« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月18日 (金)

「(株)ニューオタニ」のページを立ち上げました。

「(株)ニューオタニ」のページ

  http://www.new-otani.com/
 (↑名刺などに)
 
http://e-kyodo.sakura.ne.jp/new-otani/index.html

 

 この会社の代表者の尾谷英一さんとは、「NPO障害者の職場参加をすすめる会」で最近、出会った方(理事さんで私も運営委員)。たびたび、同NPOのシンポジウムでパネラーとして報告している――山下浩志さん(同NPO事務局長)のブログ(共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す)に掲載されている。
https://yellow-room.at.webry.info/201906/article_1.html

 

 事業種目は「靴底製造」で、知的障害者が複数、就労している工場として、名を馳せている企業。それ以外は知らなかったが、一冊の「雑誌」を作るようなコンセプトでまとめ上げたHPだ。
 昔は、ライターさんやカメラマンを用意して仕上げたことが多かったが、今回は一人でインタビューのため3回にわたって訪問してきた。

 尾谷さんは、春日部では重要なスポーツ組織・「フレンドリー春日部」の総マネージャー(監督?)役も果たしている。
 このグループは、「工場の障害者だけでなく地域の障害者も参加していることと親・地域市民の支援サポーターも多数参加」し、ソフトボール・ティーボール・卓球バレーのどれかを毎週、行い、毎年の埼玉県障害者スポーツ大会で優勝したり、全国大会などにも出場している。

 さらに30年に及ぶ「学習の場」を毎月1回、開いて、知的障害者の「読み書き」力を高める場を作っている。その成果の一端も編集してUPしているので、ぜひ、アクセスしてお読みください。

◇会社のご紹介のページ。
http://www.new-otani.com/company.html

◇「工場・機械の風景」をUPしました。
http://www.new-otani.com/kouba.html

◇「学習の場」のぺージ
1-1 「知的障害者の幸せのために――ある会社での実践」
増田尚子(埼玉県中学校教諭)、編集・発行 日本障害者雇用促進協会
http://www.new-otani.com/gakusyuu-1.html

1-2  麻希ちゃんの日記 (飯島麻希)
   http://www.new-otani.com/gakusyuu-2.html

◇フレンドリー春日部の実践
2-1  みんなでソフトボール
   http://www.new-otani.com/softball-1.html
   フレンドリー春日部の実践――最近の活動日程(平成31年1月~令和元年9月)
   http://www.new-otani.com/softball-1.html…
   ソフトボールで活躍する町田篤史さん
   フレンドリー春日部準優勝――平成19年度 彩の国ふれあいピック(第20回県民総合体育大会兼第6回埼玉県障害者スポーツ大会)、◇平成20年3月9日(日)、白岡町総合運動公園
2-2 ふれあいティーボール大会、埼玉県障害者交流センター主催
   http://www.new-otani.com/hureai-ball.html

2-3 卓球バレー
   http://www.new-otani.com/4mentakkyuu.html
   平成29年度に優勝し、毎年、奮闘しています――彩の国ハート&スマイル 第8回四面卓球バレー大会

 

2019年10月10日 (木)

20万アクセスがありました。

今回も、読み手の希望にマッチしたのかどうか、疑問に思いながら書き進めてきました。

ありがとうございました。

19101020man

『暴君 新左翼・松崎明に支配されたJR秘史』を読んだ

 「暴君」という本の題名からすると封建社会の人物像のようだが、たかだか「戦前生まれ」(193623 - 2010129日)の人だ。

 分厚い本であったが、感想はいっぱいあるが、今は書いてもしょうがないと思った。

 191010boukun

1 著者の牧久さんのインタビューをまず紹介したい。

 平成JRの裏面史 マスメディア最大のタブー「動労」の実態

https://blogos.com/article/375135/

 

 2 次に「第28回諜報研究会」(NPO法人インテリジェンス研究所)という名の研究会での論評を紹介したい。

 http://www.npointelligence.com/

 

 「インテリジェス的観点から見た平成 裏面史」 (「第28回諜報研究会」、NPO法人インテリジェンス研究所、2019713日、 文責・新三木会事務局)(PDF)

 

 Ⅰ プローグ  国鉄分割・ JR誕生

 書評 1: 保阪正康 氏 対立となれあい、戦後の縮図 朝日新聞  2017 6 3日掲載 。

 書評2:野村進氏週刊文春2017年4月27日号掲載。

 書評:川面忠男氏:元日本経済新聞記者。

 Ⅱその後のJR労使関係、

 書評 1: 松本創 「JR の妖怪」と JR 東日本の 30 年の裏面史 週刊文春「図書館 627日。

 書評 2: 牧久著『暴君・新左翼松崎明に支配されたJR秘史』を読む 永野 健二 (ジャーナリスト)。

 書評3: 牧久氏の新著『暴君』について、川面忠男氏:元日本経済新聞社会部。

 

 この「PDF」は、「現代労働組合研究会のページ」にUPした。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-4.htm

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

無料ブログはココログ