« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月19日 (火)

現代労働組合組織論を追求する浅見和彦さん――現代労働組合研究会のHP・ⅩⅥ

   

 ▽追記(2018.01.25)「浅見和彦のページ」をリニューアルした。

 

 TOPページ

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/index.htm

 

 新しい労働組合運動の構図

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/atarashii-union.htm

 

 イギリス運輸・一般労働組合

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/unyuippan.htm

 

 建設産業における労働組合

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/index.htm#kenseturoudou 

 

 主な単行本(共著など)

 

 

 

 

 

 

  ▽追記(2015.11.07)スマホ向けHP入り口を作成。

 

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/sp/asami-smartphone.html

 

   ▽追記(2015.10.31

 「浅見和彦のページ」を若干、柱建てを作成して見栄えを変えた。

     http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/index.htm

 Ⅰ 最近の仕事―論攷など。
 1 「建設政策」建設政策研究所 
 ▽15/10/25
  記念講演 浅見和彦理事長(専修大学教授) 建設労働組合運動の歴史的な到達点と展望をめぐって : 『首都圏建設労働組合の未来に向けて』の提言、浅見 和彦、25周年記念行事、「建設政策」、建設政策研究所 編、東京 : 建設政策研究所, 159号、2015年1月。
  建設産業情勢の大きな変化と団体交渉機構・労働協約確立への展望、浅見 和彦.、「建設政策」、 建設政策研究所 編、建設政策研究所、154号、2014年3月。
 ◆建設政策研究所
 
http://homepage2.nifty.com/kenseiken/
 2 新しい労働組合運動の構図
  ▽13/03/19 
 「日本の労働組合運動の新しい構図」 
  ――『経済科学通信』(2012年8月号、No.129)  (PDFファイルです)
  ▽14/05/05   更新(PDFファイル)
 日本の労働組合運動はどのように再生しつつあるのか――浅見和彦、季論21、2011年夏号
Ⅱ 労働組合運動の組織論に関する論攷など。
 1 戦後日本の労働組合の組織化戦略と活動――その経過と論点
  ▽13/06/25   (PDFファイル)
 浅見和彦、専修経済学論集、42―3、発行日 2008年 03月、A5判35p 
  ▽13/03/29
 2 建設労働者・就業者の組織的結集過程と労働組合機能の発展―戦後の諸段階と展望  (PDF版)
   ■全建総連50周年記念事業公募論文 入賞論文などを掲載(2010/11/11)
   
http://www.zenkensoren.org/news/15news/news239.html
Ⅲ 復刻―日本の労働組合運動の再建のために
 ▽15/10/25
  戦後日本の組合組織化運動とその論点――ローカルユニオンの歴史的な文脈、浅見和彦、月刊全労連、2007年10月号
  労働協約を軸に産業再生の構想を――労働組合の課題、浅見和彦、建設政策、NPO建設政策研究所、1999年10月
  労働組合組織論のスケッチと提言――運輸・建設部門労組の組織合同を機に、浅見和彦、賃金と社会保障、1183号、1996年8月上旬号
Ⅳ 運輸・一般労組(TGWU)の運動とその歴史(未UP)
  ▽運輸・一般労組(TGWU)の運動とその歴史(論文)
 「運輸・一般労組(TGWU)の組合改革・再論――その思想と組織論の含意」(専修経済学論集 39[1]、 1―65、 2004―07)  
 「運輸・一般労働者組合(TGWU)の組織改革――1960年代後半以降の展開とその歴史的性格」(専修経済学論集 27[1]、 p91-132、 1992―10)
 「運輸・一般労働者組合の源流と成立――合同過程と組織論を中心に―下― 」(労働組合組織論の再検討―続―<特集> 大原社会問題研究所雑誌 (348)、 p18―33、 1987―11)
 「運輸・一般労働者組合の源流と成立――合同過程と組織論を中心に―上― 」(労働組合組織論の再検討<特集>、大原社会問題研究所雑誌(347)、 p22―41、 1987―10)

 

  河添誠さんのTwitterで以下のような短文がツイートされたので、前々から相談したいと思っていた浅見和彦さん(専修大学教授)の論攷・「日本の労働組合運動の新しい構図」(基礎経済科学研究所(京都)の『経済科学通信』(2012年8月号、No.129)を「現代労働組合研究会のHP」にUPさせていただいた。

 

 浅見和彦のページ

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/asamikazuhiko/index.htm

 現代労働組合研究会のHP

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

 

 



  河添 誠さんのTwitter @kawazoemakoto 
(首都圏青年ユニオン青年非正規労働センター事務局長。非正規労働者・低い労働条件の正社員と失業者の生活支援・権利拡充のために活動中。反貧困たすけあいネットワーク、反貧困ネットワーク、レイバーネット日本の活動なども。)

 

 22 河添 誠 @kawazoemakoto

 個人加盟ユニオンも職場の労組も、いずれも現在の日本の労働運動にとって重要なのは明らか。それだけのことなのに、個人加盟ユニオンの意義をわざわざ低めよう低めようと議論するのか、意図が不明。さらに、そうした主張が労働組合の連合体の機関誌などに掲載されるにいたっては失笑するしかない。

 

 何を言われようが、全国の個人加盟ユニオンは、日々、労働相談を受けて個別に組織化をおこない、団体交渉で労働者の権利を実現していくだろう。労働審判にもかけられない、わずかな金額の賃金未払いなどについても解決していくだろう。権利主張をあきらめないためには必要な運動だからだ。

 

 

  ▽『現代労働組合組織論』(中林賢二郎著、1979年刊)の今日的意味(13.09.26追加)

  http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/1979-1533.html 

 

 

 

 

2013年3月 8日 (金)

国会図書館の電子図書館化とその活用は!

 以下の文章は、私が長年、校正者としてお世話になった、先輩に出した文章だが、一般的にも伝えておきたい体験なので、UPしたい。

問題関心は、インターネット上に情報としてしかUPされていない、社会・労働問題、労働法などの先駆的研究や記録・ドキュメントを、国会図書館はどこまで「電子図書館化」しているのか、事実を確かめたい思いがある。

 

出版社側には、デジタルデータを活用する権利(出版権+デジタルデータの頒布権)があるのではないだろうか。

 

著作権が外れた「青空文庫」は貴重なケースだが、少部数で一般の図書館には置かれていない「社会科学・人文科学」、そのなかでもマイナーな「社会・労働関係の出版物・雑誌類」は、まったく貴重なデータが、「国会図書館の電子図書館化」のなかで埋もれていってはならない。

国民が自由にアクセスできることと、出版社の活用の方法も見えてくるのではないか。

 

先日、国会図書館に出向き、登録申請をして複写サービスを受けてきました。

 最初は新館に出向き、内部は、パソコンが100台ぐらい並んで、女性の案内係りも配置され、親切に教えてもらいました。

「労働法律旬報」や「賃金と社会保障」は、「デジタル図書」になっていて、ダイレクトに複写サービスが受けられました。

慶應義塾大学の「三田学会誌」や一橋大学の「経済研究は「実物が出てきて」、PCから申し込んだリストを打ち出して、コピーを受けとることができました。

 

2回目は、本館から入りましたが(ここも100台ほどのPCがあった)、分かったようで操作がわからなく、やっぱり女性のお世話になりましたが、15点ほどのコピーを取りました。

 

「国会図書館の電子図書館化」の事実はかなり進んでいます。

単行本も相当進んでいるようです。

 

Googleがアメリカにある日本文献の電子図書化をすすめていますが、日本の出版社側の理解が相当、遅れているのではないか、と思ったしだい。

 

「国会図書館の電子図書館化」の事実の一例は、まだ申し込んでいませんが、自宅からコピーサービスが受けられます。スゴイですよ。

 

追記 国会図書館、書籍電子配信の取り組み

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/15/news020.html

 

 

「菅野正純のページ」の大幅増補更新

 先日、協同総合研究所のメーリングで「情報提供と資料をよせていただきたい」と個人的に呼びかけさせたいだいた。

即座に、岩垂弘さん(平和・協同ジャーナリスト基金代表運営委員/元朝日新聞編集委員)や田嶋康利さん(労協センター事業団)から『協同の發見』などをお送りいただき、その前に松沢常夫さん(日本労協新聞編集長)からも池上惇先生の追悼文のデータをいただいた。

 御礼、申し上げます。

 なかには、菅野さんが亡くなったあと(20083月)に、新刊の共著が出版されていたこともわかった。

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kanno/index.htm

 

 

中央大学経済学部創立100周年記念、『21世紀の人間と経済』 第10章 働くということ――人間らしい協同労働を通じて、良い仕事を実現する、 菅野 正純(20083月)

事業団・労働者協同組合について、菅野 正純、19900623、於 労働運動研究会 

追悼文:永戸祐三/中田宗一郎/追悼文を寄せていただいた方々:PDF版(『協同の發見』、協同総合研究所、200823月号)

菅野正純:「協同労働」は21世紀に何をひらくか――日本労協連20周年に考える

永戸祐三:21世紀の労働者協同組合と新しい福祉社会の創造 (『21世紀への序曲』、日本労協連・シーアンドシー出版、19999月)

菅野正純:〈仲間・暮らし・コミュニティ〉をつくる協同へ

永戸祐三:高齢協運動の歴史任務と自立的発展の道をさぐる(『これからの高齢協運動を考える』、日本高齢者生協連、20036月)

菅野正純:新しい公共をひらく深谷・だんらん

永戸祐三:今日よりも明日へ、地域社会をつくる拠点――協同労働、地域福祉事業所とは(『深谷だんらんグループ――地域福祉事業所』、日本労協連・シーアンドシー出版、20053

追悼文:労働者協同組合の理論の推進(池上惇・京都大学名誉教授)

 



 追記

 上記HPには、永戸祐三さん(現日本労協連理事長)の原稿もいっしょにUPした。ご両者は「同志」だ。お2人は別の角度からをテーマに切り込んでいるが、いっしょに読むことによって、読者にとっては内容が深まり広がると思った、編集子の考えからだ。 

2013年3月 6日 (水)

柴野徹夫さんがyoutubeで命の呼びかけ5本

 このブログで、毎日のように「柴野徹夫」という検索で、ROM(読むだけで普段書き込まない)に入ってくる方たちがいる。“知りたい欲求”の持ち主だと思う。

そこでこちらも検索してみたら、なんとyoutubeに下記のように、5本の講演や座談会がある。

ぜひ、観てください。

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第一部:問題提起

公開日: 2012/12/03

とにかく見て下さい。

広めて下さい。

うねりを起こしましょう。

 

http://www.youtube.com/watch?v=MSBcBHYSkfY

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第二部:核心へ・・・

http://www.youtube.com/watch?v=L4pC5ufQmFs

 

柴野徹夫 【命懸けの真実の叫び】 第三部:結び

http://www.youtube.com/watch?v=iz7G1uTARqc

 

「沖縄と福島、そして憲法」 この国はどこへ向かうのか

公開日: 2012/11/25

 

場所:カフェチェロ

主催:K9MP 憲法9条メッセージプロジェクト

ゲスト:金城実

 

75歳「これが最後」のしゃべり場

原発の内実を知るため

30年前、命がけで関係者を取材

被曝が日常の原発労働者、

たび重なる事故隠し

告発したことが現実になってしまった。

進行性の難病「多発性筋炎」に邪魔されながら這いつくばって絞り出す

75歳のおじいの、最後の訴えです。

最後の覚悟で「しゃべり場」をします。

 

(柴野徹夫さんプロフィール)

新聞記者を経て、フリージャーナリストへ転換。原発労働者として原発内に潜入、内部被­曝の実態を明らかにし、住民としても、原発が故郷を荒廃させる「原発風景」を描き、1­981年度日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞。30年後の今、内部被曝の影響の疑いかと­医師が言う胃がん、筋肉の難病に罹りながら、憲法9条メッセージプロジェクト編集統括­。民主主義と平和のために全力疾走。

http://www.youtube.com/watch?v=WCiX-knFPI0

 

2011_7_18 福島に住むということ

アップロード日: 2011/11/03

 

718日に行われた柴野徹夫さんの講演会で、福島市内に住むKさんは、毎年農作物を­作るのが楽しみの親に、今年は作るなと言えない、でもそれが収穫されたとき誰が食べる­のだろう、私は親の喜ぶ顔が見たいから食べると思う、と涙で声を詰まらせながら語った­。これが福島に住む人の悩みだ、と柴野さんは言う。柴野さんは新聞記者であり、原発で­自ら働いた経験を持つ。

http://www.youtube.com/watch?v=zNVGA2NJ_RI

 

2013年3月 4日 (月)

労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)は、あって当然だ

 世の中にいろいろあるので、私が提案していることを拒否する人もいると思う。

 

その中で、この25年間のなかで私が係った大きなテーマが、「労働者協同組合」というネーミングと事業運動だ。 

  

そこで、別の角度から考えてもらうために「労働者協同組合論を批判した人――労働者協同組合とはなにか、「労働運動」、新日本出版社、351号、19949月。」というテーマでわがWEBで紹介した。

 

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/120225roudoukumiaiundousi.htm

  

昨年から制作してきた「黒川俊雄のページ」「富沢賢治のページ」「中川雄一郎のページ」「菅野正純のページ」も“考える根拠”として若い人にぜひ読んでいただきたい。

まだまだ共鳴する方と批判する方もいるので紹介したい、と思う。

 

▽追記 以下にHPに掲載した文章をここにUPしておく。 (14.05.26)

 

本サイトの「黒川俊雄のページ」に以下のように、3本の労働者協同組合の理論的文献をUPした。

 

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kurokawa/kurokawa-index.htm

 

 労働組合運動と労働者協同組合、黒川 俊雄、三田学会雑誌、慶応義塾経済学会、慶應義塾大学出版会、78(6) 198602
 今、なぜ労働者協同組合か――今日の労働組合運動と労働者協同組合、黒川 俊雄、労働旬報社、賃金と社会保障、934号、198603
25
 協同同組合運動の現代的課題と意義、 黒川 俊雄、桜美林エコノミックス、桜美林大学経済学部、27号、1991
12

 黒川先生には、『いまなぜ労働者協同組合なのか』(大月書店、46判、1993年4月刊)という出版物がある。これは『仕事の発見』(第一期、中高年雇用・福祉事業団全国協議会刊〔現日本労協連〕)に連載したものをまとめたものだ。

 問題関心・内容について、上記単行本と論文を読んでほしい。

 このような論理志向・思潮に「今日の労働組合運動と協同組合運動の一部に、〔中略〕有害な影響をひきおこしつつある理論と思想の内容、その誤りの要点」について、「ある著名な経済学者の最近の著作の議論から、検討したい」と、猛然と批判した人がいる。

 その人は、私が1990年代初頭に大阪の小さな生協の生活文化情報誌(月刊誌『PROSUME』)で、産直などの取材で出会った「紀ノ川農協」の関係者で、以前、『労働・農民運動』誌の編集長をになった人だ。  
 毎年、大阪でよどがわ市民生協と日本全国の産直交流をすすめていた西日本有数の産直農協(協同組合の一員)の関係者が、なぜ今頃、批判論文を書いたのか意味が分からなかった。

 ただし私には“既視感”がよみがえった。それは、大昔の「1960年代の構造改革論」とそれを批判する政党側の批判と共通するものがあった。  
 またつぶしにかかっているのかという、感想を持ったが、歴史はどのように判断しているのか。

 その後、その政党関係者Aさんにお会いしたとき、評価をたずねたが「綱領に入っていない」という返事をいただいた。Aさんはイタリアの労働組合や協同組合の実際をつぶさに見てきた人で大変くわしい人だが、政治の世界は、そういうものかと、あまりこちらから関係を持つものではないな、と一人判断をしたことを記憶する。



    

   

   ▽追記(14.06.09

 

   イタリア協同組合の源泉を教えられた 

   非営利・協同の10年――「関東の3悪人」

労働者協同組合論の論攷をホームページにUP――黒川俊雄のページ更新

  先日、何十年かぶりに国会図書館に行ってきた。インターネット上で調べてみると、WEBから書類の複写依頼ができるようだが、とにかく物見遊山気分で訪問した。

 http://www.ndl.go.jp/index.html

 新しい登録者は「東京新館」の入口が指定され、入口には案内の女性が親切に教えてくれた。インターネットから「登録申請書」をダウンロードして書き込んでいたので、受付へ。

 

 ものの5分ほどで「登録利用者カード」が発券されて、図書館フロアー入口に(その前にカバンなどは、ロッカーへ)。

  

 入ると広いフロアーにパソコンが100台ほどあり、その奥にインフォメーションがあったので、「初めてなんですが」と声をかけるとPCに座るように言われたらすぐにインストラクターの女性が登場。

  こちらは、インターネットの「CiNii」(国立情報学研究所 ・NII)から国会図書館WEBに入り、複写したい論文を検索して持っていったので、画面上ですいすい教えていただき、「複写サービス」が依頼できた。

  http://ci.nii.ac.jp/

 

 複写サービスは、WEB検索項目の「所蔵場所」に書かれた「デジタルサービス」か「東京:新館書庫」で申し込みが少し違ったが、前者はすぐにコピーサービスへ、後者は実物を出されてそこに付箋(細長い紙)をはさんで複写申込書をプリントアウトして、複写サービスのカウンターへ。

 

  その成果が以下の黒川俊雄先生の論文だ。

 この3本の論文の1本は、私の昔の仕事であったが、紀要(大学・研究所・博物館などの研究機関が発行する研究論文・報告等を掲載 した定期刊行物)の方は未読だった(紀要をよく目を通す人は、大学の研究者か同学の士)。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kurokawa/kurokawa-index.htm

 

 今読み返してみると、1980年代後半から1990年代初頭の労働組合運動の状況や労働者協同組合研究の勃興期の雰囲気が醸し出されている。

 

労働組合運動と労働者協同組合、黒川 俊雄、三田学会雑誌、慶応義塾経済学会、慶應義塾大学出版会、78(6) 198602

今、なぜ労働者協同組合か――今日の労働組合運動と労働者協同組合、黒川 俊雄、労働旬報社、賃金と社会保障、934号、19860325

協同組合運動の現代的課題と意義、 黒川 俊雄、桜美林エコノミックス、桜美林大学経済学部、27号、199112

  

 

 「黒川俊雄のページ」については、内容が少しずつ増えてきているので「増ページ更新」した。

内容的には、「黒川俊雄さんのこと」「主な論文一覧」「労働運動への提言」「労働者協同組合論」と柱を立てて、新ページを起こした。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kurokawa/kurokawa-ronkou.htm

 

 

 

 

 

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

無料ブログはココログ