« 柴野徹夫さん(ジャーナリスト)が「朝日新聞」(夕刊)に登場 | トップページ | どこに消えた『サスコミ』グループ――インフォーマル組織物語Ⅸ »

2012年10月13日 (土)

「目が見えない 見えにくい 弱視の方への 相談支援」のポスター・NPOひかりの森(越谷市)

 ほぼ毎日のように「目が見えにくい方や中途失明の家族・当事者」の相談が増えていますが、「NPO 視覚障がい者支援協会 ひかりの森」では、新しいポスターを作りました。

  Web

 

 

 内容は、以下の通り。

 ポスターを貼らせていただけるところがあれば、下記にご連絡ください。

 

目の病気や糖尿病などで急激に視力を失ったり、著しく視力が低下したり、視野が狭くなると、たちまち日常生活が困難になってしまいます。 

 精神的に孤立し、引きこもりになってしまう人も見受けられます。 

 当協会では、病院で受診された後、ご相談を受け付けています。

 

*相談内容* 

 ・日常生活 

 ・福祉サービス 

 ・家族関係 

 ・訓練、リハビリなど

当事者、ご家族、友人、どなたでもどうぞお気軽にご相談ください。 

◆電話相談 月~金 午後3時~5時 

◆来所相談 電話で予約後、相談室でお話をお伺いします。

 

 「NPO 視覚障がい者支援協会 ひかりの森」

  代表松田和子

  住所〒343-0816

     埼玉県越谷市弥生町1丁目9番地山崎ビル2F

  ホームページ

http://npo-hjkarinomori.com/

  (詳細はこのホームページで検索できます。)

  hikarinomori@cameo.plala.or.jp

 

追記 

明日(2012年10月14日)、◆NHKラジオ第2放送「聞いて聞かせて・ロービジョンブラインドネット」で「地域活動支援センター ひかりの森」の取り組みが放送されます。

再放送日:10月14日(日)朝7時30分から

 

NPOひかりの森が開催する講演会と点字教室のお知らせ

http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-449e.html

 

追記 東武よみうりWEB版に、以下の記事が出ている。参照してください。

中途視覚障害者専門相談窓口設置を・NPO法人ひかりの森が呼びかける―― 2012.5.21 (越谷市)

 

« 柴野徹夫さん(ジャーナリスト)が「朝日新聞」(夕刊)に登場 | トップページ | どこに消えた『サスコミ』グループ――インフォーマル組織物語Ⅸ »

NPOひかりの森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柴野徹夫さん(ジャーナリスト)が「朝日新聞」(夕刊)に登場 | トップページ | どこに消えた『サスコミ』グループ――インフォーマル組織物語Ⅸ »

無料ブログはココログ