« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

Outlook2013なども高齢者にもやさしく設計を

Windows8.1の新規PCにした先輩から、「outlook2013(office2013に入っている)について教えてほしいと頼まれた。

こちらは長年「nifty」と[Yahoo]しかメールでは使っていなかったので、まず手元にあった「outlook2007」を立ち上げた。TOP画面は下の通り。
 

 150223outlook2007_2

   (クリックすると大きくなる)

 

 

次に「Office2013」の中の「outlook2013」を臨時に立ち上げてみた。TOP画面は下の通り。

  150223outlook2013_2

    [出所] http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130225/458725/
    (クリックすると大きくなる)

  一目で別のアプリケーションになっているのがわかる。これでは高齢者は新しく覚えなければ使えないも同然だ。

 

 

先輩は新規PCを購入したY電機に旧PCを持ち込み、「outlook2013」の設定などを行ってもらったが、自宅に帰ってやろうと思ったら、送受信できない事態に陥ったようだ。

 

そこで急遽、呼び出されて、「outlook2013」を操作して見た。


  古いパソコンを右に置きインターネットを立ち上げ、まず「outlook2013が送受信できない」を検索してみたら、次のような解決法が出ていた。

 

Outlook 2013で、メールの送受信ができない場合の対処方法について教えてください。」

http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=016068

 

このページの、4番目「オフライン作業になっていないか確認する」という対応を試した。

  古いPCで私のniftyメールアドレスから送受信したら、開通していた。これが最初の解決策だった。

 

 次は、「振り分けるフォルダ」がないのだ。

 旧PCを見ると10以上の「フォルダ」に分かれていた、さてどこにあるのか。また新規フォルダはどのようにして設定するのか、格闘。

 新規フォルダを作る操作をすると、なんと「受信トレイ」の下に隠されていた。これも発見するのが難しかった。受信メールをフォルダに振り分ける操作は、先輩の方がしていた「古い方と同じだ」とやっていた。

 アドレスの出し方は「新しい電子メール」を立ち上げ、そこから呼び出せるので、ご本人はほっとしていた。

 

 そのほか、「リボン」というらしい上の操作欄が、一番下の「メール」「予定表」「連絡先」「タスク」で変化する。そのページごとに複雑なリンクページがある。というよりありすぎ。

 

 どうもMicrosoft陣営は「高度プロフェショナル」なビジネスマンを対象にしたコンセプトで「outlook2013」を作っているようだ。

 そうであれば「メールの送受信に絞ったoutlook」を高齢者(シニア)向けに作って提供してほしい。

高齢者多数社会の「ユニバーサルデザイン」としてのメーラー(電子メールの作成や送受信、受信したメールの保存・管理を行うソフトウェアのこと)を、つくれないはずがない。

 

2015年2月13日 (金)

大衆運動における法則性――中西五洲さんの思い出・その3

編集者の一人として、2回にわたって書いてきた元全日自労委員長の「中西五洲さんの思い出」(正、)の中で、「全国的観点」、「大衆運動の法則性」、「自立と愛と協同」という言葉のメッセージと「5つの危機論」――核戦争の危機、環境破壊の危機、人間性の危機、経済の危機、資源問題の危機――を紹介してきた。

 ユニオン運動・労働組合運動、協同の運動をになう後輩たちに、中西五洲さんが最も大事にしたテーマ――「大衆運動における法則性」を読んでほしくUPした。

 

 
    

  大衆運動における法則性――中西五洲さんの思い出・その3

 

 

「大衆運動における法則性」については、197812月に書いた青木書店の『現代と思想』(34号)で最初にまとまって発表されている。

そして『日本の労働組合運動をどう建てなおすか : 労働戦線統一/春闘再構築/大衆運動の法則性』(合同出版、198111月)、『労働組合のロマン : 苦悩する労働組合運動からのレポート』(19862月、労働旬報社)という単行本の中でも追求されている。

 

その後、19928月から19933月号まで月刊雑誌『部落』(部落問題研究所出版部)に書かれた「ある活動家の追想と提言(ひとりごと)」の中に、まとまって展開されている。

 その全文を、上記のページ(それぞれの労働組合運動史―その4)に紹介した。

 

 その他の諸論文、インタビューは、『労働組合のロマン』(1986年)を編集したときに集めておいたものと、その後、『部落』に書いたものなどをPDFでUPしておく(一部未掲載)。

単行本はPDF化できていない。

 

 失対事業打切りに反対する全日自労のたたかい、『部落』、部落問題研究所出版部、19629月、152

 大衆運動における法則性、『現代と思想』、青木書店、197812月、34

 総評改革と労働運動再建のために、労戦再編と統一労組懇<特集>、月刊労働問題、19805月、274

 要求穫得に執念をもって進もう、81年春闘読本―職場労働者編、賃金と社会保障、19801210日、807

 『日本の労働組合運動をどう建てなおすか : 労働戦線統一/春闘再構築/大衆運動の法則性』、中西五洲著、合同出版、198111

 運動の立て直しをあくまで追求、労働運動の現在と未来<特集>、月刊総評 / 日本労働組合総評議会、19821月、289

 『労働組合のロマン : 苦悩する労働組合運動からのレポート』、中西五洲著、労働旬報社、 19862

 「労働組合のロマン」と事業団運動、労働者協同組合と現代<特集> ; 労働者協同組合と日本、賃金と社会保障、1986325日、934

 ある活動家の追想と提言(ひとりごと)『部落』、部落問題研究所出版部

  私の運動の原点――はじめにかえて  19928

  自分の頭でものを考える       19929

  大衆運動の法則性          199210

  人類の危機             199211

  協同の原理             199212

  労働者協同組合           19931

  徹底民主主義            19932

  自立と協同と愛           19933

 高齢者生協の創設をめぐって、特集 環境と地域社会への配慮、協同組合経営研究月報、協同組合経営研究所、19967月、514

 

 全日自労三重県本部の歴史をまとめるにあたって、手島繁一、協同の発見、199510月、43

 『皆でたたかった50年―全日自労三重県本部の歴史』の刊行に当たって、手島繁一、協同の発見、19966月、51

 

   ◇これまで書いてきたものやUPしたものを一挙PDF化した。ご一読を。   (2015.02.23)

    中西五洲さんの思い出――主な論文・エッセイ抄(PDF、A4判、95頁)

それぞれの労働組合運動史―その4

 

2015年2月 5日 (木)

銀座七福神めぐり〔2015年2月2日(月)〕

2月2日(月)に草加・視覚障がい者虹の会の「銀座七福神めぐり」に参加した。

当事者・ガイド・ボランティアさん、総勢29名もの参加で、やっぱり女性陣が大半で、男性は5人。

 こちらは昼の銀座を歩いてみたくて参加。

 

 150201ginza_map
  回ったところは白抜き数字の所(クリックすると大きくなります。)



  最初は地下鉄銀座駅を上がって、昔「銀座並木座」という名画座あった並木通りを京橋方面へ。

次は4丁目方面、そして銀座三越屋上へ。

東銀座方面の路地に入って、小さなウインドウに高そうな洋服の仕立て屋さんや時計屋さん、陶器の店など、こんな店があるのかという再発見。

銀座の裏道にはサラ―リーマンが昼食を食べるラーメン屋やイタリア料理、和風の店などがいっぱいあった。



  交詢社ビル近くで、やや迷った。夜歩いたら誘惑されたであろうクラブ・スナック・飲み屋の界隈をあちらこちらへ(今はお金がないから無理だ)。

誰かがビルの壁に掲げられた「店の看板」は“27もある”と声を出していた。

 

「願掛け」などという言葉を思い出した「銀座七福神めぐり」だった。

 

虹の会のページに「銀座七福神めぐり」に多数、当日の写真をUPした。

白杖を持つ女性陣のたくましいウオーキング姿が見られます。

 

草加 視覚障がい者虹の会のページ (2015.02.02)

当日使用した、以下の住所や地図もPDFでUPした。WEBで探したものに、若干手を加えた。

 
銀座七福神の各神社住所 

  銀座七福神の地図 
 「銀座八丁神社めぐり」の神社

  

      ▽追記(2017年1月13日)

   草加七福神めぐりに行って来た                

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

無料ブログはココログ