« 久米郁男:「日本型労使関係」賛美論を批判する――五十嵐仁のページの更新 | トップページ | 小越洋之助さんのHPをオープン――現代労働組合研究会ⅩⅢ »

2012年9月 5日 (水)

InDesign・DTP初心者のために――DTP・InDesign5において-0 

 2年前に書いた文章だが、本ブログの「InDesignCS5」検索で以下の項目に、たびたび初心者のDTP・WEBデザイナー、編集者が立ち寄ってくるので、ここに再録しておく。

 

 

 いい情報提供になることを期待して。 

 

脚注(数字)の付け方の発見――DTP・InDesign5において-1

「句読点の半角モノ」・禁則処理――DTP・InDesign5において-2

くの字点(くの2字分)の発見――DTP・InDesign5において-3

背幅と表紙づくりの寸法のとり方――DTP・InDesign5において-4

クエスチョンマーク(?)とビックリマーク(!)の合体記号(!?)の読み方――DTP・InDesignCS5において―5

○(まる)の中に文字をどう入れたらいいのか――DTP・InDesignCS5において―6

脚注・ルビ(数字)をショートカットで――DTP・InDesign5において-

 

 

 

 ◇InDesignと格闘

 

 これまで、DTP(本や雑誌、タブロイド判の新聞などの編集に際して、割付などの作業をコンピュータ上で行う)は、MACで行ってきた。私だけでなくほとんどみんなはそうだったのではないか。

 

 それも10年前のMAC(OS9.2)でQuarkXPress(クォーク・エクスプレス)のバージョン4.2だ。

 

 私は事務所を手放してから、逆に本格的にDTPの勉強をしてきた。

 

 DTPはQuarkXPressとPhotoshop、Illustrator9.0の3つのアプリケーションを使いこなさないとできないので、解説本を図書館から借り出し、学び、これまでいくつかの仕事をすすめてきた。

 

 とにかく90年代から、デザイナーの仕事は、この「3種の神器」が主流で、ほかのソフトは見向きもされていなかった。

 

 ビールの世界は、「キリンビール」から「アサヒビール」にTOPメーカーが移ったが、デザイナーの仕事に、WINDOWS版登場するなど、ありえないことだった。 

 

 数年前からDTPの主流がINDESIGN(MAC版もあるが、WINDOWS版が主流)、に移ってきたのは、DTPに関するインターネット上での議論からは分かっていたが、「ノーマネーの状態ではいかんともしがたいなー」と、思っていた。

 

 ところが、『さいたま高齢協』の印刷をやっている双信舎印刷(さいたま市)のT女史から、「WINDOWS版のINDESIGN」に替えてほしいという、強い申し出があり、やむなく大枚○万円をはたいて、買った(後に、さいたま高齢協のTさんが「高齢協の仕事のため」ということで払っていただいた)。

 

 とくに5月末(2010年)にINDESIGN CS5が発売されるのが分かっていたので。

 

   ◇ぜんぜんわからなかった

 

 このINDESIGNは、「QuarkXPressを使っていればすぐにわかりますよ」(T女史)という甘い言葉に誘われて、チャレンジしたが、さっぱりわからない。

 

 とにかく使う言葉がぜんぜん違い、なにがなんなのかわからないまま出発した。

 

 購入した解説本・『InDesign CS4 速習デザイン レッスン&レッツトラい形式で基本が身につく』(技術評論社)を読んで前学習に励んだが、やってないから覚えた端からすぐに分からなくなっていった。

 

 「歳にはかてないな」とため息をつく。

 

 実際、インストロールを終えて、すこし触ってみた。最初は全然ダメだった。

 

 あきらめかけたときに、Indesign/インデザイン使い方講座や「InDesignの勉強部屋」を発見して、再チャレンジした。

 

 文字入力はわかったが、どのようにつづけるのかわからない。

 

 文字を次の囲みにおくる(リンクする)→Ctrlを押さえて、画面上の本文末の赤いカコミをクリック→マウスの先に本文が浮かぶので次の段に持っていき、クリックすると一段分できる。

 

 「画像」の挿入は、どうやるなか?(本を読んでいたので、ファイルはPDFやEPSでよい)→フレーム(グラフィックフレームでもブレーンテキストフレームでも長方形フレームのどれでもよい)を作る→ファイルから→「配置」(変なネーミングだ)

 

 「配置」したらサイズが大幅に大きい→バーの3つ目。「100%」(上段を25%縮小する)→まだ大きい場合は、同じ作業をする。

 

 「画像の配置」を終えたら、本文が下に入ったまま(これは困ったが)ツールバーの「境界線ボックスで周りをかこむ」をクリック(本文に画像が入った)。

 

 ツールボックスはどこに?→(再起動したら消えてしまった)。→ ウインドウにあった。

 

 ページの拡大→これはMACのときと同じでツールの中の「手マーク」をクリックして本ページ上で当該箇所へ。→ツールの中の拡大鏡マークをクリック→本文の当該箇所でクリック→拡大。

 

 さてこのページを縮小する(これがなかなか分からなかった)→拡大鏡をクリックして、本文中でAltを押しながらクリック→縮小。

 

   ◇フォントがちがう!

 

 これまでつくってきたMACのファイルをINDESIGNで開く→フォントがないこと、リンクが切れていることの警告→Windows内のフォントで置き換え→いつも小塚フォントが指示される(これはなんなのだろう、という疑問があった。これは後述)。

 

 双信舎さんも面倒だから「やっぱり替えてよ」と言ったんだなとしばし納得。

 

 だいぶ分かってきたので、印刷所の双信舎へ出向いて、入稿の仕方を質問。

 

 1 小塚フォントとはなにか→それは印刷ではつかえない→モリサワ書体か ダイナフォントを使ってほしい(え!)

 

 「こちらからダイナフォント集を貸すのでこれを使用してほしい」、とDVDを渡された。

 

 帰ってインターネットで調べたらモリサワ書体を使う場合、年間使用契約・5万円もする。

 

 そのほかに、「モリサワ基本7書体」というパッケージが売られているのを発見。→定価4万8000円→インターネット上で検索して2万5000円で購入。

 

 しかしMACのとき、本文で使っていた「リュウーミンM―KL」がない。

 

 再度、調べたら「Select Pack」(モリサワフォントのラインナップ の中からライセンス数に応じて使いたい書体が自由にセレクトできる)があり、これで購入(2万1500円)。

 

 2 PDFで入稿する(PDFで書き出しプリセット→クイックすると[PDF/x-1a.2001(日本)]から[PDF/x-4.2008(日本)]。→前者で入稿。

 

 3 MACの本体レイアウトを使って入稿→OK。

 

  ▽参考になりましたか。

   下記サイトに「InDesign・DTP早わかり」を一挙にUP。

    現代労働組合研究会のページ

 

 

 

« 久米郁男:「日本型労使関係」賛美論を批判する――五十嵐仁のページの更新 | トップページ | 小越洋之助さんのHPをオープン――現代労働組合研究会ⅩⅢ »

PC・DTPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: InDesign・DTP初心者のために――DTP・InDesign5において-0 :

« 久米郁男:「日本型労使関係」賛美論を批判する――五十嵐仁のページの更新 | トップページ | 小越洋之助さんのHPをオープン――現代労働組合研究会ⅩⅢ »

無料ブログはココログ