« 岩波ブックレットで発刊――『「〈必要〉から始める仕事おこし―『協同労働』の可能性―』(日本労働者協同組合連合会編) | トップページ | 新潟菓子工場での「高齢女性の火災死」へ抗議の声を。 »

2022年2月 7日 (月)

古屋和雄さんのラジオ番組とインタビュー

 以下のラジオ番組は2年前だが(今でも聞かれます)、司会をしているのが古屋和雄さんだった。

 古屋さんは1980年代から1990年代のNHK・朝のワイドショーの人気を一手に引き受けていた司会者。

 私が編集担当をしていた「市民生協の生活文化情報誌」(『PROSUME』、1989年から1997年まで)でインタビューをお願いできないか手紙を書いたら、OKの返信が来た。NHK近くのホテルの会議室を借りてお話を聞いたが、その後、大阪へ転勤していたので講演を頼んだら、これも受けていただいた。

 『おくればせながら男の出番です』(労働旬報社、46判、1992年09月30日)の本を出版しているが、この時までは、この出版社に属していた。

 220207huruya

https://www.bookoffonline.co.jp/old/0012197638

 

 視覚障害者のために活動する福祉事業所を紹介するシリーズ、今回は東京・国分寺市のNPO法人「視覚障がい者ネットワーク コトリナ』の取り組みを伝えます。

https://www.facebook.com/NHK.heartnet/photos/a.647699325281695/2995741110477493

 

« 岩波ブックレットで発刊――『「〈必要〉から始める仕事おこし―『協同労働』の可能性―』(日本労働者協同組合連合会編) | トップページ | 新潟菓子工場での「高齢女性の火災死」へ抗議の声を。 »

編集子のことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩波ブックレットで発刊――『「〈必要〉から始める仕事おこし―『協同労働』の可能性―』(日本労働者協同組合連合会編) | トップページ | 新潟菓子工場での「高齢女性の火災死」へ抗議の声を。 »

無料ブログはココログ