« 「関生型業種別職種別ユニオン」の分析 | トップページ | 《関西生コン労働組合運動と協同組合運動》の分析 »

2019年7月27日 (土)

『沼沢地 三枝登志夫随筆集』を紹介した

 「小越洋之助のページ」(国学院大学名誉教授)

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ogoshi/ogoshi-index.htm

 

山の詠草

妙義山麓

中津渓谷(『沼沢地』、1960年[昭和60年、昭和35年夏、17歳]

 

井上靖氏の歴史小説について(『沼沢地』第2号、19612月、18歳[補強20189月])

南へ(『ラピユタ』第2号、1976年春・創刊号、執筆1975.3.2534歳]

蘇州と万里の頂上に行く(2004年執筆)

囲碁の楽しみ(2019120日執筆)

阿部敏夫著「随想集」を読んで(2018915日、阿部社長への手紙、76歳)

 

◇筆者紹介

三枝登志夫(さえぐさとしお)

1941年4月 東京都台東区生まれ。

随筆家。本名 小越洋之助(国学院大学名誉教授)

早稲田大学卒。大学時代、同人誌「群青」をつくり創作活動。

以降、機会を見つけて随筆を執筆。

 

2019年427日初版発行

« 「関生型業種別職種別ユニオン」の分析 | トップページ | 《関西生コン労働組合運動と協同組合運動》の分析 »

労働問題・労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「関生型業種別職種別ユニオン」の分析 | トップページ | 《関西生コン労働組合運動と協同組合運動》の分析 »

無料ブログはココログ