« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

青木慧さんの『ユニオンジャック』を読んだ人。

 

2016年の新春117日(日)、東大阪市立グリーンガーデンひらおかで、運輸一般大阪OB会に柴田光郎さんに同行してきた。阪急吹田駅から淡路乗り換え、日本橋駅(千日前線)でまた乗り換え近鉄・額田駅下車徒歩12分だった(これは帰り、行きは別)。

 

 集まったのは、「戦後民主主義の申し子」で「平和と労働の主人公」を訴え続けた(昭和2=この先輩は先達として~昭和24年生まれ)トラック労働者・生コン労働者の猛者だ。

  あった瞬間から1960年代末から1980代の「東京争議団」の報知印刷労組やニチモウキグナス労組、日本フィル争議団、沖電気争議団、雪印食品争議団、ネッスル日本の労働者と姿かたちが違う、「わっぱを握った大阪・全自軍と呼ばれた(本部は東京にあった総評全自運・引間博愛委員長で大阪の生コン・トラック労働者のユニオンとして関経連・ヤクザ関係者に恐れられた)」その姿を彷彿する人たちだった。

 160117obkai_2


 

 

 そのなかで「伊藤忠商事の関連会社で労働組合づくりをした岩田元さん(昭和14年生まれ)」から話を聞いた。 

 

「職場が伊藤忠商事の関連の運輸会社で、当時、青木慧さんの『ユニオンジャック――国家ぐるみの犯罪』(1984625日、学習の友社)を読んで、これは本腰で労働組合運動をやらないと負けてしまうと頑張った」という。

 

その文章をまずは読んでください。

  2016年の新春117日(日)、東大阪市立グリーンガーデンひらおかで、運輸一般大阪OB会が開かれた。今年で10年以上続いている。参加者は18名で、一番年上は若松秀さん(元大阪地本委員長・昭和2年生まれ)で、一番の若手は昭和24年生まれでした。

当日は、若松秀さんの司会で始まり、荒井実会長(元関西急送・昭和9年生まれ)の「亡くなった方もいますが、元気な顔を見られてうれしい。これからも元気でがんばろう」と参加者への励ましの挨拶がありました。

  総会ということで幹事の柴田光郎さん(元関扇運輸・昭和18年生まれ)から会計報告があり、みなさんの了承を経て、乾杯し宴会に入り、なごやかな交流が始まりました。

 例年のように、参加者一人ひとりから、発言を受けました。すべては紹介できませんが、TOPは地域の革新懇で活動している人が、「沖縄にも行って沖縄の現状を学んできた。若い人に伝えたい」、と。つづいて「おおさか維新の党が勝利して、生半可な取り組みでは彼らの動きを止められない」と警告する人。「和歌山の田舎で老人会の会長をやっている。元気だぞー」と大声で語りだす人。「沖縄出身で大阪に来て40年近くになる」という人、それぞれの現状報告が続いた。

 テーブルの近くにいた森本孝士さん(元府本部副委員長・昭和17年生まれ)は、出身職場(盛永乳業・明治乳業の関連運輸会社)が明治乳業から送られてきた管理職メンバーが画策して「70人」ほどの建交労の組合がなくなってしまって「くやしーっ」と、うめき声。

 その横にいた岩田元さん(昭和14年生まれ)は「職場が伊藤忠商事の関連の運輸会社で、当時、青木慧さんの『ユニオンジャック――国家ぐるみの犯罪』(1984625日、学習の友社)を読んで、これは本腰で労働組合運動をやらないと負けてしまうと頑張った」ことを力説してくれた。

 こちらのそばにいらっしゃって「旧満洲生まれで『棄民政策』の犠牲者とインタビュー記事」(「大阪民主新報」、2015118日付け)にまとめられている話をじっくり聞かせてくれた松原弘太郎さん(昭和14年生まれ)。「職場では残業拒否をして、賃金が会社で一番低くかった」と。往時の闘いの姿が浮かんできた。

  なかには「長島問題」(大阪府本部から「統制権処分を受けて」)守る会の代表をやっている長崎屋勉さん(昭和14年生まれ)から懇々と解説を受けたが、「ガリキリ機関紙ジャーナリスト出身とのことなので、組合内部の問題の視点だけではなくて、これまでの生コン労働者が生きてきた物語を書いて、南海トラフ地震が発生した場合、革新の側はどのような予防政策があるのか、大阪・橋下に負けない市民のためのまちづくりを書くべきなのではないか」と、編集者魂で語った。

 しかし短い時間だったが、昔、ヤクザとのたたかいで「大阪の全自軍(大自連)」とよばれたトラック労働者・生コン労働者たちの姿が浮かぶような話も聞いた。

 軽井沢のバス事故(2016115155分頃、長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで)に対して、「親は苦しくてたまったもんじゃないな」との声、「労働組合があったらなー」という声がみなさんからあった。

  会場では、いまでも社会運動の現役として地域で動いている話が、いつまでもつづいた。


  青木慧さんの話が出たので、手元にある『ユニオンジャック――国家ぐるみの犯罪』(青木慧著、1984625日、学習の友社)の「総目次」を下記にUPした。

 

 

 

「インフォーマル組織の過去・未来」

 

160126yunion2

 

 

1章 やればやり得まる儲けの犯罪 7
ハイジャック=おい、手を高くあげろ 8 絶対に損のない荒事のハイジャク10 背後に財界・自民・民社の三角関係? 12 自民党労対部長がつくった同盟系労組 15 肝心な事実を隠す大企業と報道管制 17 ケシ粒が天下をとる手品 20

2章 《民主的労働運動》のトリック 25

完全犯罪のノウハウを企業に売る労務屋 25 労務屋の悪知恵を借りて極秘計画作成 23 《使用者の利益を代表》する順に研修30 職制兼組合員の社外研修が第一のカギ 33 《民主的労働連動》はユニオンジャック運動 36 ユニオンジャック判定のリトマス試験紙 39 会社の組合支配は人づる、金づるで 42

3奉 職場の秘密警察とクーデター 45

社外研修終了者で職場ごとに「核づくり」 46 「屁のカッパ」を「陸にあがったカッパ」に 48 その基本戦略は「ぞろぞろ部隊」対策 50 会社と連携で全組合員の思想・素行調査 52 芝居うって家庭訪問、エセ電話、尾行も 55 「左翼人脈づくり」と職場のデマ情報 59 戒厳令下で会社、職制総ぐるみの役員選挙 81 クーデターで労働組合民主主義は骨ぬき 64

4章 住友電工の《QC労務・左翼対策》 67

財界の労働組合対策の見本「住友大学」 68 金社、職制総ぐるみによる組合役員選挙 72 会社による会社のための《組合強化》対策 75 《QC》の名で労働組合総ぐるみ育成 77身も心も会社製、不当労働行為の産物 78 偽装労組であるがための宿命と《左翼対策》 80 外部情報で人事課員と親衛隊が潜入 82 カトリックの女性も《左翼》と解雇 85 労働者の《主体》と《自主》性の抹殺 85 宗教者の「心の自由」も踏みにじって 90 全社員は国家と会社に生命を捧げよ 92

5華 中部電力の《逆包囲・特定思想対策》 97

秘密文書が裏付ける企業犯罪の数かず 98.係長クラス・を基盤に《健全思想》の育成 99 日経連直結の労務屋を《社内講師》に 102 秘密労務組織を使って《政治地図》づくり 104 《リストアップ者対策》あの手この手 107 会社は公害出しているのになぜ公害反対か 110 「灯し火は消えた」が示す《特定思想者対策》 113 《告白書》を転向のあかしとして強要 115
6章 日産偽装労連の労働者支配と悲劇 119

立ち上がった係長会・組長会有志の訴え120 世界に誇る日本式労使関係の代表だが 122 職場での二重支配の要・職制兼組合役員125 経営陣内部でも労組支配めぐり争奪戦129 偽装労連を私物化し、粛正で権力を経る 131 日産に発生した鉄サビは日産人が除去を133 会社を食いものにするユニオンジャッカー 135 社会的犯罪のツケは必ず支払わされる 137

7章 「ヘチマ会」大連合の《終着駅》 141

偽装労連を使った系列労使への支配 142 親企業労使による丸抱え御用組合づくり 144 下請けごときの賃上げ要求が高すぎる 147 昭和高分子でも背後に秘密労務研修団体 150 総評、中立労連内部の隠れ同盟部隊 152 暗躍したユニオンジャッカーとその組織 154 組織ごと乗っ取って危険な《終着駅》へ 156

8章 背後から糸を操る仕掛人は? 161

民間のユニオンジャックと官公版のちがい 162 警察や公安機関などは企業の共犯者なのか 165 自民党は労働組合政策をもって国政で実行 169 《自由にして民主的な労組》を高く《評価》 172 財界と政府・自民党が合作の生産性本部 175 労務研修や《民主的労働運動》の出前機関 177 正体がわかり、びっくりの吉田忠雄明大教授 170 日特金属で生産性研究会がユニオンジャック 182 「労働戦線統一」推進労組は半ば以上育てた 186 生産性本部と《姉妹》の社会経済国民会議 189

9章 財界と政府・自民党の隠れ部隊 193

少数が多数を支配するトリックとその構図 194 労働・社会運動での民社党《独特の使命》 197 自民党系人材で民社党育成の岸信介構想 202 自民・民社の二党流で仕える《同志》たち 204 憲法と革新など《既成観念のタブーに挑戦》 207 《イデオロギーのバックボーン》は軍拡・改憲 210 改意への《条件づくり》と《突破口》づくり 213 二党流使いで軍拡・改憲の《筋書》が進行 215

10章 臨調方式と国家ぐるみの仕掛け 219

臨調のうまみと財界の「口出し手出し機関」 220 臨調を主導する「タックスラー」たち 223 「教育改革」と相乗りで改憲コースの大掃除 227 密室でないと本音が語れない審議とは? 229 行革審や行革国民会議にも《同志》が横すベり 291

11章 はさみうちの標的・国鉄労働者 235

国鉄再建監理委にターゲットをしぼれば 236 「親方日の丸」攻撃の臨調学者の親方は? 239 国鉄はなぜ臨調「行革」の最大の焦点か 243 不当労働行為は《やればやり待》の労務学者 247 密室審議で国労取り込み交通運輸版JCづくり 251 全民労協加盟組合を基礎に選別し排除も 254 いやだというものも、一括してハイジャック 257

12草 地方公務員版ユニオンジャック 261

私的諮問機関などを隠れみのに使って 262 民間並みの《能力主義》労務管理を導入 266 《人事考課》は管理者が職場支配の武器に 289 《使用者の利益を代表する者》づくりの研修 274 QCなど職場小集団の自主管理運動の狙い 274 都知事の私的諮問機関「活力懇」も労務方針 280 「活力懇」 の中心は財界の労務屋と二党仕え 283 同盟主導で「労働界代表」も取り込んで288

13章 教育臨調版ユニオンジャック 291

少数者支配の国家ぐるみの《システム》 292 文教懇は《国民のみなさん》より《同志》たち 295 臨教審へ「第一与党」民社のラブコール 298 同盟は民主教育解体でも財界のパートナー 301 教育臨調用の《国民運動》と「労働戦線統一」 303 改憲をめざす教育臨調版《公正な教科書》 306 企業や政治の品質を問う運動こそ必要 309

おわりに 315

 

 

 

上に書いておいたが、びっくりしたのは「明治乳業」関連会社の労働組合(上記のように70名の建交労)の転覆を、今も行っている明治乳業出身の管理職グループがいるということ。

 

彼らは「団塊の世代」の競争信仰・自己実現の生存因子を受けつづけているのだろうが、すでにそのメンバーも40代から50代、アメリカの近代経済学者の下記のような発信をどう受けとめているのか。

 

 

 

日本は「協調組合主義」と決別を=ノーベル経済学賞受賞者・フェルプス氏(アメリカ)

 

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-19aa.html

 

 

 

コーポラティスト的な価値観を打ち破らずして、日本が自己を変革できるとは私には思えない。このコーポラティスト的な価値観には、家族のつながりや利害関係の持ち方、物質主義、順応主義、社会的保護などが含まれる。

 

 

 

「労働組合破壊。乗っ取りグループ」の策謀は、今に続いていること。

 

どうして抵抗する運動主体とその理論が誕生していないのか。

 

 

 

 

 

2016年1月24日 (日)

“フライヤー”という言葉を「戦争法反対行動」で知った

 

 今日(2016.01.24)のtwiiter

 

 

 首都圏反原発連合 ‏@MCANjp

 

 

【安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷】フライヤーの配布協力をお願いします!お取寄せフォームからお申込下さい!

 


 
 昨年の「戦争法案」反対行動で、国会前に2度ほど行った。

 

 SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)などのtwiiterで流れたキーワードが「フライヤー」だった。

 

 

 長年、さまざまな「ビラ」「チラシ」はもらっていたが、「フライヤー」とはいかに。

 

 

 ここでも若い人たちは「時代を乗り越えようとしているのか」と、思った。

 

 

 パレードや集会を告げる「ポスター」の呼び名は変わらないのであろうが、その「デザイン力」はなかなかだ。見ていない人もいるかと思うので、そのtwiiterで表現されたセンスの一端を以下に、フォローした。

  (クリックして下さい。拡大します)

 

 160124design11

 

 160124design1

 

 160124design2

 

 160124design4

 

 160124design5

 

 160124design6

 

160125design1

 

 160125design2

 

 160126nanba

 

160127gotou

 

160127syutoken

 

 160129high

 

160130sealds

 

 160131saitin

 

 Photo




























日本は「協調組合主義」と決別を=ノーベル経済学賞受賞者・フェルプス氏(アメリカ)

 

いま、たまたま読んでいたページ(REUTERS  ロイター)に、アメリカのノーベル経済学賞受賞者が、「日本の協調組合主義」にたいする警告の発言を読んだ。

 

 こころから共鳴する。 

     http://jp.reuters.com/article/view-edmund-phelps-idJPKCN0UW0TX

 

Special | 2016 01 19 17:47 JST

関連トピックス: トップニュース

  Amerika_3

エドマンド・フェルプスコロンビア大学教授/ノーベル経済学賞受賞者  1月19日、ノーベル経済学賞受賞者でコロンビア大学教授のエドマンド・フェルプス氏は、日本が再び繁栄するためには、コーポラティスト(協調組合主義)的な価値観との決別と、草の根レベルのイノベーションを促すダイナミズム構築が不可欠だと指摘。写真は2006年10月に米ニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid

[東京 19日] - ノーベル経済学賞受賞者で米コロンビア大学教授のエドマンド・フェルプス氏は、日本が再び繁栄するためには、コーポラティスト(協調組合主義)的な価値観との決別と、草の根レベルのイノベーションを促すダイナミズム構築が不可欠だと指摘する。

同氏の見解は以下の通り。

<コーポラティスト的価値観が阻む自己変革>

日本経済が有する問題は、あまりに強いコーポラティスト(協調組合主義)的な価値観に基づいて発展してきたことである。それは、諸制度を形づくり、今もまだ行動を左右し続けている。

コーポラティスト的な価値観を打ち破らずして、日本が自己を変革できるとは私には思えない。このコーポラティスト的な価値観には、家族のつながりや利害関係の持ち方、物質主義、順応主義、社会的保護などが含まれる。

草の根レベルのイノベーションの浸透に必要なダイナミズムが構築されて初めて、日本は繁栄できるだろう。

*エドマンド・フェルプス氏は、米コロンビア大学教授で、同大学の「資本主義・社会センター」所長。インフレ率と失業率との関係に関する一連の研究で、2006年にノーベル経済学賞を受賞。1976年にノーベル経済学賞を受賞したミルトン・フリードマン氏(2006年死去)とほぼ同時期に、自然失業率仮説を提唱したことでも知られる。1933年、米イリノイ州エバンストン生まれ。

 

2016年1月22日 (金)

紀ノ川から「産地直送」で週1回の朝市づくり――元紀ノ川農協・西浦正晴さん

 「柴田光郎のページ」にUPした記事(2016.01.20)だが、以下に再録したので広く読んでほしい。

 

 高齢者の買い物難民は社会的テーマだ。

 農林水産省のHPでも、以下のように報道している。

 食料品アクセス(買い物弱者・買い物難民等)問題ポータルサイト

  http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/syoku_akusesu.html

 「我が国では、高齢化や単身世帯の増加、地元小売業の廃業、既存商店街の衰退等により、
過疎地域のみならず都市部においても、高齢者等を中心に食料品の購入や飲食に不便や苦労を感じる方(いわゆる「買い物難民」、「買い物弱者」、「買い物困難者」)が増えてきており、「食料品アクセス問題」として社会的な課題になっています。

食料品アクセス問題は、商店街や地域交通、介護・福祉など様々な分野が関係する問題であり、国の関係府省、地方公共団体の関係部局が横断的に連携し、民間企業やNPO、地域住民等の多様な関係者と連携・協力しながら継続的に取り組んでいくことが重要です。」

 

市民生協が何を目標として事業をしているのか、皆目見えない今、玄関前で新鮮で産地がわかり、生産者の顔が見える野菜を中心とした「朝市」事業が都会で広がれば、新しいコミュニケーションの場になることは間違いない。

大阪での実験が関東に広がることを期待して、紹介したい。

 

昔取材した、房総食料センター・多古町旬の味産直センター・埼玉産直センターや関東の農民連などのどなたかが、気が付いてやりはじめたら、東京・埼玉でも「面白い産直運動」が再生してくるのではないか。

 

この日も紀ノ川産の新鮮な野菜・とれたての果物など40種類近く。

 2016118日(月)、朝7時すぎに「和歌山・紀ノ川産の新鮮な野菜」を運んで、柴田家(大阪府吹田市寿町1-14-17)に来た人がいる。
 1980年代に、関西圏・四国の市民生協と提携し、紀ノ川農協をつくりだした「西浦正晴」(68)さんだ。
 話を聞くと、大阪圏で当面「100軒」の民家の敷地で、「朝市」を開催できるシステムを構築しようと走り回っている、ということ。
 現在は、柴田光郎さんにも協力をしてもらい、始まったばかりだが、すでに5軒ほどの知り合いネットワークで始まっているとのこと。

 柴田佳代子(68)さん(主催者)は「家の周りで野菜を手に入るのは、スーパーしかない。毎週、身近で紀ノ川産の新鮮な野菜が買えるところがあれば、高齢者にはありがたいのよね」と話す。
 「産地直送だから安心だし、それに買いに来てもらうご近所さんとも、日ごろの何気ない会話ができて、話が弾み仲良くなれる」ともいう。

 西浦さんは、「買い物難民に対応して、小型トラックでスーパーの商品を運ぶ事業を見て、ワシがやれる仕事は、新鮮な野菜を直接、消費者に運ぶことだ」とハタと気が付いたと。
 仕入れは、産地にいっぱいあるとれたての野菜・みかんなどの果物と従弟がやっているスーパーから仕入れることができるし、嗜好品としての安全な卵(「ノニジュース」を飲ませた卵)など人気があることも発見した。
 
 この日は野菜など40種類ぐらいのアイテムを並べ始めた9時過ぎには、ご近所さんが5人ほど「これなに?」「どんなふうに食べるの?」という会話が始まった「商い」が、行われた。
 買う人と産地を明らかにして販売する人の「顔が見られる」事業が、始まっている。
 1970年代から1980年代にかけて市民生協が伸びた時代の「共同購入の班での分かち合いの場」の再現を見た。

 西浦さんが「近所のコミュニケーションが広がる場になり、“小さな産直の事業”が大阪中に広がっていったら、面白いのでは」とニコッと語ってくれたので、期待したい。

 

 100118santyokuasaiti1

  △地域のパソコン好きの人が作ってくれたチラシ。 

2016年1月20日 (水)

「柴田光郎のページ」をオープン――生コン労働者で大阪の「市民生協」をつくった男

 ▽追記(2017.08.31

 

 柴田光郎さんは2017年初頭から闘病中でしたが、2017828日(月)、午前2時にお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。

 170828sibata
  

 『しんぶん赤旗』(2017829日付)

 

 

 日本の市民生協の大半は「大学生協」で活動した人たちが、立ち上げたものがほとんどだ。大阪いずみ市民生協は、「大阪府立大学生協の協力を得て設立準備会を発足させた」(Wikipedia)と書かれている。

 

 しかし今回立ち上げた「柴田光郎のページ」の主人公は、故・今崎暁巳さんが書いた『めしと団結――たたかう関扇運輸労働者』(19706月刊)に登場する、生コン労働者だ。

 その人が、プロフィールにあるように関西勤労協(学習協)の活動に参加し、1974年のオイル・ショックによる狂乱物価・物不足の中で、城北生協や河内生協を作った先輩の蒲生さんや寺沢さんの指導もあり(この人たちの歴史も聞きかじりだけで、今現在インターネット上には、その足跡をたどるページがない)、労働者として事業を起こした歴史がある。

 

 鶴岡生協(後の共立社生協)の佐藤日出夫さんのことは、部分的に書いたが〔鶴岡生協、そしてまちづくり協同組合へ―20数年前の思いに遡って刺激的な「いのちとくらし」研究所のシンポジウム――2015624 () 〕 、柴田さんがたびたび話す「横浜生協の岩山 信さん」などからも生協づくりの教えをいただいたと聞く。

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/20-333b.html

 

 生協運動史では素人の編集子としては、その歴史を書き残していただける、研究者の登場を待つ。

    

 今現在、おもしろいこと、としては、《毎週月曜日、玄関前の「野菜・朝市」を開く。900から1100――この日も紀ノ川産の新鮮な野菜・とれたての果物など40種類近く。》を先日、大阪を訪問して、記録してきたものをUPした。

 大阪で100300軒つくりたいと実際の事業を起こしたのは、旧知の「元紀ノ川農協・西浦正晴さん」だ。

 

 

100118santyokuasaiti211



   
「柴田光郎のページ」

   (上記をクリックして下さい。ページに飛びます)

 

 ◇ホームページで書いた主な柱建て。

 毎週月曜日、玄関前の「野菜・朝市」を開く

 ◆毎週月曜日 900から1100、この日も紀ノ川産の新鮮な野菜・とれたての果物など40種類近く。

 

 【私の趣味】:大相撲・琴欧州の引退断髪式でハサミ入れ。

  20141004日(日)、両国国技館で「琴欧洲断髪式」(琴欧洲引退断髪披露大相撲)

 

 【OB会】:運輸一般OB会有志で「六川農園」(佐久市)訪問。  2015610日~11日。

 1960年代の生コン労働者のたたかい――『抵抗』 (全自運大阪地方本部全自運関扇運輸支部編、196612月)  (全ページのPDF版)

 若かりし頃の柴田光郎の登場:『めしと団結――たたかう関扇運輸労働者』(今崎暁巳著、労働旬報社、19706月刊)           (PDF復刻版)

 生コン労働者から市民生協をつくった男〔A5判、大阪よどがわ市民生協発行〕。『新よどがわ市民生協物語――1000班の組合員に聞きました』(山田達夫・矢吹紀人・柴田光郎著、A5判、シーアンドシー企画、19924月)

 『PROSUME』(プロシューム)、〔B5判、50ページ、大阪よどがわ市民生協発行・労働旬報社編、1988730日発行〕           (PDF復刻版)

 月刊誌『PROSUME』(プロシューム)〔A4判、48ページ、大阪よどがわ市民生協発行・労働旬報社編、1989430日発行から1997年末で終刊〕 

 6冊の産直・農業・平和:女性たちへの共鳴をプロデュース。

◇「ある編集者のブログ」に登場する「柴田光郎さん」             

     http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/

 国内産直を重視した『PROSUME』(プロシューム)の発刊――20151230 ()             

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-0925.html

 鶴岡生協、そしてまちづくり協同組合へ―20数年前の思いに遡って刺激的な「いのちとくらし」研究所のシンポジウム――2015624 ()             

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/20-333b.html

 琴欧洲断髪式を観てきた201410 5 ()             

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-c9f3.html

 “かっぱのげんさん”に会ってきた――             

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-e4ed.html

  『めしと団結』のPDF復刻版づくり―― 

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-9679.html

 メルヘン街道ドライブの旅、その前に的埜さん宅訪問――20145 4 ()             

 http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-298d.html

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

無料ブログはココログ