ、なんて言いながら、実際急遽それぐらいは集めて国会へ押しかけることができた。
 薬害や水俣闘争など、幅広い運動領域へも力を注ぐことをした。当時の争議団共闘は、行動力だけでなく、レーニン・トロツキーの戦術論や戦前の解放運動などの議論を深めたりしながら、思想も高く磨いていこうとした、そんな運動集団だったように思います。

《政治的潮流の違いで排除をしない団結方針》
 小林 いま大事だったなと思うことは、組合組織は常に潮流が違うことに確執をぶつけあってきた歴史がありますから、私が事務局長になったときの就任挨拶では、『争議に潮流間問題を持ち込まないこと』を厳しく訴えました。当時は、今もそうでしょうが、争議団・争議組合は、産別や政党別に色分けされ、何かと排斥の目に遭う、辛い体験を背負っていました。『争議共闘に政治的潮流の違いを優先させれば争議を狭める』。これが私たち争議運動の基礎にある団結思想でした。新左翼系といわれた日立系列の争議団が、日立争議共闘から排除され、そのために東京争議団にも入れないで、御用組合からも攻撃されながら長期の解雇闘争を闘っていた。あるとき争議共闘に加えて貰えないかと、当時事務局長だった私に訴えてきたことがありました。
 「日共、日共と言われるとイラつく、という連中が受け入れてくれない」というのです。「それならなら、手始めにその昔い方変えたら」と提案しました。「そんなことで良いんですか」きょとんとして訊ねるので、「思想変えてまで共闘したいと思わないでしょう。互いに傷付けないよう気を配りながら運動だけは一緒にやれば充分だよね」
 この説明に納得がいったようで、暫くして彼らは日立共闘の仲間入りを果たし、東京争議団へも加盟してきました。日立争議で最大勢力のカコ労組が支援を開始し、それまで仲が良いとは言えなかった同じ日立争議の人たちも支援を広げてくれた。この争議団は力もあったし、一気に勝利していった。
 いろんな傾向の地方争議でも僕らは交流を深め、相互支援した。地方にも出かける力量もあった。全金大阪のある支部が自主生産で倒産争議を闘っていた。毛沢東派を自認するほどに、彼らの拠点だった。そこへ東京争議団の渡辺清次郎議長(故人)と事務局長の小林が尋ねた。大阪争議団共闘から、「危ない、行くのだけはやめときなはれ」、しきりに止めたが気にせず訪問した。確かに凄かった。まるで戦場の砦そのものに、塀の周囲は鉄槍の忍び返し、門衛は松明を燃やして完全武装されている。
 「日共宮本修正主義粉砕」と大看板が表に掲げられ、事務所には毛沢東のでかい写真が飾られていた。私たちは「東京では争議運動に政治信条の違いを持ち込まないでやってきた」と率直な意見交換をしました。
 二度日に訪れたときに、野外の大看板は外されていた。毛沢東の室内写真は飾ってありましたけどね。
 大阪争議団は、「どないになっとるん?」と不思議がられました。のちに東京争議団OB会でも「お前さんのときは色とりどりだったねえ」と言われました。当時、「要求の一敦が団結の大原則なんて決まりきったドグマだけで、統一が広げられると考えるのは観念論だ」とよく議論しました。要求や考えが少々違っていたっていい。まずは行動を共にする団結の仕方だってあると。もともと僕ら争議団にはそうした思想が根底にありました。
 最近の市民運動と野党共闘の新しい統一戦線のあり方を見ても、要求の完全一致が無くても、共に支援行動することを重視していけば、やがてより高い次元の統一闘争への発展も可能になる。この捉え方はいまや国民レベルの確信になっていますよね。争議運動の歴史は随分早くからこのことを実践してきたといえます。
 総行動方式を編み出された時代に争議組合が果たした役割は実に大きいものがありました。単に行動力だけでなく、戦略的行動や戦術展開を、われわれは開けても暮れても議論した。また研究者や法律家、労働運動家を幅広く集めた『争議研究会』を長年開いてきました。多くの争議事例について理論と実践面から分析して、研究成果に残す刊行も行ってきました。実践面の問題についても争議団相互で厳しい論争が展開されました。当時の総評や地評また各単産組織に向けても厳しい評価をやったものでした。そうした切磋琢磨をしながら、当時の争議組合争議団は運動論としても高い水準を獲得していけたと思います。

  今再び、労働組合運動のルネッサンスをめざして、次の世代と一緒に運動を進める時代だと思う。

      http://e-union.sakura.ne.jp/tokyo-sougidan/index.html

230503kenpousyuukai2

 

2023年11月19日 (日)

明治乳業争議に「産業別ユニオン」の旗を。

 11月17日(金)、午前中、雨の中を北千住駅東口駅前の「ピーくんカフェ 北千住店」(ここは昔風の喫茶店で150席を超える大型カフェ!なので、打ち合わせをするのに心地いい場所。20年以上前からここで人に会っている)でお二人の方に会ってきた。

  231118kitasenjyu


 二人は「日本一長い労働争議」をたたかう明治乳業争議を支援している、千葉県労連のMさん、食品一般ユニオンのSさん。
 私がブログやHPで「明治乳業のインフォーマル組織を操る資本とのたたかい」などを書いてきたので、意見を聞きたいということだった。
 ◇2012年10月 3日 (水):明治乳業のインフォーマル組織がフォーマル組織のTOPへ―インフォーマル組織物語Ⅶ
   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e225.html
 

 ▽「インフォーマル組織とは何か あたり前の労働組合を」のページに。

   http://e-union.sakura.ne.jp/union/informal.html#20180605meiji

 ◆〔5〕明治乳業争議を支援する会

   http://kotayan.seesaa.net/

   記事内検索「インフォーマル組織」

 明治乳業のインフォーマル組織を操る資本とのたたかい  (PDF)

 明治乳業争議団員リポート記 (PDF)

 〔5-2〕必見! 倉内節子弁護士講演「不当労働行為と闘った30年――明治乳業事件から最近の労働問題まで」

  ◇2016年2月28日 (日):明治乳業争議――戸塚章夫さんの【検証・都労委「明治乳業事件」】読み終えて
  http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-1b16.html


 お二人のテーマ・話題は「インフォーマル組織と旧統一協会」が一つだったが、こちらは『旬刊社会通信』を紹介して(本誌は岩井章さんと向坂逸郎さんの系譜で、「社会主義協会」なのか不明なのだが、最近の「旧統一教会、富士政治大学、連合・天野会長につながる諸問題」を論説している分析)から話した。

 231116sasukomi1

 結論は、故ジャーナリスト・青木慧さんが『タカ派知識人』(汐文社、1983年11月)書いているように、『サスコミ』を発行した部隊は、旧統一協会ではなく、民社研や富士政治大学などと同根のメンバー(著名なのは◆気賀健三・慶応大学、吉田忠雄・明治大学、加藤寛・慶応大学など。今、テレビなどにウクライナ戦争で出てくる女性研究者もその系譜)。

 221118syakaitusin_20231119184701
 ◇「マインドコントロール(洗脳)の社会ーー自民党・旧統一教会・日本会議・松下政経塾・富士政治大学・連合」、山下俊幸(旬刊社会通信、社会通信社発行人=滝野忠、NO.1373、2022年12月1日号)
 http://shakaitsuushin.cool.coocan.jp/mokuji/mokuji.html

 

   二つ目のテーマは「明治乳業争議の解決に向けて」が中心だった。
 1980年代~90年代の状況を分析するために、いくつかの「国労や明るくする会・争議団の動向」を話した。

 ◆国労の破壊と総評の解散→連合の誕生
 ◆革新政党員の多くは、「思想信条差別」解決路線で終焉→東電、関電など。IHI(石川島造船)はその後「基幹労組」を立ち上げたが無力化。
   ◆ネッスル日本→ヨーロッパ社会憲章の流れの中で、全労連の枠組みで「解決」

         ◆欧州社会憲章

           https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%86%B2%E7%AB%A0

 ◆沖電気争議→団体交渉抜きで「解決」。→「電機情報ユニオン」埼玉に最近、「定年者」が参加。
 ◆日本航空→第2組合に存在した三桁の「M青」の自然喪失。

 ◆全逓→郵産労との統一についての私見――ユニオン長崎・中島義雄
 ◆全国金属→JMIUへ(テーマ化した組織はなし)

   
 明治乳業争議団は、1980年代に東京争議団運動に参加して、初めて労働組合運動のテーマとして直面して、前者のパターンにならなかった。
 ただし「レーニン主義者は新しい組合をつくらない」というインフォーマル組織の論理の枠内で運動していたので「袋小路」に入ったままなのではないか、「政党内ではタブー」であったし、いくつか運動内で取材した経験を話してみて、こちらは大胆に「明治乳業」で働く数万人と言われる「非正規労働者」のなかに「産業別ユニオンの旗を掲げて」、団体交渉にはいる事が解決の道ではないか、と自論を聞いてもらった。
 また「60数名の争議団メンバーの中で、すでに24名の方がお亡くなりになっている」状況で定年後の「厚生年金」でも差別をつけられ、日本国憲法13条の「幸福追求権」「個人の尊厳」まで犯され続けている。
社会的に「遺族年金訴訟(各自1000万円に及ぶ賃金差別がある)で、亡くなった労働者家族の生活と基本的人権を擁護するたたかいをおこすことを考えてほしい」「明治乳業本社前で女性たちの声を発してほしい」など、要請した。
 ⅯさんもSさんも怪訝な顔をしていたが、地域社会における新しい変化には女性たちが中心になっている話を地元での体験を話した。
 さて実践部隊は、どんな方向に向かうのか。要は「争議解決」のためにも、過去の「一企業一組合論」ではないことが、時代の要請ではないか。
 【参考】「日本的労使関係と大企業の労働組合――1 戦後日本の労働組合運動と組織の概観、2 ある大企業での実践 石川島播磨とトヨタ自動車(関連企業)の事例、桜井善行稿」――『労働運動の新たな地平 労働者・労働組合の組織化』(中村浩爾・寺間誠治編、かもがわ出版 2015年08月)
  http://e-union.sakura.ne.jp/union/union-atarimae-2.html#231105zousen-toyota

 160710roudouundouno_21
 ◆〔4〕アンドルー・ゴードン著、二村一夫訳 『日本労使関係史~1853-2010』(元法政大学大原社会問題研究所所長・法政大学名誉教授)の「第11章 日本型労使関係のヘゲモニー」(434p-437p・PDF版)の部分を読んでほしい。(PDF版)

 インフォーマル組織は、「裏返しのレーニン主義」の母国であった、と書いてある。
 「インフォーマル・グループ」とは、共産党の組合内派閥集団である「細胞」をお手本にしてつくられた組合内組織であった。ただし経営側と対立する存在ではなく、会社に支援され会社と協調する集団であった。レーニン主義が政治的に目覚めた前衛分子によって大衆をリードし社会主義革命へと導く戦略であるなら、戦後日本は「鏡の国のアリス」ならぬ「鏡の国のレーニン主義」、 「裏返しのレーニン主義」の母国であった。インフォーマル・グループは、革命とは反対方向へ大衆を導くことを目指した前衛組織である。組合潰しだけがこのお話のすべてではない。インフォーマル・グループに属する者は、採用、昇進、昇給、あるいは仕事の配分、さらには作業長といった監督者への選抜に際し有利な扱いを受けたのである。他方で、戦闘的な活動家は差別的に処遇された。だが日本鋼管だけでなく他社でも、労使関係を安定させ生産性を向上させるには、こうした強硬路線だけでは不十分であった。 1950年代から70年代まで、企業経営者とその同盟者である協調的な労働組合内「会社派」は、従業員の支持獲得の上で大きな成果をあげた。そのための諸方策こそ、ある意味で「日本的労使関係」の核心をなしている。

 ▽Mさんからのメール
 ★これからの闘争はインターネット作戦である。
 ★ 明治乳業はなぜ、労働組合を立ちあげなかったのか。
 ★ヨーロッパは、社会憲章が進んでいる。イジメ、差別など、EUをめざしたたかう必要がある
 ★ 明治乳業のたたかい、なぜ、非正規労働者の要求でたたかわないいのか、何人いるのか、何パーセントか、そこに依拠した運動に発展させる。賃金差別、年金差別、家族の被害を訴えないのか。今の明治乳業のたたかいには、要求闘争がない。
 ★ 産業別労働組合の視点がない。明治社前行動を見ると、男ばかりが演説している。男が出ると女が引っ込む、年配者が出ると若者が引っ込む、これを改善する必要がある。
 ★ 日本は、人脈社会で動いている。 
 ★ 勝利の方程式は、産業別労働組合の結成である。
 ★ 多くの資料、ありがとうございます。

 

 

2023年11月16日 (木)

最近の「早川征一郎のページ」(法政大学名誉教授、法政大学大原社会問題研究所名誉研究員)の主な更新。

231116burogu

 

 

 

2023.11.16:最新の更新
「非正規地方公務員=会計年度任用職員制度の抜本的改善を!」(早川征一郎稿、『日本労働研究雑誌』、202310月号、独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT))

 231116hiseikitop    

2021.07.07更新
『回想 戦後大原社会問題研究所雑誌の歩み』(ワーキング・ペーパー、法政大学大原社会問題研究所、20213月、早川征一郎著)

2021.06.27更新
[読書ノート]非正規地方公務員=会計年度任用職員制度はなぜ問題か?―上林陽治著『非正規公務員のリアル―欺瞞の会計年度任用職員制度』(日本評論社、2021/2/24)を読んで=早川征一郎(『労働法律旬報』No.198620210625日号)

2020.11.02更新
「『日本労働年鑑』(第1集~第90集)の時期区分について、『年鑑』第90集,創刊100年を記念して」、早川 征一郎、(【特集】第90集刊行記念『日本労働年鑑』の歩み『大原社会問題研究所雑誌』、 202011月、745号)

「地域手当(国公地場賃金化)と地方公務員賃金、地域経済」、 早川征一郎(法政大学名誉教授)、自治労連・地方自治問題研究機機構『季刊自治と分権』、特集 地域経済と自治体の役割、第66号(20171月刊)

2020.06.22更新
社会問題の「解決」と大原社会問題研究所の調査・研究」について、 早川 征一郎(法政大学名誉教授)――研究所創立100周年に寄せて、<巻頭言>『社会政策』(社会政策学会誌、201911月、通巻第33号、ミネルヴァ書房)

2020.06.20更新
「佐方さんにお世話になって」、 (『ひたすら生きて――佐方信一 ある日ある時』早川征一郎、法政大学名誉教授・大原社会問題研究所名誉研究員、佐方三千枝編、旬報社、2020315日)

2023年11月 2日 (木)

28万0174件になりました(2023年11月2日(木))。

アクセス件数、28万0174件になりました(2023年11月2日(木))。

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

無料ブログはココログ