« アリスメンディアリエタ(モンドラゴン)を知っていますか――石塚秀雄のページ更新 | トップページ | 18歳からの労働組合運動入門――芹澤寿良のページ大幅増補 »

2013年7月 3日 (水)

NHK「クローズアップ現代」の深谷だんらん・モンドラゴンの原作はこのサイトで

  やっと追いついたので書くが、NHKクローズアップ現代――「201327日(木)放送、働くみんなが“経営者”~雇用難の社会を変えられるか~出演者富沢賢治 さん (一橋大学名誉教授)」――を多くの人が観ている。
 
NHKのHPでは、視聴率 11.4%(株式会社ビデオリサーチ)と告知している。その多くの人たちは、自己の生き方と社会の未来の希望を持って生きたいと願っている。

 

 

 NHKの番組宣伝文章は、以下の通り。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3307.html

 

「雇う」「雇われる」の関係ではなく、働くみんなが“経営者”として、全員が納得いくまで経営方針を話し合い、自分たちの給料も決める。こうした「協同労働」という働き方が注目されている。

埼玉県深谷市では、主婦10人が「協同労働」で豆腐屋を設立。配食、介護など次々に事業を拡大し年商3億7千万円を達成、地域経済の大きな柱になっている。

スペインでは、8万3000人を有する巨大な協同労働組織「モンドラゴン」が、経済危機の真っ直中でも急成長を続けおよそ2千人近くの雇用を創出。家電製造、銀行、流通など280種類以上もの業種を経営している。さらに最近では、一般企業の就職から押し出された若者たちが数多く協同労働に従事し、これまで得られなかった労働意欲や“やりがい”、将来の希望を手にしているという。協同労働とは、いったいどんな働き方なのか?閉塞した時代を切り拓く新たな手がかりとなるのか?その可能性を探る。

 

今日、「現代と協同」研究会のサイト内:「石塚秀雄のページ」で「モンドラゴンMCC」をオープンできたので、ここに書きとめたい。

石塚さんこそ「レイドロー報告」に引き続き「神父アリスメンディアリエタ」「モンドラゴンMCC」を、日本に紹介してきた第一人者だ。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/mondoragon.htm

 

編集子は、日本に「ワーカーズ協同組合」を実現したいと「深谷だんらん」の冊子を編集・制作をしてきた。これも全ページを「菅野正純のページ」に収録してある。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kanno/index.htm

 

インターネットだから、両者を読めて、観られる時代になった。

 

▽現代労働組合研究会のHP

 

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

« アリスメンディアリエタ(モンドラゴン)を知っていますか――石塚秀雄のページ更新 | トップページ | 18歳からの労働組合運動入門――芹澤寿良のページ大幅増補 »

「現代と協同」研究会」カテゴリの記事

トラックバック

« アリスメンディアリエタ(モンドラゴン)を知っていますか――石塚秀雄のページ更新 | トップページ | 18歳からの労働組合運動入門――芹澤寿良のページ大幅増補 »

無料ブログはココログ