無料ブログはココログ

« 五十嵐仁さんのHPをオープン――現代労働組合研究会Ⅺ | トップページ | 全労連を担う人たち――現代労働組合研究会Ⅻ »

2012年7月 6日 (金)

東京国際ブックフェア2012に行ってきた

 昨日、東京ビッグサイトで開かれている「東京国際ブックフェア2012」に行ってみた。会場はほぼ満員で、1階は各出版社のブースがならび、まったく知らない出版社があるもんだなと思い、見て回った。

  120706kokusaibook1


 

こちらが見てみたかったのは、2階に出展していた凸版印刷や大日本印刷などの先端印刷現場の様子だった。タブレット型のPCでデモンストレーションをしていたが、なんとDTPデザインは「InDesgin」を使って説明をしていた。

昔は、凸版印刷は、CPSという電算写植を出版社側に使ってページのDTPをすすめていたし、さまざまなDTPソフトが他社から開発されていたが、もうInDesginなのだということが分かった。

 

Qualkも出展していたが、元気がなかった。

MACを使ったDTPの王者が世の中から滑り落ちている、現実を見た。

 

追記

「現代労働組合研究会のHP」の全面的にリニューアルして、UPした。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

 

TOPに使った写真は、昔訪問したイタリアの「広場」風景だ。フリーの素材だが、「青年よイタリアに跳べ」と語りたい。

« 五十嵐仁さんのHPをオープン――現代労働組合研究会Ⅺ | トップページ | 全労連を担う人たち――現代労働組合研究会Ⅻ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567039/55133621

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際ブックフェア2012に行ってきた:

« 五十嵐仁さんのHPをオープン――現代労働組合研究会Ⅺ | トップページ | 全労連を担う人たち――現代労働組合研究会Ⅻ »