« (株)大日本印刷の非正規労働者たちが労働組合を立ち上げた | トップページ

2020年7月30日 (木)

「他人の痛みを己の痛みとする」関生労組のページをUP。

   関西生コン・武委員長から、自筆の手紙が届く。
 「これからという時、弾圧です。過去の歴史もそうです。今回の弾圧で組織は大打撃を受けましたが、敵の内部矛盾 は拡大しています。数年の間に再建の見通しも立っています。安心下さい。(2020年7月16日) 武 建一」

  http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/180627kansainamakon.html#takesankara200716

 保釈後、インタビューで語る。
 月刊『コモンズ』(142号、2020年7月20日号)――資本主義の根幹揺るがす関生産別労働運動・戦後最大の大弾圧に屈せず反転攻勢へ決意

   http://com21.jp/archives/35826

 

 

  200726takesancomons

 1.「国策弾圧」の本質はどこに
  強い権力意思を感じた弾圧の異様さ
  なぜ、企業別でなく産別労組か
  産業横断的政策闘争の発展を恐れて
  「関生支部の闘争は資本主義の根幹を揺るがす運動だ 箱根の山を超えさせるな」
  ――今も続く総資本の本音
 2.今回の弾圧の特徴
  ――差別排外主義集団まで動員した大阪広域協幹部
  差別者集団・マスコミを動員し、暴対法適用、共謀罪視野に
  権力の先兵役、マスコミの大罪
  暴対法適用、共謀罪視野に民主主義の根幹への攻撃
  弾圧は友を呼び、関生の闘いを全国に拡げた
 3.反転攻勢へ 
  主体強化、揺るがぬ戦略 戦術は「水の如く」
  失地回復へ、「一点突破」で
  自己犠牲いとわず闘う 幹部・組合員行動部隊を
  敵資本は利権での結びつき、内部で矛盾発生
  コロナ・パンデミック禍…時代が共生・協同の世界求める
  今後の闘いへの決意

 「関西生コンの研究」に1本化してUP

 ◇関西生コンの研究・TOP-「業種別職種別ユニオン運動」研究会

   http://e-union.sakura.ne.jp/kansainamakon/index.html

  関西生コン・武委員長の講演-「業種別職種別ユニオン運動」研究会

   http://e-union.sakura.ne.jp/kansainamakon/200730kannama-1.html

  関西生コン-バラセメント・圧送業界-「業種別職種別ユニオン運動」研究会

   http://e-union.sakura.ne.jp/kansainamakon/200730bara-kannama-2.html

  関西生コン労組と協同組合運動-「業種別職種別ユニオン運動」研究会

   http://e-union.sakura.ne.jp/kansainamakon/200730tuda-kannama-3.html

 

 

« (株)大日本印刷の非正規労働者たちが労働組合を立ち上げた | トップページ

新しい労働組合運動を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (株)大日本印刷の非正規労働者たちが労働組合を立ち上げた | トップページ

無料ブログはココログ