« 労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)は、あって当然だ | トップページ | 「菅野正純のページ」の大幅増補更新 »

2013年3月 6日 (水)

柴野徹夫さんがyoutubeで命の呼びかけ5本

 このブログで、毎日のように「柴野徹夫」という検索で、ROM(読むだけで普段書き込まない)に入ってくる方たちがいる。“知りたい欲求”の持ち主だと思う。

そこでこちらも検索してみたら、なんとyoutubeに下記のように、5本の講演や座談会がある。

ぜひ、観てください。

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第一部:問題提起

公開日: 2012/12/03

とにかく見て下さい。

広めて下さい。

うねりを起こしましょう。

 

http://www.youtube.com/watch?v=MSBcBHYSkfY

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第二部:核心へ・・・

http://www.youtube.com/watch?v=L4pC5ufQmFs

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第三部:結び

http://www.youtube.com/watch?v=iz7G1uTARqc

 

「沖縄と福島、そして憲法」 この国はどこへ向かうのか

公開日: 2012/11/25

 

場所:カフェチェロ

主催:K9MP 憲法9条メッセージプロジェクト

ゲスト:金城実

 

75歳「これが最後」のしゃべり場

原発の内実を知るため

30年前、命がけで関係者を取材

被曝が日常の原発労働者、

たび重なる事故隠し

告発したことが現実になってしまった。

進行性の難病「多発性筋炎」に邪魔されながら這いつくばって絞り出す

75歳のおじいの、最後の訴えです。

最後の覚悟で「しゃべり場」をします。

 

(柴野徹夫さんプロフィール)

新聞記者を経て、フリージャーナリストへ転換。原発労働者として原発内に潜入、内部被­曝の実態を明らかにし、住民としても、原発が故郷を荒廃させる「原発風景」を描き、1­981年度日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞。30年後の今、内部被曝の影響の疑いかと­医師が言う胃がん、筋肉の難病に罹りながら、憲法9条メッセージプロジェクト編集統括­。民主主義と平和のために全力疾走。

http://www.youtube.com/watch?v=WCiX-knFPI0

 

2011_7_18 福島に住むということ

アップロード日: 2011/11/03

 

718日に行われた柴野徹夫さんの講演会で、福島市内に住むKさんは、毎年農作物を­作るのが楽しみの親に、今年は作るなと言えない、でもそれが収穫されたとき誰が食べる­のだろう、私は親の喜ぶ顔が見たいから食べると思う、と涙で声を詰まらせながら語った­。これが福島に住む人の悩みだ、と柴野さんは言う。柴野さんは新聞記者であり、原発で­自ら働いた経験を持つ。

http://www.youtube.com/watch?v=zNVGA2NJ_RI

 

« 労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)は、あって当然だ | トップページ | 「菅野正純のページ」の大幅増補更新 »

ジャーナリスト・柴野徹夫さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴野徹夫さんがyoutubeで命の呼びかけ5本:

« 労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)は、あって当然だ | トップページ | 「菅野正純のページ」の大幅増補更新 »

無料ブログはココログ