« ◆これは読んで「10.31衆議院選挙」へ。 | トップページ | 総評を解体したことが、自民党が持続的に権力を保持した要因の一つだ。 »

2021年10月28日 (木)

「Adobe InDesign 2021」を使い始めてみた。

 この数日、DTP作業のために「Adobe InDesign CS5」の新しいバージョンのアプリ(「Adobe InDesign 2021」)を導入した[今一番新しいのはInDesign 2022 バージョン 17.0(2021 年 10 月)リリース]。しかし、TOPイメージが変わって、「はてな」と戸惑ってしまった。

 211028indesgin1

 211028indesgin3

 211028indesgin4

 今まで使っていた画面(フェーズ)とまったくちがっていて、どこから入っていくかと、さっぱりわからなかった。
「InDesign ヘルプ」のページやWEBで検索していったら、「ファイル」の列の「ウインドウ」⇒ワークスペース⇒

「初期設定」(または「拡張設定」へ)をクリックすると、「CS5」と同じフェーズになる。

    次に「編集」→環境設定→一般→[従来の「新規ドキュメント」ダイアログを使用]にチェックを入れる。
これで新規ページが立ち上がる。


 ここまで半日、かかった。

  そのうえで「タテ・本文組」の「横:20」をタテにする作業をどうしたらいいのか。これまでは、TOPページ上にあったが今回はない。どう探したらよいかを「検索」。

 211028indesign62

 211028indesgin61
 あるページに、《InDesignには[文字]パレットに[縦中横]と[縦中横設定]、[段落]パレットに[自動縦中横設定]と[縦組み中の欧文回転]という項目があります。》があり、探したら、文字欄の右端をクリックすると、表示された。
 この作業が3時間ほどかかった。
 今回は、これでDTP⇒PDF⇒JPEGのページ組ができたので、ホッとしている。

« ◆これは読んで「10.31衆議院選挙」へ。 | トップページ | 総評を解体したことが、自民党が持続的に権力を保持した要因の一つだ。 »

PC・DTPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆これは読んで「10.31衆議院選挙」へ。 | トップページ | 総評を解体したことが、自民党が持続的に権力を保持した要因の一つだ。 »

無料ブログはココログ