« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月16日 (金)

写真で見る水辺の市の風景(2020年10月13日[火])――コスモスから瓢箪、柿など秋を感じさせる品物が、いっぱい販売されていました。

   http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizubenoiti/201013mizubenoiti.html

   ――にぎわいの会 葛西用水ウッドデッキ(越谷市役所ヨコ)

 201013mizubetop1
 「水辺の市」は、2014年9月から越谷市内外のワーカーズコレクティブ、障害者NPO、公的施設を担う市民NPO、一般企業、定年帰農者、市民・女性グループ(ワーカーズコープも随時参加)などが、力を寄せ合って毎月、第2火曜日に「市」を開いています。


 ◇せんげん台世一緒(障害者就労移行支援事業所)の店番です。 
▲先月出品した「冬瓜」は、ある施設で給食用に買われました。ご安心を!
▲「春日部・内牧の“農の達人”:鈴木」さん(埼玉ハッスル会)。
◇毎週火曜日、ウッドデッキで「販売講習」の取り組みで、販売しています。――「くらしセンターべしみ」さん。
 赤いTシャツの人は、上の鈴木さんです。店長は右から一人目の方です。
△上のパンは、「Bon Bon Bakery 」が作りました。

 ◇今年はコロナ禍でハワイのホノルル・マラソンもチャレンジできないようで、残念な石井隆司さん

 ◇10月に入って、気候は良い季節になっています。コロナ禍の下でも、ご年配の女性たちが、一つひとつ見ながら希望のモノを買っていってくれました。
 ▼(株)イシザキフーズさん。  
 ▼「にじさんぽ」さん。
 ▼「色季クラブ」さん(松伏町の生活クラブ組合員さん)。
 ▼「ゆたかファーム」さん。
 ▼「みうら健康カイロ」さん。
 ▼「ピコティ」さん。 
 ▼「万(よろず)屋」さん。
 ▼「花畑さん」――
 ▼「お手玉屋」さん。
 ▼むらさき屋さん。
 ▼「nekonoteya」さん

 ▼「キッチンとまと」(ワーカーズコレクティブ 越谷市)さん。    

 ◇シンガーソング・ライターの島根さんの撮影に間に合いました。    
 ◇今月もかろやかなタンク☆ポップさん歌声が会場に広がっていました。目の前に来たのでパチリ! 
 ▽今月の「もう3枚!」(スバル君と世一緒・わらじの会のメンバー) 

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/mizube-smartphone/index.html

    

「5GHzで11ac」で送信・受信できるルーターを設置した。

    コロナ禍とは関係なくテレワークは(事務所をなくして自主的仕事場で)、10年ほど前からなのだが、最近、インターネットが遅くなったりすることが多くなった。
 前々からケーブルネットのインターネット・スタンダードを使っているので、コロナ禍の進行で、昼間から使う人が多くなって「分配」みたいな作用で遅くなる、というWEB記事を読んでいた。「そうか」と。

 しかしWifiの記事を探して読んでいたら、話題の「2.4GHzと5GHzの違い」があり、今一番いいのは「5GHzで11ac」で送信・受信が早い、と書かれていた。
 そういえば、これまでのルーターは10年前のもの、新しい「11ac」に対応するルータを探したら、PA-WG2200HPがちょと前のものだが安かったので、買って設置した。

 201016wifi11

 複数あるPCで見てみたら、ルーターに書いてある「2.4GHzと5GHz」の5GHzを表示するのは新しいデスクTOPパソコンで、古いデスクTOPパソコンでは表示されない。

 201016wifi3

 「BUFfALO クライアントマネージャー」で調べたら、古いPC:104Mbps、新しいPC:300Mbpsだった。

 201016wifi32

 

 600Mbps以上は出ると書いていたので再度、調べたら「子機が対応していない」現状があると書かれていたので、早速、Amazonで子機を購入して設定したら、新しいPCも古いPCも「650Mbps」と表示されていた。

 201016wifi1

 201016wifi2

 こちらはゲームはやらないが、アプリとWEBの操作スピードは、数段違う実感を得た。

 ゲームをやる人は「次世代規格Wi-fi6(11ax)」があるので、それを探して対応してほしい。

2020年10月12日 (月)

私が出会って良かったこと。――労働者が出資、運営「ワーカーズコープ」法が成立へ 協同労働を実現

(2020年10月11日 05時50分))をめぐって、要さんとのやり取り。

  ▽要 宏輝さん発
 私も連合時代、関西大を会場に開かれた「労協センター事業団」の全国集会に招かれたことがある。菅野さんという方が理事長をされていた時だ。私の古い友人津田直則(元桃山学院大学)は労働者生産協同組合の法制定に関わってき、最近、「連帯と共生 新たな文明への挑戦」(ミネルヴァ書房)を刊行されている。この運動は全日自労の中西五洲さんの時代から延々と引き継がれてきたものだ。私の「倒産➡自主管理」運動と重なり合うものがあったし、法制度化がもっと早くされていたならば、私たちの運動も違った展開になっていただろう。

 「菅野正純のページ」(元協同総合研究所主任研究員、元日本労協連理事長)を制作してきました。
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kanno/index.htm

 「津田直則さんの報告のページ」:ご参考に。
 ▽「関西生コン労働組合運動と協同組合運動」
 資本主義社会を超える経済体制と実現の戦略―「関生」運動を基礎に―生コン関連業種別ユニオン・連続講座第3回─
 報 告 津田直則(桃山学院大学名誉教授、大阪労働学校アソシエ・社会的連帯経済研究会代表)
 http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/181027cooph...

 「関生型運動」考察と「労働運動要論」のページも――《連帯・関西生コン支部。その機関紙「くさり」に連載の要宏輝のコラム》より。
 https://www.kannama.com/kusari/index-2.html

 ▽要 宏輝さん発
 集会で、京大の池上淳先生の特別講演を聞いた記憶があります。私には、新鮮ないい話しでした。

 池上惇先生を担ぎ出したのは、永戸さんですね。私が編集した先生の『仕事おこしのすすめ』、(池上惇著、協同総合研究所・シーアンドシー出版、1995年3月)も彼が企画者です。

 私自身は、労働旬報社編集部にいて「労働組合担当」(千代田総行動などを形成した東京争議団統一行動派を支援する)みたいなかたちで1990年初頭まで仕事をしていました。
当時、中西五洲さんの『労働組合のロマン』を編集していて、松澤常夫さん(「日本労協新聞」編集長)と一緒にいくつかの本(『じかたびの詩』、全日自労建設一般労働組合・早船 ちよ編、労働旬報社、1980年8月』)を出していたのです。
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/matuzawa/index.html
そして彼が事業団に移る前に、紹介され出会ったのが、永戸祐三さんと菅野正純さんでした。
「事業団から労働者協同組合へ、そしてワーカーズコープへ」へと発想を持つ人間が、現代日本の労働組合運動にいるのかという思いでした。その彼らが構想した道筋が実現するということは、大変なものだと思っています。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

無料ブログはココログ