無料ブログはココログ

« “やなさん”(柳澤明朗さん・元労働旬報社社長)の現代ルポ論を紹介! | トップページ | 中川先生から、『協同組合のコモン・センス』(日本経済評論社、2018年04月)をいただいてきた。 »

2018年7月 5日 (木)

「関西生コンの研究のページ」をUPしました。

 日本で唯一、産業別地域別労働組合運動を展開し、業種別職種別ユニオンの典型を作り出し、連合系・全労連系・中立などとともに「産業別集団交渉」を実現している(現在:分断中。2018年7月)「全日本建設運輸連帯労働組合 関西地区生コン支部」について、「業種別職種別ユニオン運動」研究会の「生コン関連業種別ユニオン連続講座」が開かれる。

1回目は、825日(金)午後13時から17時まで、連合会館(御茶ノ水駅聖橋口下車5分)で武建一関西生コン支部委員長の講演と、若手などの労働組合運動家も参加した「クエスチョン・タイム」もあります。

http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/#kansainamakon180825

 

180705kansainamakon


研究会として[◆「関西生コン関連ユニオン連続講座」に関する分析・研究文献のご案内ページ]を研究会運営委員長の木下武男さん(労働社会学者・元昭和女子大学教授)がこれまで「分析・研究」した論文を編集してUPした。

 

  http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/180627kansainamakon.html

 

◇木下武男著:『日本人の賃金』(平凡社、199908月)における分析

◇木下武男著:『格差社会にいどむユニオン』(花伝社、200709月)における分析

 

◇さまざまな労働関係誌面で「関西生コン」を分析――木下武男 業種別職種別ユニオンの構想◆特集Ⅲ 労働運動の新展開―ユニオン運動の模索―、木下武男、315号、20167月発行、日本労働弁護団の機関誌。

関生労組の歴史と日本労働運動の未来(上)/木下武男(元昭和女子大教授)、『コモンズ』(2016417日)。◇全文はPDF版へ。     http://com21.jp/archives/12351
関生労組の歴史と日本労働運動の未来(下)/木下武男(元昭和女子大教授)、『コモンズ』(201659日)。

『関西地区生コン支部 労働運動50年――その闘いの軌跡 (共生・協同を求めて1965-2015)』、◆「関西地区生コン支部50年誌」編纂委員会、第2部 関生型労働運動の社会的意義

 「産業別労働運動」を日本で切り開いた連帯労組関西生コン支部、木下武男、20151017 日。  

 

 編集子は、1980年代初頭に今崎暁巳さん(故人。ドキュメンタリー作家)が『めしと団結』(労働旬報社、1971年)の続編を、関西生コンを舞台に描きたいと企画して、生コン本部に同行した。

 その単行本企画の一環として、武建一委員長のインタビューを行っている。

 

「関西生コン労働組合運動の歴史と到達点――業種別支部型労働組合運動が切り開いたもの  新しい労働組合運動の模索―2、他人の痛みはわが痛み」、武 建一 、『賃金と社会保障』 (847号、p8-2319820810日号)

 

同ページに、「関西生コン関連の単行本」と「武建一関西地区生コン支部委員長の主な著作・論文他」(Cinii調べより)を収録した。

180705kansainamakon

http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/180627kansainamakon.html#kansainamakon180705

 

« “やなさん”(柳澤明朗さん・元労働旬報社社長)の現代ルポ論を紹介! | トップページ | 中川先生から、『協同組合のコモン・センス』(日本経済評論社、2018年04月)をいただいてきた。 »

「業種別職種別ユニオン運動」研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567039/66904304

この記事へのトラックバック一覧です: 「関西生コンの研究のページ」をUPしました。:

« “やなさん”(柳澤明朗さん・元労働旬報社社長)の現代ルポ論を紹介! | トップページ | 中川先生から、『協同組合のコモン・センス』(日本経済評論社、2018年04月)をいただいてきた。 »