« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

大阪での「木下武男・熊沢誠氏が熱き思いを語る」つどい

「業種別職種別ユニオン運動」研究会のHPにUP――大阪での「木下武男・熊沢誠氏が熱き思いを語る」つどい、200名余の参加で開かれました(2017.08.28

http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/#oosaka-2

1708281oosaka

2017年8月11日 (金)

「業種別職種別ユニオン運動」研究会、「第1回例会」のご案内

  

 ▽追記(20179 3 ()

 

 第1回「業種別職種別ユニオン運動」研究会が開かれた。

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/1-02a6.html

 

・と き:92日(土)午後130分~530

 http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/

170615sympogif5  

 


・報 告:第一部:司会 木下武男(労働社会学者・元昭和女子大教授)

 [事例]クリーニング産業における業種別ユニオンの確立

   報告:①日本労働評議会生活衛生クリーニング労働組合:宮廻満

      ②NPO法人クリーニングカスタマーズサポート代表理事:鈴木

      和幸

      ◇コメンテーター:指宿昭一(弁護士)

 第二部:司会 後藤道夫

  [事例]エステ・ユニオンによる労使関係の展開

    報告:青木耕太郎

       ◇コメンテーター:浅見和彦(専修大学教授)


・場所:(参加御希望の方は、事前申込制となっておりますので、団体・所属名とお名前をお知らせ下さい。)
  Eメール:ikedaikkei3アット<アットを@に>gmail.com

 

◇追記(2017.08.12)「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページにUPしました。

 

「業界も綺麗にクリーニング! クリーニング業界の問題と展望」、鈴木和幸(株式会社セルクル代表取締役)、『POSSE』、2014318日、22号、152頁。

http://www.gyousyubetu-syokusyubetu-union.com/170601tatakai.html#cleaning-gyoukai

 

▼第1回研究会の細目

[事例]クリーニング産業における業種別ユニオンの確立 1:303:302時間)

報告:

①NPO法人クリーニングカスタマーズサポート代表理事:鈴木 30

和幸

0 自己紹介

1 クリーニング業界の歴史と特徴

2 CCSの概要

〇経緯

〇組織構成

3 CCSの取組み

4 労評クリーニング労組の活動へのコメント

 

②日本労働評議会生活衛生クリーニング労働組合:宮廻満 30

0 自己紹介

1 労評の概要

〇経緯

〇組織構成

〇組合員の構成

2 労評の運動・組織化戦略

〇労働相談

〇三単産の取組み

〇地区本部・分会連

3 クリーニング労組の取組み(資料・労働と経済連載記事)

〇業界の特徴

〇経緯

・クリーニングカスタマーズサポート鈴木代表との出会い

・ロイヤルネットワークにおける残業代請求の取組み(資料・FACT記事2本)

→分会結成

・グローバル分会結成

・加賀谷商会分会結成

・クリーニング労組結成

〇闘争事例

・ロイヤルネットワーク分会

・グローバル分会

〇組織化・運動政策(政策綱領の内容)

 

◇コメンテーター:指宿昭一 20

0 自己紹介

1 クリーニング業界における業種別ユニオン組織化の可能性

2 クリーニング業界における労働市場規制型運動の可能性

3 労評クリーニング労組の活動へのコメント

4 業種別職種別ユニオン運動について

 

〇質疑 30

(追記)2017.08.18

  

『朝日新聞』の「ひと欄」で鈴木和幸さん(NPO法人クリーニングカスタマーズサポート代表理事)が紹介される。

 

 170818suzuki

 

2017年8月 7日 (月)

大企業・総評型労働組合はどうなったのか

 

追記(2017.09.09

 連合、残る「同盟VS総評」 民進とも足並みそろわず、「日本経済新聞」(2017/9/1付)

  https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20637800R00C17A9EAC000/

 170905rengo

 

 上記の図版をめぐって、facebookでの要 宏輝さん、早川 行雄さん、谷川 眞さん、服部 一郎さん、Tarou Oohasiさんのやり取りが面白い。転載したいが、著作権があるので下記のページに。

https://www.facebook.com/hiroaki.kaname/posts/1562513923837446?pnref=story

 

 

  ▽追記(2017.09.09

 要宏輝・「kanameさんのブログ」――総評解体・連合結成、30年目の「真実と現実」(Published by kaname on 7 12th, 2017

 http://kaname.news.coocan.jp/?q=node/172

 

 ▽ここから本文。

 このブログで書いてきた文章を編集して、一挙に読めるようにした。

 若い世代には、「総評」とはなんだったのか、と読んでほしい。

 

 現代労働組合研究会のページ

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/union-top.html

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sorezorenoroudou-3.htm#daikigyou-zenbun

 

 

 

20111224 ()

 〈連合運動は「社会のバリケード」になれるか〉――現代労働組合研究会(Part 

2012417 ()

 「総評系の元労働オルグ」が書いた本を紹介―現代労働組合研究会HPの更新

12/04/17 

地域共闘・中小運動・コミュニティユニオンのページの御案内

12/04/17 

私たちの労働組合運動史論・あれこれ

20125 9 ()

「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」「芹澤寿良のページ」更新

2012522 ()

「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」における学者・文化人支援のインターネット・時系列的紹介

2012814 ()

建交労雑誌に転載・国鉄労働者解雇撤回闘争――芹澤寿良のページ更新

2013111 ()

芹澤寿良のページをリニューアル――現代労働組合研究会

201211 9 ()

困ったもんだナショナルセンター「連合」――芹澤寿良のページ更新

13/05/30

ある国鉄労働者のメッセージ

ユニオンみえは労働運動の次のステージに向け前進しよう

国鉄労働組合 四日市分会分会長 市川 智

13/05/04

国鉄闘争と労働界再編で学ぶこと

――原題と同じ、元長崎国鉄共闘会議議長・中島義雄(郵政ユニオン長崎)月刊「科学的社会主義」(2012年4月号)

13/03/29

元総評系労働組合リーダーが呼びかける運動継承の文書

20138 7 ()

「内山光雄さんを偲ぶ」を寄贈されて

20141 8 ()

連合大会(2013年)でどんな議論をしているのか――芹澤寿良のページ更新

2014713 ()

産業別単一組織とは(JMIUの経験)

2014713 ()

それぞれの労働組合運動史・論Part

非正規・未組織労働者の組織化と産業別組合の強化―すべての労働者のための労働組合へ―、労働総研クォータリ-No.7677、小林 宏康  (PDF版)

全国金属―JMIUの産業別統一闘争―「日本型産業別組合の可能性」について―、小林宏康 (PDF版)

〔第2部 日本の産業別組合組織――事例研究、労働運動総合研究所 全文〕 (PDF版)

2015720 ()

路面電車を守った労働組合―総評の伝統は消えていない

 

2015913 ()

ユニオン・ショップ、労働組合の選択の自由、連合内「閉じこもり論」、連合内「階級的民主的強化の担い手論」をめぐって

201510 9 ()

長崎造船社研・左翼少数派労働運動の軌跡

12/12/22 new

少数派労働運動の歴史の御紹介――『少数派労働運動の軌跡――労働の現場に生き続ける人びと』(「少数派労働運動の軌跡」編集委員会編、金羊社、四六判、20079月、1990円)

20162 4 ()

化学産業における労働組合の旗を守った人たち

2016217 ()

図説で見る:GDPも実質賃金も下げるアベノミクス

2016531 ()

『あたりまえの労働組合へ』(全造船石川島分会・佐藤芳夫著)が書いていたこと

2016710 ()

『あたりまえの労働組合へ』・全造船石川島――議論はつづく

 追記(2016.12.01)三菱長崎造船第一組合を描いたドキュメントがある。

 『三菱帝国の神話――巨大企業の現場・労働者群』(今崎暁巳著、労働旬報社、19772月刊)           (PDF復刻版)

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/imazaki/index.htm

  序 章 三菱は国家なり――神話を支える巨大企業の実相と体質

  第1章 人間・職場の破壊――分裂が職場と労働者にもたらしたもの

 第2章 三菱帝国の支配のアミ――ピラミッド支配を支える考え方・組織とその実践

 第3章 人間の働く職場をめざして――不況・合理化下で変わりはじめる職場

 

20161216 ()

『旬刊社会通信』の存在を知ってよかった

 ◆補論1

 20131023 ()

大企業組合としてフォーマル化したインフォーマル組織

 ◆補論2

 造船産業における少数派運動、造船問題研究家・小川善作、『労働法律旬報』(1186号)、1988―2―25

 

 ◆補論3

  それぞれの労働組合運動史・論 1

  •  ●12年04月17日:『地域ユニオン・コラボレーション論 オルグから見た地域共闘とは』(小野寺忠昭著、発行・インパクト出版会 、2003年)
    パラマウント製靴共働社、『協働の未来に光あれ! パラマウント製靴の歩みと労働者生産協同組合へ』(シーアンドシー出版刊、1995年8月、B5判並製、400頁)
    『転形期の日本労働運動――ネオ階級社会と勤勉革命』(東京管理職ユニオン、緑風出版、2003年12月)                                                                                                                                                                                                                              
  •  ●12年04月18日:松井 保彦 著『合同労組運動の検証──その歴史と論理』の書評と紹介
                         1 高須裕彦 大原社会問題研究所雑誌 No.627/2011.1
     2 呉学殊  日本労働研究雑誌、82 No. 609/April 2011
     3 早川征一郎 ((財)日本ILO協会編『世界の労働』2010年8月号、第60巻8号)                                                                                                                                                                                                                                                                     

  • ▽追記(2018.01.22) 

  • 編集子は日本の労働問題・労働運動史は「潮流別にある」という前提で見てはならないという立場にあるので、以下のような事実も紹介してきた。

     

     「企業別組合は日本の『トロイの木馬』」(宮前忠夫著)をめぐって[20171118 ()

    http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-e777.html

     

     大企業・総評型労働組合はどうなったのか[20178 7 ()

    http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-5d5d.html

     

     『旬刊社会通信』の存在を知ってよかった[20161216 ()

    http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-cb95.html

     

     化学産業における労働組合の旗を守った人たち[20162 4 ()

    http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-834d.html

     

     長崎造船社研・左翼少数派労働運動の軌跡 [201510 9 ()

     http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-3925.html 

  • « 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

    無料ブログはココログ