« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月23日 (土)

“かっぱのげんさん”に会ってきた

 高知1周の旅の続き。

8月19日(火)朝、10時半に高知県梼原町を出発したとき知っていた情報は、海がめの来る町の日和佐にいく。高知で渡された「ほたる村だより」という、ニュース。

 「何やっている人?」と道中聞くと、「旅館をやっている」という柴田光郎さん(元全自運関扇運輸争議団員・元大阪よどがわ市民生協専務理事)。

 途中(須崎あたり)で携帯に電話が入り、運転中で出られないので、こちらが出て話したが、浮かび上がった名前が「かっぱのげんさん」と出てきた。

 それから高速道路に入り、高知市内を走り、室戸方面を抜けて夕方4時半ごろ現地に着いた。

 

 国道を突然、道幅の小さな田舎道に入ったが、最初の入り口には、案内標識はなにもなし。小さな水田の道をくねくね走ると「ほたる村」という小さな看板があり、少しいくと小川の右側に5~6棟の建物のそばに到着。

   140823kappa2

 

   140823kappa3

 「向こうから、オーよく来たな」みたいな手を上げた人が立っていた。その人が「かっぱのげんさん」だ。

 建物に入ると10人ほど食事ができるテーブルが3つほどあり、その周りは、ガラス付スライド本棚。まず目に付いたのは、げんさんの書いたきれいなデザインの本が10冊ほど、絵本もあった。

 その下のほうに勤労者通信大学の教科書群その他。何百冊と入った書棚の中に、私が編集した『手記 じかたびの詩―失業と貧乏をのりこえて』(全日自労・建設一般/早船ちよ編、 19808月)、『雪とふきのとう』(門倉 訣著、198111月)の2冊があった。読者に会うのは編集者として最上の喜びだ。

 140823kappa4

  140823kappa5

 

 

  

夜、その日はたまたま誰もいない日のようで、「げんさんの一代記」を聞いた。

 その場でタブレットを出して、Googleに“かっぱのげ”と入力したら、候補名として“かっぱのげんさん”と出てくる。多くの人が検索していることがわかる。

 そのなかから、話の中に出てきたエポック的紹介を、以下のようにいくつか探してみた。

 

 1 「不登校 サポーター情報MAP in とくしま」のページの紹介文

 http://homepage2.nifty.com/supporters-net/page3.html

 

【2】ほたる村 自然体験できる宿泊施設系癒し

海部郡日和佐町北河内本村233

国道55号の山河内トンネルの南を東に入り、線路を超えて、白沢川沿いに登っていくと右にある。国道より800mぐらい。(看板あり)

自炊をしながらの長期滞在も可能です。頭の中であれこれ考え込んで、行き詰まってしまったら、一度、頭の中を空っぽにしてみることも、時にはとても大切なことと思います。自然に恵まれた環境のなかで、生活を通して、体験を通して、体で感じること、体でわかることのものの中にも、大切なものはたくさんあります。

  空気も水もおいしいので、食べ物もおいしく感じます。6月~7月上旬には、たくさんのほたるが飛びかいます。棚田の水田では米をつくっています。かっぱのげんさんはコマまわしの達人。

ごとまつさんという大きなカエル。かんたろうさんというレインボーに光る大きなミミズ。げんさんは自分はカッパなんだというが、ほたる村では、様々な生き物たちに出会うので、自然とカッパかもと受け入れてしまう。

 

世話人 山内満豊(かっぱのげんさん)

1泊素泊まり 小学生以上こども・1700円、中学生以上おとな・3400円(宿泊費よいうよりは施設維持協力金)

申し込み方法 電話にてあらかじめ予約してください。

0884-77-0899 (ファックス同番)

農作業などで出ている場合が多いので、なかなかつかまらない。留守電にメッセージを残す方法で、連絡を待とう。ほたる村とげんさんの活動のエピソードをまとめた本

 『心よみがえれ~ほたる村のげんさんと子どもたち~』あります。

 

 

 2 いしがき教育の日制定記念

 http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/400000/20090201.htm

 

平成2121日(日)、午後130分、石垣市民会館大ホール  

 

「いしがき教育の日」(2月第1日曜日)は、「生きる力」を備えた「心豊かな人材」育成を目指し、家庭、地域、学校及び行政が連携・協働して、本市の将来を担う子どもたちの心身ともに健やかな成長を願い、市民全体による教育の向上に取り組む。

【講 演 会】

テーマ:心の豊かさを求めて~真の生きる力とは ~ 講師 かっぱのげんさん(山内満豊 やまうち みつとよ ) 

(主な講師紹介)

16歳で運転免許取得、以来36年間のトラック運転手。過労から脳梗塞となり倒れ、余命を告げられた。しかし、幼い頃に親しんだコマ遊びで身体の機能を回復。

やがて農業に転じ無農薬米作りに挑戦。ホタルが乱舞する田んぼは「蛍村」と呼ばれ、全国から自然体験や心の病に苦しむ人が集うようになった。苦しむ人の声を代弁した『かっぱのげんさん』(清風堂書店)等出版。後に大学の推薦図書に採用された。

健康を取り戻したあと、奥様と一緒に、全国内やインドネシア、カンボジア、ベトナム等の小学校を訪問し、講演やコマまわし・南京玉すだれ等伝統演芸を紹介している。

その目的は唯ひとつ“子どもの心の中に花を咲かそう”

●主な著書『海亀のくる町』(清風堂書店)、『かっぱのげんさん』(清風堂書店)、『ひびけ心太鼓』(清風堂書店)、『心よみがえれ ほたる村のげんさんと子どもたち』(かもがわ出版)外。

 

3 かっぱのげんさん一座&野田淳子コンサート

 http://hujii5150.wordpress.com/2010/12/13/

 

20101213 by hujii5150、かっぱのげんさん一座&野田淳子コンサートに行ってきました。

12日、日和佐コミュニティーホールで「ほたる村だより100号」記念をしたコンサートがありました。ほたる村は、1991年自然体験施設として出発。2002年9月より発行をはじめた「ほたる村だより」が12月で100号になったそうです。

 

 げんさんは、外資系の子会社・運送会社の労働組合リーダーだったとき、『めしと団結』で書かれた関扇運輸と同じような「組合分裂攻撃」へ反撃し、兵庫で全自運という労働組合に加盟し日夜奮闘した人(のちに運輸一般兵庫地方本部副委員長)。

 奥方は「あの頃はうちに帰ってこなかった」というほど「労働運動に熱中」したが、50歳過ぎに、「脳梗塞の人になり、2年ほど寝たりおきたり力が入らなかった」生活を送ったようだ。

 

 そのとき愛媛出身だが、自然と空気と水がきれいな美波郡(うみがめの来る町)に行ったことがあり、いまの「ほたるが乱舞する」現在地を発見したようだ。

 

 4 かっぱのげんさんのいわれもきちんとか書かれているページがある。

 http://www.soratoumi.com/river/hiwasa/creator.htm

 

山内満豊さんがなぜカッパのげんさんと呼ばれているかといえば、空き缶やゴミを拾うため黒のウエットスーツで川に潜る姿がかっぱに似ていたこと。そして友人の絵本作家、梅田俊作氏の絵本の主人公げんさんが仕事もせずに毎日ブラブラ、太鼓たたいておにぎりをもらって生きるところがそっくりだと、子どもたちが呼び始めたのだとか。

 

 5 「ほたる村 - 日和佐life」より。

 http://www.hiwasa-life.jp/hiwasa_hotarumura.html

 

 “かっぱのげんさん”と“かっぱ子さん”が作った「ほたる村」。「看板もない。自動販売機もない。なーんもない(←げんさんの売り文句)」というほたる村。

 

 ここを拠点にまずは、子どもたちが近くの小川で釣りをしたり、農作業を手伝ったり、太鼓などの伝統文化を体験するなど楽しいことを伝えている。

 

また「子どもたちの笑顔発見と、喜びづくりのために」、神楽の独楽回しや皿回し、南京玉簾をもって、地元はもちろん、日本中、よばれるところはどこまでも行き、いまではベトナム、カンボジア、インドネシアまで出向いている。

 写真を見せてくれたが、ベトナムのサパの校長さんとコンタクトを取り、数百名の子どもたちに独楽回しを見せている。

 「アポイントをとっていったのですか」と聞くと「現地交渉だった」という。

 

 

  話がすすみ「青年時代よく見たイタリア映画やイタリア歌曲のアモーレをはじめ、石垣で作詞した歌、地元の子どもたちへの歌、ハーモニカ吹奏―― 1曲は、なつかしき映画「シェーン」のテーマソング」なども披露していただき感謝、感謝!

 

 

 

 作家・住井すゑさんが、昔「地球の一角」(牛久沼)に住みながら、すべての地域が見えてくると言い放ったが、げんさんは今を生きる「その一人」だと思った。

 

 
 

ほたる村だより

 

1行所:ほたる村 かっぱのげんさん

 

7792302海部郡美波町 0884770899

 

 

 

ほたる村をみなさんと一に、たのしい遊び場にするためサポート員を募集しています。

 

員のみなさまには月ほたる村だよりをお送りさせていただきます。

 

ほたる村サポート員 2500

 

 

 

140823kappa

  (クリックすると拡大します。リュックサックに入れてしわくちゃで申し訳ないです)

▼柴田光郎さんは2017年初頭から闘病中でしたが、2017年8月28日(月)、午前2時にお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。
 

   

   『しんぶん赤旗』(2017年8月29日付)

  「柴田光郎のページ」

   (上記をクリックして下さい。ページに飛びます)

 

2014年8月22日 (金)

『めしと団結』のPDF復刻版づくり

▼柴田光郎さんは2017年初頭から闘病中でしたが、2017年8月28日(月)、午前2時にお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。
 

   

   『しんぶん赤旗』(2017年8月29日付)



  8月(2014年)に入って、柴田光郎さん(元全自運関扇運輸争議団員・元大阪よどがわ市民生協専務理事)から「『めしと団結』〔今崎暁巳著、労働旬報社、19706月刊〕を5~6冊、探してくれないか」と電話が入った。「読みたいという人がいるんだ」という話しぶりに、ご本人が元気になった様子がわかりよかったが、出版元にはもともとない。編集子が持っていた本は、『PROSUME』(大阪よどがわ市民生協の生活文化情報誌)編集に参加した20数年前に誰かに渡して戻ってこなかった。

 インターネットでいつも使っている古本探しのサイト――「Amazon」、「スーパー源氏」――などはまったく検索に引っかからなかった。古いし、マイナーすぎるし、読んだ人も労働者が多く古本業界に残らない本だよな、と思って「日本の古本屋」のサイトを調べたら1冊あった。早速、注文したら2~3日で届いた。本の回りは、終戦直後の本のように、紙焼けして薄茶状態になっていた。それからがたいへんで、細かい仕事がまっていた。

 裁断して、スキャナーでPDF化して、1ページごとにファイル化し、InDesignで270ページの見開きページを作成し、パソコンで読めるようにDTP→再度、PDF化。あとでページが違っていたり、元々の誤植を発見して訂正。

 暑い盛りのDTP作業は、つかれた。

 

 

140829meshi





 作業のめどが見えた頃、電話があり、「10枚ほどCDで読めるようにしたらいいですね」と念を押したら、「実は会わせたい人がいるんだ」と。

 大阪の関扇運輸争議のときに、『めしと団結』を読んで大感動した人(全自運の先輩)が徳島にいて、いまでは「10冊ほどの本を書いている」という話だった。

「いつくる」という話だったが、お盆明けですねと言ったら「梼原にも行かんならん」と強調(高知県梼原町は、遠距離介護で帰省している妻の実家。20数年前、九州産直先訪問活動の帰りに行ったところ)。とうとう17日からと決まった。

そのとき著者の名前を確認したらよかった、と後のまつり。

 話の順序は飛ばすが、17日(日)11時半新大阪に迎えに来てもらって、四国をほぼ1周して20日戻ってくるまで1100キロも走った。それも軽で。(つづく)

 

 ▽四国1周の旅(つづき)

 

  “かっぱのげんさん”に会ってきた

 

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-e4ed.html

   ▽追記

  『めしと団結』(PDF復刻版)は、上記、「今崎暁巳のページ」などにUPしてあります。

 

 

 

 

 

2014年8月16日 (土)

コンセプトを変えてHPが引用されることは本意ではない

数ヶ月前から、編集子が編集・制作している「インフォーマル組織の過去・未来」(現代労働組合研究会のHP)へのアクセスが日本各地に広がっている。なぜだろうと思ったら、以下のブログで紹介されていた。

 

「憲法とたたかいのblog――労働者のたたかいの歴史、そして憲法について動画とあわせて追求していくブログです。」

http://blog.livedoor.jp/kouichi31717/archives/11284491.html

 

以前は別のページにUPされていたが、現在(2014.08.14)、「右翼的潮流の形成とたたかいの視点=現代労働組合研究会のHPから(作業中)◆◆右翼的潮流の形成とたたかいリンク集」(2014.08.14)として以下のように再整理してUPしてある。

  http://blog.livedoor.jp/kouichi31717/archives/2014-08-14.html

 



  
 ◆◆現代労働組合研究会から

 

現代労働組合研究会のHPが、日本の労働運動の右翼的潮流の形成、右翼的潮流とのたたかいでは、さまざまの論文、資料を掲載している。この財産をここでは紹介したい。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

◆「芹沢寿良のページ」

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/serizawa/syakaikagaku.htm

◆「インフォーマル組織の過去・未来」

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/informal.htm

は、右翼的潮流がどのように形成されたのか、たたかいの視点など貴重な論文と資料が掲載されている。

 

編集子としては拡散され、ありがたいのだが、「右翼的潮流とのたたかい」というネーミングには、同意できない。

「右翼的」の反語は「左翼的」となるが、左翼の側からインフォーマル組織の分析を追究したのではなく、1970年代を中心にした「企業社会」=会社の労働者統合・ビヘイビアの一環として、このインフォーマル組織を利用して、労働組合を乗っ取り、労働者の競争を組織し民主主義的・良心的労働者を差別した事実(はたまた法人経営を乗っ取り、ちんまり経営陣に納まっている人々)を連載したものである(下山房雄さんの「1965年説」を基軸にした分析はもちろん参考にした。『現代世界と労働運動――日本とフランス』、御茶の水書房,1997年1月刊)。

 1970年代には、大月書店などの出版物に『右翼的潮流』克服とうたわれたものがあったが、なにか自分たちだけはわかっていて、「前衛的」と主観的にとらえ、職場の組合員のこころをつかめず、会社側・当局側の孤立化戦略に巻き込まれた編集物だな、と思っていた。

 

 また高度成長経済から低成長社会、バブル社会が進展し、「日本的経営賛歌が跋扈したビジネス社会」、「自己実現の理論を教えられ、富士政治大学などで訓練され、左翼的人生への優位性に浸った人々」、昇進昇格的人生の担い手として競争社会を生き抜いた多くの「団塊の世代」の心情は、政治的信条でははかり知れない「心の闇」があった。その心をつかんだのが「インフォーマル組織」だ。

 



 ふりかえって今崎暁巳さんが1977年に書いた『三菱帝国の神話――巨大企業の現場・労働者群』(今崎暁巳著、19772月、労働旬報社)(PDF復刻版)を今回読み直したが、「三菱帝国の支配のアミ――ピラミッド支配を支える考え方・組織とその実践」と「新労」について書かれているが、「右翼的」などと概念規定はしていない。

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/imazaki/index.htm

 

 五十嵐仁さんの「労働組合は働く人々の経済的利益の実現と擁護をめざす大衆団体であって革命組織ではない。したがって、資本主義に敵対するものではなく、その正常な機能を維持するために必要なものである。しかし、日本の労働組合の多くは、会社に癒着したり、過度に協調しすぎるため、このような機能を果たせなくなっている」(今日の政治社会情勢の激変と労働組合運動の課題、基礎経済科学研究所の『経済科学通信』2014年5月号(No.134))という視点に共鳴する。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/igarashi/ronkou.htm

 

右翼的潮流という用語から、インフォーマル組織と変化したながれについては、「▽三宅明正「インフォーマル・グループ小史̶横船「二八会」史料から̶」(『市史研究よこはま』第14 号、2002 年)に詳しく説明されている(「インフォーマル組織の過去・未来」のページ)。

 労働組合運動を思想潮流でとらえ分析する方法論については自由だが、身も知らずの編集子に押し付けることだけはやめてほしい。

 

編集子は、さまざまな産業・地域で、「労働組合と企業社会の劣化をすすめたインフォーマル組織!」から脱皮し、「産業・企業内での労使対等原則を確立し、企業社会の民主的改革と日本国憲法が打ち出した基本的人権を実現し、地域社会の福祉の増進、さまざまな社会的排除をゆるさない社会的運動(ワーカーズコープ、ワーカーズ・コレクティブ、NPOなどと協同する)の担い手に育つ」ということを願っている。

 

 ▽追記 今日(2014.12.10)下記のページを読みましたら、以下のような断り書きが入っていました。

 

憲法とたたかいのブログ

 

 http://blog.livedoor.jp/kouichi31717/archives/11284491.html

 

  現代労働組合研究会のHPから以下引用

  

現代労働組合研究会のHPが、日本の労働運動にかかわるさまざまの論文、資料を掲載している。以下のアドレスで見てほしい。日本の労働運動を研究する上で欠かせない財産ともいうべきHPとなっている。このなかの2つのページを紹介したい。詳しくは、現代労働組合研究会のHPを見てほしい。当ブログで現代労働組合研究会のHPの恣意的な引用をして紹介したこと、現代労働組合研究会HPの編集者にお詫びしたい。引き続き現代労働組合研究会の財産を紹介させてほしい。

 

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

 

 

 

2014年8月 7日 (木)

「モンドラゴンMCCのページ」が紹介されて困ったこと

 「ファゴール倒産」が日本の協同組合関係者や研究者の中で話題になり、編集子が編集している石塚秀雄さんの「モンドラゴンMCCのページ」を訪れてくれる方が増えている。

  海外からも、韓国、アメリカ、イギリス、フランス、スイスそしてスペインなどから訪問者がいる(Google Analyticsのページでアクセスが表示されるようにしている)。  

 「石塚秀雄のページ―モンドラゴンMCC

  さらに時代は進んで、HPが引用され、以下の論文のように「石塚秀雄のHPに掲示されたPDFファイル」では、という形で論文が登場しており、HPが「出所」となっている。

  ▽2014.07.28 スペイン・モンドラゴン協同組合グループの動向─「FAGORの破綻」の実態と対応─坂内 久〈一般財団法人農村金融研究会主席研究員〉、「農林金融』2014年07月号(第67巻第7号 通巻821号) 要旨――1980年のICAのレイドロウ報告「西暦2000年における協同組合」で,協同組合の成功例として日本の総合農協とともにスペインのモンドラゴン協同組合が紹介され,モンドラゴンは世界的な注目を集めてきた。ところが,13年11月に傘下のFAGORの破綻が報じられ,日本の協同組合関係者間にも驚きをもって伝えられたが,これについて必ずしも正確に伝わっていないようである。   

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/mondoragon.htm

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/140728sakauti.pdf




  このような論文のかたちは、身近では五十嵐仁さんの以下の論文も同じだ。

  第二次安倍内閣がめざす労働の規制緩和、『労働法律旬報』No.1799、2013年9月10日付

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/igarashi/ronkou.htm

 

  

 前者の論文では、アドレスが明示されていないのが、残念だが。

  困ったこととは、私人として「WEB制作・管理」をしているものとしては、健康寿命があるので「半永久的にサイトを生き続けていくこと」は到底、無理な話だ。   

 とくにWEB上では、リンクが外れているものも少なくない。

 出版物や雑誌などは、国会図書館に寄贈され保存されているが、WEB上のものは、されていない。

 昔、協同総合研究所の事務局を手伝っていた時代の発想を、今やっと実現しているものとしては、各研究機関・大学はすべての関係者の論文・論攷を後世の人が読めるように、WEB保存をすすめることを期待したい。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

無料ブログはココログ