« なつかしい岡田久著『医師として生きて』の紹介文。 | トップページ | 古屋和雄さんのラジオ番組とインタビュー »

2022年1月19日 (水)

岩波ブックレットで発刊――『「〈必要〉から始める仕事おこし―『協同労働』の可能性―』(日本労働者協同組合連合会編)

  【追記:22.02.10】岩波のブックレットを朝から読み始めて、感想。

 

 出だしの中西さん、永戸さんの違いを描き切れたのは、あなたでなければできなかったでしょうね。

 永戸さんの「人間・労働論」は貴重な実践課題として、分析してほしい。

 戦前・戦後の左翼が持っている「搾取論」「剰余価値論」から出発した「マルクス・レーニン主義の終焉」をすすめないと次の世代が参加しない、と思う。

 斎藤幸平さんの本でも描かれているが、永戸節をもっと深めることを願う。

 ご苦労様でした。

 松沢常夫の名前で出版出来たら、よかったのにと思った。

 「松澤常夫のページ」にUPしてあります。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/matuzawa/index.html


 年末に松澤常夫さん(「日本労協新聞」編集部)に久しぶりに会った時、刊行すると聞きました。広く普及されるよう願っています。
 岩波ブックレットに「協同労働」が登場。タイトルは「〈必要〉から始める仕事おこし―『協同労働』の可能性―」(日本労働者協同組合連合会編)。2月4日に刊行されます。

 220119matuzawabook


 【参考】『みんなで歩んだよい仕事・協同労働への道、そしてその先へ ワーカーズコープ三五年の軌跡』(日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会、2017年6月15日 A4判 286p)
  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/matuzawa/index.html


 個人名でもよかったのではないかなー。昔から「総評編」とか団体名の本は売れない、というジンクスがある。

« なつかしい岡田久著『医師として生きて』の紹介文。 | トップページ | 古屋和雄さんのラジオ番組とインタビュー »

「現代と協同」研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なつかしい岡田久著『医師として生きて』の紹介文。 | トップページ | 古屋和雄さんのラジオ番組とインタビュー »

無料ブログはココログ