無料ブログはココログ

« 「現代労働組合研究会のページ」を更新しています――2016年下期(2016年7月~12月) | トップページ | DELLのノートパソコン・リカバリー奮闘記 »

2017年1月25日 (水)

世界最強企業のウォルマートをなぜ朝日新聞は書かないのか―「トランプ現象の深部」

 

今話題の「トランプ化現象」への分析の仕方を、「朝日新聞」などのマスコミはわかっていないのではないかと思い、以下の論文を読み返した。

 

 「朝日新聞」はウォルマートについて、3回、記事に出ているが(トランプ大統領関連の記事)、その分析ができないままに、「自動車」で書いている。

 

 

これはなにか、根本的な「多国籍企業論」と「金融資本」(マネーゲーム社会)「小売り・流通社会」「ITビジネス社会」の動向が、わかっていないのではないかと、一人で怒っている状況だ。

 

佐々木洋先生(札幌学院大学名誉教授)が、「ウォルマート」を事例として、アメリカ多国籍企業とPOSシステムなどを活用した、「ジャスト・イン・タイム」(中国からアメリカ本国への移送)の製造システムを書かれている。

佐々木洋のページ

 



   アメリカ労働運動の最近の動向はわからないが、レオ・ヒューバーマンの本を勉強した者としては(
『回想の川﨑忠文』(PDF版、なんでアメリカ労働者は「トランプ」にだまされているのか。

 

自著紹介・佐々木洋 『ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか:グローバル企業になれたのか』(ネルソン・リクテンスタイン著、佐々木洋、金曜日、2014年)。

佐々木洋:「中米蜜月Chimerica時代と工会ウォルマート支部の創設」、「HeeRo REPORT」(20111月号、No.113)。

佐々木洋:ウォルマートは世界をどう変えたか――N・リクテンスタイン『小売革命』を手がかりに、「週刊金曜日」、2011121623日合併号、877号。
対談・佐々木洋×水野和夫
 司会北村肇:延命する資本主義――過剰資本大国 日本の進むべき道、「週刊金曜日」、20131223日号、972号。

 ▽追記(2017.01.26)

 『ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか (グローバル企業の前衛)』 、ネルソン・リクテンスタイン (著), 佐々木 洋 (翻訳) 、 金曜日 (2014年9月)

 160316walmart

 

 ▽参考(2017.01.28)(WEB上に以下の論評があった。下の図のように、対外赤字の最大は中国で、相手国別貿易赤字は対中5割と圧倒的であることが図表でわかる)

 《武者リサーチ》ストラテジーブレィン (176号) トランプ氏の「保護主義」における二つ類型~ トランプ氏のドル安願望は叶わない2017 1 29 日)

 170128taichina

 

 

 

 

« 「現代労働組合研究会のページ」を更新しています――2016年下期(2016年7月~12月) | トップページ | DELLのノートパソコン・リカバリー奮闘記 »

市民にとっての経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567039/64808709

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最強企業のウォルマートをなぜ朝日新聞は書かないのか―「トランプ現象の深部」:

« 「現代労働組合研究会のページ」を更新しています――2016年下期(2016年7月~12月) | トップページ | DELLのノートパソコン・リカバリー奮闘記 »