« 中川雄一郎さんのHPをオープン | トップページ | 脱原発集会 首相官邸前――五味明憲さんのHPをオープン »

2012年11月28日 (水)

宮城武久さんが塙 保己一賞(第6回)受賞

 『朝日新聞』(埼玉版、20121128日付け)で「平成24年度塙 保己一賞(第6回)の貢献賞の受賞者」に、NPO視覚障がい者支援協会 ひかりの森の理事の<宮城武久(みやぎたけひさ)氏 つばき教育研究所理事長(68歳・埼玉県越谷市)>の名前が発表されていた。

 

おめでとうございます。

 

 埼玉県のHPをみると以下のように紹介されていた。

 

 http://www.pref.saitama.lg.jp/site/hanawa/hanawa24.html

 

 

 

・昭和57年、つばき教育研究所を設立し、視覚障害、知的障害、肢体不自由などの障害のある子供に対し、一人一人の発達に応じた教育を行っている。

 

・長年にわたる教師経験から、障害のある子供の成長を促す独自の学習理論・指導方法を開発し、教員の研修、学校・施設等での講演活動を行っている。

 

 

 

 121128miyagi668

 

 

 

 

 


 このつばき教育研究所には、NPOにするための相談を受け、一度訪問したことがある。東武伊勢崎線の新田駅から車で78分ほどにある一軒家でスタッフは3人ほどいたのではないか。

 

 発達支援の教育内容は、同研究所のHPを見てほしい。

 

 http://www.geocities.jp/soka_tsubaki/

 

 

 

 宮城さんは、ひかりの森がつくられたときから「歩行訓練」の指導を盲導犬と一緒に(いまは2代目)、毎週、木曜日に行っている。歩行訓練の後の講話は、当事者なみならず、ボランティアやスタッフに絶大なる人気がある。

 

 ある人は、宮城さんの講話にひかれて参加している人もいるという。という私も2回ほど聞きに行った。話は、一人ひとりの成長と取り組みを評価し、またはそのどきの話題を歴史的に文学的に話して、「そうか」と聞き手の心をつかむ。

 

 

 

 宮城さんとは、数年前、「ひかりの森・大洗での泊り込み合宿」で夜遅くまで酒を酌み交わたことがある。翌日、早朝に自宅に電話し、家族の方に「ご苦労さん」的な話をしていたのを記憶する。あんなにお酒を飲んだのに、と思った。

 

 お酒は大好きな方で、毎月、第一木曜日に越谷駅近くで飲み会を開催している。ここも人気の場所で、川口や千葉などからも視覚障がい者の当事者・家族の参加者がいて、ワイワイやっている。

 

よく飲み、よく話す。その傍に盲導犬が静かに座っている風景は、一度、見てほしい。

 

 

 

 これからもお元気で! おめでとうございます。

 

 

 

 

 

▽追記:越谷発―宮城武久さんの講演会
2013.12.08

 

 

 

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-667b.html

 

 

 

 

 

▽追記:盲導犬を傷つけないで―ロービジョン友の会アリスなどが呼びかけ

 


http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c2a9.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 中川雄一郎さんのHPをオープン | トップページ | 脱原発集会 首相官邸前――五味明憲さんのHPをオープン »

越谷界隈・異聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城武久さんが塙 保己一賞(第6回)受賞:

« 中川雄一郎さんのHPをオープン | トップページ | 脱原発集会 首相官邸前――五味明憲さんのHPをオープン »

無料ブログはココログ