« 「他人の痛みを己の痛みとする」関生労組のページをUP。 | トップページ | 『続・現代労働組合組織論』の本づくり »

2020年8月18日 (火)

佐藤一晴さん(1932年~2002年、元日本音楽家ユニオン事務局長)のWEBを復刻してUP!

   鈴木信幸さん(元「争議の焦点」編集部)が企画:制作してきた「佐藤一晴遺稿集WEB版」をサイト名:「労働組合・ユニオンをつくろう」でフォローが出来たので紹介しておきたい。

 200818satoutop  

 「東京争議団物語」から職能別ユニオンづくりにかけた夢‼
 日本における「統一」行動の重要性を強調。
 低迷する労働組合運動への提言――真の構造改革とは「企業第一主義」からの脱却
   http://e-union.sakura.ne.jp/satou-issei/index.htm

 Kanase360479

2017.11.25
職能的結集を見直しつつ――私たちの組織的課題《現代労働組合における組織的課題》、「労働法律旬報」、旬報社、1185号、1988年2月10日号。 2017.11.06
◾「職能ユニオンの可能性――開かれた労働市場と「企業社会」の乗り超え」、佐藤一晴、初出:「賃金と社会保障」(労働旬報社、1996年11月上旬号)。追悼・遺稿集刊行委員会編『一晴の夢、歩んだ世界』(2002年11月16日発行)所収。
◾▽2013.08.26
佐藤一晴さんのHPと「統一」論
日本的風土に『統一』の思想をどう実らせるか、「佐藤一晴さんのHP」(日本音楽家ユニオン、東京争議団事務局長、正路喜社労組、東京労働争議研究会、1932~2002年)
◾2020.08.27
◾「日本フィルのたたかいから――豊かさを求める労働組合運動」(『労働組合の民主的変革――黒川俊雄還暦記念集』、1985年3月、労働旬報社)  (PDF版)←ここをクリックしてください。
 1 武道館をうめつくした史上最大のコンサート
 2 日本フィルのたたかい
 3 大音楽会の果たした役割
 4 日フィル闘争と音楽=人間のすばらしさへの共感
 5 豊かさを求める文化の追求
◾◆感動を呼んだ、『友よ! 未来をうたえ 日本フィルハーモニー物語』など日本フィル闘争3部作!(今崎 暁巳著)と映画化.
◾2020.08.27
◾同志は斃れぬ(『追悼 中林賢二郎』、労働旬報社刊、1987年2月)、佐藤一晴

 

 元々のHPの内容。

 ▽主なCONTENTS
 職能ユニオンの可能性 =1996年=
 音楽ユニオン運動の25年 =1997~2000年=
 労働争議と日本の社会 =1998年=
 瀬川労災事件判決を見て =2001年=
パートの権利 =2001年=
反省すべきは私たち =2001年=
 《遺稿》「企業第1主義」からの脱却 =2002年=
 エッセイ多数

 

 東京争議団や東京労働争議研究会に関して、これまでも「現代労働組合研究会」のサイトなどで紹介してきたが、UPしてきたモノは以下のようなものだ。

 ▼インターネット上の労働組合のいま、未来

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/concept.htm

▼「ある編集者のブログ」で書いてきたこと。

2013826 ()]:佐藤一晴さんのHPがオープンされています。

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a806.html

2014227 () ]:小林雅之著:東京公務公共一般の組織化とその実践を描いた本紹介

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-a6ac.html

20185 7 () ]:公務公共一般労組づくりと職種別労働組合運動の構築へ

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-a956.html

 

「沖電気争議の記録(1978.11/211987.3/31)」のページをUP。

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-425803.html

《「はたらく」(1979年~1987年)、――「指名解雇された沖電気の仲間を支援する会 ニュース」》をUPした。

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-bca495.html

『斗う労働者のど根性』、『東京争議団物語』から学ぶ《PART Ⅰ》

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-ba4198.html

 

 

▼まず⇒「労働組合、ユニオンに入ろう」

▽本ページへ:「東京争議団の歴史から学ぶ」(1960年代~1980年代)

http://e-union.sakura.ne.jp/tokyo-sougidan/index.html

▽本ページへ:『沖電気争議のページ』へようこそ。

http://e-union.sakura.ne.jp/okidenkisougi/index.html

 

「現代労働組合研究会のページ」で紹介。

▽佐藤一晴さんの分

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-3.htm#satou2017-11-24

  • 140227日:小林雅之著――東京争議団運動のDNAたっぷりの労働組合組織づくりを描く――『上を向いて歩こう』(本の泉社、20087月)(PDF版)

個人別組合と企業別組合――企業社会を乗り越える労働運動の創設を (PDF版)、第52回東京労働争議研究会:報告〔『労働法律旬報』、No.154120021210日〕

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-3.htm#kobayashi

  • 労働争議と単産の役割――清水明、第38回東京労働争議研究会

金属機械反合闘争の到達点と発展方向、石川武男、全日本金属情報機器労働組合(IMJU)副委員長、労働法律旬報、NO.12891992610

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-4.htm#zenkin4

 

« 「他人の痛みを己の痛みとする」関生労組のページをUP。 | トップページ | 『続・現代労働組合組織論』の本づくり »

「業種別職種別ユニオン運動」研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「他人の痛みを己の痛みとする」関生労組のページをUP。 | トップページ | 『続・現代労働組合組織論』の本づくり »

無料ブログはココログ