« 「中西五洲さんの思い出」のつづき | トップページ | Windows 8.1へのUPでキーボードが変! »

2014年11月28日 (金)

箱根で紅葉と富士山を見てきた

1126日(水)~27日(木)に、私の大先輩の石井次雄さん(元旬報社社長)からお誘いいただき、佐方信一さん(校正者)、芹澤寿良先生(高知短期大学名誉教授)と箱根に久しぶりに行ってきた。


 26
日はあいにくの雨だったが、強羅から宿に行くために乗ったタクシーの運転手さんは「今年は赤系の色がキレイに出ている年だ」と道路沿いの紅葉のすばらしさを褒めていた。


 宿泊先は「直営保養施設・おおたいら―出版健康保険組合」で、すぐに温泉に入った。

 ここはたいへんきれいな宿泊所で、出版健康保険組合自体の健全性を示している保養所だった。築後20年以上は立っているようだが、部屋の中も温泉風呂も清潔で、食事ホールの天井の木の梁など、見事にきれいだった。

 

 

 

 翌日は、9時過ぎに出発したが、芹澤先生が早速、紀行文を送っていただいた(1128日、午前中)ので、以下に紹介したい。



  雨天下の箱根強羅入り、レストランからの眺望、仙石のゆったりとした出版建保施設での入浴、宿泊、食事、あれこれの回想雑談などなど楽しい一日でしたが、昨日の玄関を出た晩秋朝、雨上がりの見事な快晴に感嘆、バス乗車、何年前か思い出せない位の久々の桃源台港、これまた芦ノ湖遊覧船での見事な周辺の光景、元箱根港下船、成川美術館からの正に純白の富士を確認できた感動、そして湖上を戻ってのロープウエイで大涌谷、雲に覆われない富士山頂周辺の全容を目に焼き付けることができたことは幸せでした。

 真っ黒な殻の「温泉卵」初体験。そしてロープウエイで早雲山、ケーブルカーを利用して強羅、登山電車に乗り換えでの箱根湯本、小田原着 そして駅前「相州鳥ぎん」で美味しい最高の鳥料理で、旬報社の戦後史の意義を確認した打ち上げ、8時25分に新宿到着、車中も結構大きな声で、「労働運動論」を交わしていました。

 

 

     141127hakone

  成川美術館より

  141127hakone3_2

    芦ノ湖

  141127hakone2_2

  大涌谷にて

 
    

 70代から80代の「戦後民主主義と平和」のたたかいの先陣を切っていた大先輩なので、現在の「安倍内閣」の危険性批判と警告の視点は、いつでもどこでも発せられた。

 とくに、戦後労働運動の歴史と、今日の連合、全労連から過日の総評の役割など、労働法、社会政策、社会保障研究者の実像を交えて、これでもかこれでもかと発せられた。

 



 お3方の「元気高齢者」につづく編集子世代以降の多くは力弱さを感じざるを得ないのは、社会体験の歴史の相違からくるものだと思う。


 「高度成長・低成長時代」を競争主義で乗り越えてきた世代の「高齢社会」当事者は、「企業社会・公務員社会」で壁をつくり防御できたが、4割を超える「企業内福祉」で守られない青年・女性たちがいる現実にたいして、また逃げていいのか。

 

さらに年末選挙を株価だけで評価するようでは「安倍政権にフリーハンドを与えてしまう」と書いておきたい。

 

« 「中西五洲さんの思い出」のつづき | トップページ | Windows 8.1へのUPでキーボードが変! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根で紅葉と富士山を見てきた:

« 「中西五洲さんの思い出」のつづき | トップページ | Windows 8.1へのUPでキーボードが変! »

無料ブログはココログ