« 箱根で紅葉と富士山を見てきた | トップページ | Bingを「アドオン管理」のページで検索設定からはずした »

2014年12月 2日 (火)

Windows 8.1へのUPでキーボードが変!

 「Windows 7から8.1へのアップグレード」の作業中から、「@」が打てなくなったが、アカウントの作成は、別にしておいたので、進行中は何とかクリアできた。

OS導入の完了後、「(」「)」などもダメだった。

 

WEBで検索して探すと「Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される」という問題のようだった。

 

Windows 8 でキーボード タイプが英語配列キーボードとして認識されている場合、@ キーを押しても他の記号が入力される、Shift キーを押しながら 2 キーを押したときに「@」が入力される、または、Shift キーを押しながら 7 キーを押すと「&」が入力されたりする現象が発生します。この現象は、正しいキーボード ドライバーがインストールされていないか、何らかの原因によってキーボード レイアウトが英語キーボードの設定に変更された場合に発生します。

http://support.microsoft.com/kb/416037/ja

 

 そこでデバイスマネージャーを見ると、編集子のPCキーボードには「HIDキーボードデバイス」と表示されていた。

 WEBのページでは「[日本語 PS/2 キーボード (106/109キー)」になっていたが作業中の「13.[互換性のあるハードウェアを表示] チェック ボックスをオンの状態からオフにします。」がポイントのようだった。

 

  

 指示通り、2回ほど繰り返すと、表示は「HIDキーボードデバイス」だが、「日本語キーボード (106/109キー)」になって、旧来のキーボードにもどっている。

 

 ただし、「10キー」のほうは、毎回、「NumLock」を押さないと、いけない。 

以前、ノート型PCを使っていたとき、経験したことだったので、当面、そのままにする。

 

 「Windows7から 8.1へのアップグレード」は、やっぱりやめておいたほうがいい。

   

  ▽以下のページも参考にした。

 

   キーボードが英語配列キーボードとして認識されてしまう<Windows 8.1

 

   http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata2/014877.htm

 
    

  ▽追記 以下に解決法があった。

    Windows8 のログイン画面で NumLock ONにならない

 

   http://plaza.rakuten.co.jp/mscrtf/diary/201303090000/

 

 

 

 

 
   

 

 

 

 

« 箱根で紅葉と富士山を見てきた | トップページ | Bingを「アドオン管理」のページで検索設定からはずした »

PC・DTPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8.1へのUPでキーボードが変!:

« 箱根で紅葉と富士山を見てきた | トップページ | Bingを「アドオン管理」のページで検索設定からはずした »

無料ブログはココログ