« 銀座七福神めぐり〔2015年2月2日(月)〕 | トップページ | Outlook2013なども高齢者にもやさしく設計を »

2015年2月13日 (金)

大衆運動における法則性――中西五洲さんの思い出・その3

編集者の一人として、2回にわたって書いてきた元全日自労委員長の「中西五洲さんの思い出」(正、)の中で、「全国的観点」、「大衆運動の法則性」、「自立と愛と協同」という言葉のメッセージと「5つの危機論」――核戦争の危機、環境破壊の危機、人間性の危機、経済の危機、資源問題の危機――を紹介してきた。

 ユニオン運動・労働組合運動、協同の運動をになう後輩たちに、中西五洲さんが最も大事にしたテーマ――「大衆運動における法則性」を読んでほしくUPした。

 

 
    

  大衆運動における法則性――中西五洲さんの思い出・その3

 

 

「大衆運動における法則性」については、197812月に書いた青木書店の『現代と思想』(34号)で最初にまとまって発表されている。

そして『日本の労働組合運動をどう建てなおすか : 労働戦線統一/春闘再構築/大衆運動の法則性』(合同出版、198111月)、『労働組合のロマン : 苦悩する労働組合運動からのレポート』(19862月、労働旬報社)という単行本の中でも追求されている。

 

その後、19928月から19933月号まで月刊雑誌『部落』(部落問題研究所出版部)に書かれた「ある活動家の追想と提言(ひとりごと)」の中に、まとまって展開されている。

 その全文を、上記のページ(それぞれの労働組合運動史―その4)に紹介した。

 

 その他の諸論文、インタビューは、『労働組合のロマン』(1986年)を編集したときに集めておいたものと、その後、『部落』に書いたものなどをPDFでUPしておく(一部未掲載)。

単行本はPDF化できていない。

 

 失対事業打切りに反対する全日自労のたたかい、『部落』、部落問題研究所出版部、19629月、152

 大衆運動における法則性、『現代と思想』、青木書店、197812月、34

 総評改革と労働運動再建のために、労戦再編と統一労組懇<特集>、月刊労働問題、19805月、274

 要求穫得に執念をもって進もう、81年春闘読本―職場労働者編、賃金と社会保障、19801210日、807

 『日本の労働組合運動をどう建てなおすか : 労働戦線統一/春闘再構築/大衆運動の法則性』、中西五洲著、合同出版、198111

 運動の立て直しをあくまで追求、労働運動の現在と未来<特集>、月刊総評 / 日本労働組合総評議会、19821月、289

 『労働組合のロマン : 苦悩する労働組合運動からのレポート』、中西五洲著、労働旬報社、 19862

 「労働組合のロマン」と事業団運動、労働者協同組合と現代<特集> ; 労働者協同組合と日本、賃金と社会保障、1986325日、934

 ある活動家の追想と提言(ひとりごと)『部落』、部落問題研究所出版部

  私の運動の原点――はじめにかえて  19928

  自分の頭でものを考える       19929

  大衆運動の法則性          199210

  人類の危機             199211

  協同の原理             199212

  労働者協同組合           19931

  徹底民主主義            19932

  自立と協同と愛           19933

 高齢者生協の創設をめぐって、特集 環境と地域社会への配慮、協同組合経営研究月報、協同組合経営研究所、19967月、514

 

 全日自労三重県本部の歴史をまとめるにあたって、手島繁一、協同の発見、199510月、43

 『皆でたたかった50年―全日自労三重県本部の歴史』の刊行に当たって、手島繁一、協同の発見、19966月、51

 

   ◇これまで書いてきたものやUPしたものを一挙PDF化した。ご一読を。   (2015.02.23)

    中西五洲さんの思い出――主な論文・エッセイ抄(PDF、A4判、95頁)

それぞれの労働組合運動史―その4

 

« 銀座七福神めぐり〔2015年2月2日(月)〕 | トップページ | Outlook2013なども高齢者にもやさしく設計を »

労働問題・労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大衆運動における法則性――中西五洲さんの思い出・その3:

« 銀座七福神めぐり〔2015年2月2日(月)〕 | トップページ | Outlook2013なども高齢者にもやさしく設計を »

無料ブログはココログ