« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

イタリア協同組合の源泉を教えられた――『しがらみ社会の人間力』

 私がイタリアのトリノ・ボローニャ調査(当時の大阪よどがわ市民生協主催)に今崎暁巳さん(故人、ドキュメント作家)、二宮厚美さん(現神戸大学名誉教授)、柴田光郎専務理事以下組合員、職員など総勢20名ほどで訪問したのは、1988年秋。

 当時は、日本のいくつかの市民生協(山形の共立社生協〔旧鶴岡生協〕、京都生協など)で、イタリアの協同組合について学ぶことがブームになっていた時期である。

 

 今回、紹介したい本は、『しがらみ社会の人間力――現代イタリアからの提言』(八木宏美 著、新曜社、201110月、四六判304頁、定価:本体2600+税)だ。

  140531ningenryoku

 八木さんの前著・『違和感のイタリア』(2008年刊)は、「イタリア協同組合のページ」で紹介してある。

 イタリアのコミュニティづくり――その伝統・基盤を学

 



 本書のタイトルは、多分、出版社側がベストセラー『老人力』(赤瀬川 原平著)にあやかって、意気込んで付けたのであろう。しかし本書の別な読者としては、『現代版ユートピア“協同組合” ――イタリア紀行』としても、マイナーな人たちに21世紀のエポックとしての本になっているはずだ。

 

 その事実は、「第7章 モラルとリーダーシップ―現代版ユートピア“協同組合”」というテーマで描かれている(柱立ては以下のとおり)。

 

1 戦後イタリア共産党の強さの秘密

2 国家はマラリヤ?

3 戦後共産党はなぜ協同組合を戦略としたのか

4 協同組合はどんな経済システムか

5 『ユートピア』と理想社会の条件

6 伝統的同業者組合と近代協同組合

7 基本的経済システムとしての協同組合の提唱

8 プロセスの社会主義―協同組合

9 社会実験―何が地域事業を成功させるのか

10 民主主義を機能させる条件とは

 

 この章に到達するまでに、“カトリック教会と並んで「二つの教会」と呼ばれるほど絶大な影響力を誇った共産党が戦後のイタリア地域社会で実際に担ってきた役割や、機能する社会に必須のリーダーシップとモラルについて”分析されている。

 別の角度からも、少数の読者には、「第5章 茶の間の共産党と元祖社会主義者キリスト」「第6章 地域リーダーのモラル学校」をお薦めしたい。

 

 さて、社会的協同組合の誕生で再注目されているイタリアの協同組合の源泉は、この共産党の戦後史にかかわって、「カトリック教共産主義派」(グラムシ研究所)を立ち上げ、「共産党学校」で学んだ地域リーダーを地域展開させ、「1947年以降、協同組合は革命を考える共産党の目指すものとは別物であり、センチメンタルな社会主義活動だ」という路線を転換させたことにあるという。

 その後、イタリアの「伝統的同業者組合」などを引き継ぎ、「モラルを徹底した共産党系協同組合」を発展させ、カトリック系協同組合としのぎを削ってきたと報告している。


 著者は、ノーベル賞経済学者のアマルティア・セン教授の言説の生きた例として、「コーオペレーション社会主義」の進展は「自由資本主義が高度に発展している国でこそ、実現できる」と力説している。

 イタリア版里山資本主義のような特筆すべき実例として、「アペニン山脈中央部地域協定プロジェクト」の興味深い社会的実験もレポートしている。

 

皮肉にもスターリンに指示されたトリアッティの政策(p221)―国内宥和政策と多数派戦略や冷戦下、支配層から排除された左翼人が、大学、ジャーナリズム、法曹界、地方自治などの場で影響力を持っていたことなど、グラムシの「文化を支配するものが国を支配する」(p243)という生きた事例も描かれている。

 

イタリアは、「1960年代構造改革論」の祖国として日本に紹介されてきたが、そのことによって左翼系の読者は毛嫌いするが(ただし「団塊の世代まで」だろうが)、イタリア協同組合の源泉・歴史、現代的社会的実験の場として現状を紹介している本書を読んでほしい。

 

  ▽追記(14.06.10

 

  イタリアの社会的協同組合を紹介――菅野正純のページを増補更新

 

  http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1441.html

 

 

 

 

2014年5月26日 (月)

沼田稲次郎――生誕100年への追憶

   2014年5月25日は、くしくも沼田稲次郎先生(元東京都立大学総長、1914年[大正3年]525日生まれ)の生誕100年の日であった。

 労働法学と「人間の尊厳」の実現ををめざす若い読者のために、石井次雄さん(元旬報社社長)に以下の論攷・座談会・鼎談を第一弾として選んでもらい、PDF版で「沼田稲次郎著作目録――人と学問の歩み」にUPしたので、読んでほしい。

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/numata/index.html

 

 また『越中人譚』(発行:チューリップテレビ 文:仁ヶ竹亮介[高岡市立博物館学芸員]、2003年7月10日 )に発表された評伝も、著者の仁ヶ竹亮介さんの了承を得て、「沼田稲次郎先生の略歴および主要著作」に掲載している。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/numata/profile.html

 法学者ではないが、注視する視点と沼田先生の人生を的確に描く筆力に敬服する。

  「著作目録のページ」へ(自著・共編著・論文等)

   1950年 論文「ピケット権の法理(1)」(『労働法律旬報』第29号)

   1973年 講演「社会保障研究会と社会保障の思想」(『賃金と社会保障』第625号)

  1985年 論文「人間と国家――モスクワからアテネへの旅のノート」(『労働法律旬報』第1115号)

  (座談会・鼎談・対談等)

  1957年 座談会「労働運動の回顧と展望――1956年~57年」(藤田若雄・太田薫・野々山一三『労働法律旬報』第259号)

  1976年 座談会「戦後権利闘争と労働法学の課題――労働法学はいかにあるべきか」(片岡曻・横井芳弘・本多淳亮・中山和久・籾井常喜『労働法律旬報』第900号) 
 1984年 対談「地域に根づく医療を求めて」(若月俊一『賃金と社会保障』第899号)
 
 1989年 鼎談「いま改めて人間の尊厳を」(藤田勇・渡辺治『労働法律旬報』第1207号)

 

 ▽追記

 ブログ:沼田稲次郎著作目録――人と学問の歩み

 ホームページ:「沼田稲次郎著作目録――人と学問の歩み」のページ

   ▽2014.07.24 「沼田稲次郎のページ」を更新

   生存権の性格について――社会保障闘争によせて、沼田稲次郎、労働法律旬報、第499号、196395

  四・一七ストと統制問題――労働組合と組織統制・統一と団結と組合民主主義・政党と労働組合、(座談会))野村平爾、沼田稲次郎、矢加部勝美、横井芳弘、東城守一、青木宗也、労働法律旬報、通号 530号、19640715

 

 

2014年5月16日 (金)

非営利・協同の10年――「関東の3悪人」

   

  ▽追記(2015.09.17

 

   スマホ向け「富澤賢治のページ」

 

   http://e-kyodo.sakura.ne.jp/tomizawa/sp/smartphone.html

 

 

  ▽追記(2015.08.17

   戦後70年と私! 戦争しない社会をつくる――富澤賢治さんの思い

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/70-ce30.html

 



  富沢賢治さん(一橋大学名誉教授・聖学院大学名誉教授)が、研究者としてはめずらしい自己への批判に応える文章を発表した。

 テーマは表題のように「非営利・協同の10年」(いのちとくらし46号)を振りかえって、以下のような柱立てで、論理を展開している。

 

「非営利・協同の10年」、富沢賢治、『いのちとくらし研究所報』46号、20143

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/tomizawa/tomizawa-index.htm

 

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/tomizawa/tomizawa-ronkou1.htm

 

 

 HPを制作・管理している編集子としては、一人でも多く読者が増えてほしく、ここに紹介する。

 

まえがき

Ⅰ 非営利・協同運動に対する国際的評価の高まり

 1 国連の動向

 2 新しい社会観の提示

 3 国際協同組合年

 4 社会的連帯経済推進委員会

Ⅱ 国際協同組合年にかかわる非営利・協同の進展

 1 2012国際協同組合年全国実行委員会を中心とする活動

 2 政府の対応

 3 国際協同組合年記念全国協議会

Ⅲ 理論面での進展

 1 非営利・協同論に対する評価の変化

 2 どのような社会を、どのようにつくるか

 3 社会主義・共産主義の社会

  (1)日本共産党の綱領

  (2)生産手段の社会化

  (3)労働の社会化

Ⅳ 事例としての労働者協同組合

 1 古典の中の事例

 2 労働者協同組合の増加

 3 日本労働者協同組合の歴史

 4 日本労働者協同組合の現状

 5 日本社会連帯機構

 6 労働者協同組合運動の到達点

 

 上記論文で「実践面で最初に批判の対象とされたのは、全日本自由労働組合(全日自労)の委員長であった中西五洲氏である」と書いている。

 

 また“労働者協同組合運動を理論面で支援する研究者たちも厳しく批判された(黒川俊雄氏、角瀬保雄氏、富沢賢治は「関東の3悪人」と称された)。” 

 “批判の対象とされた「関東の3悪人」の主要著作としては、黒川俊雄『いまなぜ労働者協同組合なのか』(大月書店、1993年)、富沢賢治『非営利・協同入門』(同時代牡、1999年)、角瀬保雄『非営利・協同と民主的経営論』(同時代牡、2000年)がある。”

 

 WEB上に批判している方の文書がUPされているので、ここに紹介したい。ちょっと古いが、なぜ「左翼」から批判されたのか、その一端が表現されている。

 判断は、読み手に任せたい。

 

 非営利ではなく反営利を,協同ではなく統一を――富沢賢治「非営利・協同入門」批判、鈴木 頌[老人保健施設「はるにれ」施設長、北海道アジア・アフリカ・ラテンアメリカ人民連帯委員会(北海道AALA)副理事長、掲載日(20010518日)]

 http://www10.plala.or.jp/shosuzki/nonprofit/preface.html


 

法政大学経営学部・角瀬保雄教授(当時)への論争については次のように書いている。

 

“これらの非営利・協同賛同派の見解に対して批判の最先鋒に立ったのは、有田光雄氏(『非営利組織と民主経営論』かもがわ出版、2000年)であった。

 

 角瀬氏と有田氏の見解を比較検討した論稿としては、田口朝光氏(当時、高知県医労連書記長)の「非営利・協同論と労働組合」200511がある。“

 

 このブログで紹介してきた慶應義塾大学・黒川俊雄教授(当時)批判では、以下の文章もある。

 

  ▽労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)は、あって当然だ

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d7d1.html

 

  ▽参考  (2014.11.18

   中西五洲さんの思い出

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-7b80.html

 

    続・中西五洲さんの思い出

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-2462.html

 

   ▽以下の論文もUPしています。

 

   http://e-kyodo.sakura.ne.jp/tomizawa/tomizawa-ronkou1.htm

 

   「協同労働というコンセプト――その国際的・歴史的普遍性」『協同の発見』252号、201310月、pp.5-15.

 

  「ワーカーズ協同組合運動の歴史的到達点」『生活協同組合研究』448号、20135月、pp.512

 

 

2014年5月 4日 (日)

メルヘン街道ドライブの旅、その前に的埜さん宅訪問

 北八ヶ岳を横断するメルヘン街道――「蓼科高原(茅野市)から佐久穂町を結ぶ全長38kmの山岳コース」――を偶然、ドライブしてきた(201452日)。

 

この街道は途中標高2127mの麦草峠を越えて走る国道のドライブコースで、小海町から走った。行きかう車が少なかったが、ツーリングの青年たちがいた。

街道中にはまだ雪が残っており、冬期の積雪期は閉鎖され、424日(木)まで閉鎖が行われていたようだ。

南八ヶ岳の山々にも、多くの残雪があり、途中の日向木場展望台から撮った写真を以下にUPしておく。山好きの人にはたまらない山々だろう。


  140503minamiyatugatake1_1

 

  140503minamiyatugatake2_2_2



 一緒に行った人は、柴田光郎さん(吹田市・元大阪よどがわ市民生協専務理事)。20年ほど前に娘さん夫婦が小海町に入植し、「百姓生活」を送っていることは聞いていたので、念願かなって初見学に行ってきた。

 

 小海の町から20分ほど上った「中山間地」にご夫婦の家があり、さらに上ったところに、シカとイノシシから作物をまもる鉄柵に囲まれた農地があった。


  140503matono1_1

  140503matono2_2

  140503matono3_1

 

 

 この農地で有機農業にする努力は並大抵ではなく、数年かかった、と柴田さんは言う。今ではホーレン草などをメインに作物を育て、自宅前の農地でトマトや葉物野菜を育てている(のちに調べたらチンゲンサイ、カリフラワー、春菊、トマト、丸ナス、甘ナンバン、レタスなどを有機農法で生産)。

 

 

 夜、養蚕をやっただろう建物を改築した室内でおいしいお酒と「ふきのとう、タラの芽」などのてんぷらをいただいた。

 

 今は働き盛りになった若夫婦(的埜大介・美香子さん・40代)は、なりそめが九州の宮崎で、ご主人は東京の八王子市、娘さんは吹田市。


 『定年帰農』(現代農業 19982月増刊号)なども読んでいて、自らの「百姓アイデンティティ」を育てながら「有機農業」に力を入れている。

新しい入植者(ターン)――都会出身者が地方に移り、定住する ことを「Iターン」という――と「有機農業の会」をつくり学びあっているとのこと。

 

 夜遅くまで、ここに居ついたよさ、村生活のこと、子どもさんのこと、冬場には薪を生産していること、出荷先の変遷など、久しぶりに「生産者の地場に根ざした暮らしぶり」を聞かせていただいた。


 さらに、的埜美香子さんは共産党の町議になってがんばっている。

「昨年、2期目の当選した」と2014年4月17日に「産直OB会」(大阪)でお会いした佐久市の六川さん(80代・りんご生産者)が話してくれた。これもたいへん。

 

 こちらは、WEBをつかった情報発信から柴田光郎さんたちが行った「1980年代イタリア調査の持っている意味」、「社会主義は、まだ地上には生まれていない」などとオダをあげさせてもらって帰ってきた。

  ▽追記(14.05.31)

   イタリアのコミュニティづくり――その伝統・基盤を学

 

 

   イタリア協同組合の源泉を教えられた

 

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-f2d3.html

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

無料ブログはココログ