無料ブログはココログ

« 紀ノ川から「産地直送」で週1回の朝市づくり――元紀ノ川農協・西浦正晴さん | トップページ | “フライヤー”という言葉を「戦争法反対行動」で知った »

2016年1月24日 (日)

日本は「協調組合主義」と決別を=ノーベル経済学賞受賞者・フェルプス氏(アメリカ)

 

いま、たまたま読んでいたページ(REUTERS  ロイター)に、アメリカのノーベル経済学賞受賞者が、「日本の協調組合主義」にたいする警告の発言を読んだ。

 

 こころから共鳴する。 

     http://jp.reuters.com/article/view-edmund-phelps-idJPKCN0UW0TX

 

Special | 2016 01 19 17:47 JST

関連トピックス: トップニュース

  Amerika_3

エドマンド・フェルプスコロンビア大学教授/ノーベル経済学賞受賞者  1月19日、ノーベル経済学賞受賞者でコロンビア大学教授のエドマンド・フェルプス氏は、日本が再び繁栄するためには、コーポラティスト(協調組合主義)的な価値観との決別と、草の根レベルのイノベーションを促すダイナミズム構築が不可欠だと指摘。写真は2006年10月に米ニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid

[東京 19日] - ノーベル経済学賞受賞者で米コロンビア大学教授のエドマンド・フェルプス氏は、日本が再び繁栄するためには、コーポラティスト(協調組合主義)的な価値観との決別と、草の根レベルのイノベーションを促すダイナミズム構築が不可欠だと指摘する。

同氏の見解は以下の通り。

<コーポラティスト的価値観が阻む自己変革>

日本経済が有する問題は、あまりに強いコーポラティスト(協調組合主義)的な価値観に基づいて発展してきたことである。それは、諸制度を形づくり、今もまだ行動を左右し続けている。

コーポラティスト的な価値観を打ち破らずして、日本が自己を変革できるとは私には思えない。このコーポラティスト的な価値観には、家族のつながりや利害関係の持ち方、物質主義、順応主義、社会的保護などが含まれる。

草の根レベルのイノベーションの浸透に必要なダイナミズムが構築されて初めて、日本は繁栄できるだろう。

*エドマンド・フェルプス氏は、米コロンビア大学教授で、同大学の「資本主義・社会センター」所長。インフレ率と失業率との関係に関する一連の研究で、2006年にノーベル経済学賞を受賞。1976年にノーベル経済学賞を受賞したミルトン・フリードマン氏(2006年死去)とほぼ同時期に、自然失業率仮説を提唱したことでも知られる。1933年、米イリノイ州エバンストン生まれ。

 

« 紀ノ川から「産地直送」で週1回の朝市づくり――元紀ノ川農協・西浦正晴さん | トップページ | “フライヤー”という言葉を「戦争法反対行動」で知った »

労働問題・労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567039/63112100

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は「協調組合主義」と決別を=ノーベル経済学賞受賞者・フェルプス氏(アメリカ):

« 紀ノ川から「産地直送」で週1回の朝市づくり――元紀ノ川農協・西浦正晴さん | トップページ | “フライヤー”という言葉を「戦争法反対行動」で知った »