« 毎年、夏に開かれる「障害者一人ひとりからの発言」――埼玉:総合県交渉を紹介 | トップページ | 20万アクセスがありました。 »

2019年10月10日 (木)

『暴君 新左翼・松崎明に支配されたJR秘史』を読んだ

 「暴君」という本の題名からすると封建社会の人物像のようだが、たかだか「戦前生まれ」(193623 - 2010129日)の人だ。

 分厚い本であったが、感想はいっぱいあるが、今は書いてもしょうがないと思った。

 191010boukun

1 著者の牧久さんのインタビューをまず紹介したい。

 平成JRの裏面史 マスメディア最大のタブー「動労」の実態

https://blogos.com/article/375135/

 

 2 次に「第28回諜報研究会」(NPO法人インテリジェンス研究所)という名の研究会での論評を紹介したい。

 http://www.npointelligence.com/

 

 「インテリジェス的観点から見た平成 裏面史」 (「第28回諜報研究会」、NPO法人インテリジェンス研究所、2019713日、 文責・新三木会事務局)(PDF)

 

 Ⅰ プローグ  国鉄分割・ JR誕生

 書評 1: 保阪正康 氏 対立となれあい、戦後の縮図 朝日新聞  2017 6 3日掲載 。

 書評2:野村進氏週刊文春2017年4月27日号掲載。

 書評:川面忠男氏:元日本経済新聞記者。

 Ⅱその後のJR労使関係、

 書評 1: 松本創 「JR の妖怪」と JR 東日本の 30 年の裏面史 週刊文春「図書館 627日。

 書評 2: 牧久著『暴君・新左翼松崎明に支配されたJR秘史』を読む 永野 健二 (ジャーナリスト)。

 書評3: 牧久氏の新著『暴君』について、川面忠男氏:元日本経済新聞社会部。

 

 この「PDF」は、「現代労働組合研究会のページ」にUPした。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-4.htm

 

« 毎年、夏に開かれる「障害者一人ひとりからの発言」――埼玉:総合県交渉を紹介 | トップページ | 20万アクセスがありました。 »

大企業・総評型労働組合はどうなったのか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎年、夏に開かれる「障害者一人ひとりからの発言」――埼玉:総合県交渉を紹介 | トップページ | 20万アクセスがありました。 »

無料ブログはココログ