« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

黒川俊雄さん(慶應義塾大学名誉教授)のHPを作成――現代労働組合研究会HPⅨ

黒川俊雄さん(慶應義塾大学名誉教授)は、論文検索によると、戦後直後に【山中篤太郎教授「中小工業の本質と展開」――国民経済構造矛盾の研究、三田学会雑誌 411112)、 96102 194812】を書かれている。

NHKテレビ朝の連続テレビ「梅ちゃん先生」の時代である。慶応義塾大学がある田町駅界隈も、あのような雰囲気だったのではないか。

 

黒川俊雄さんは、1923年に東京の神田で生まれ、1948年に慶應義塾大学を卒業し、その後、慶應義塾大学教授・桜美林大学教授として、社会政策・労働問題の教鞭をとってきた。

大学の定年後も、労働総研(労働運動総合研究所)・協同総研(協同総合研究所)の代表を歴任して、労働問題・賃金問題・労働組合運動や新しい協同組合づくり(ワーカーズコープ)の研究を行っている。

著作と論文は、ホームページ(HP)のTOPと「黒川俊雄さんの仕事(論文)・PDFファイル」のように多数書かれおり、現在も最賃制などを基軸に、論説を展開している。

 

黒川俊雄のページ

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/kurokawa/kurokawa-index.htm

 

その後、多数の論文と単行本を書かれているが、黒川先生を私たちの紹介してくれたのは、1960年代の労働旬報社代表・木檜哲夫さんだ。

木檜さんは、当時、総評弁護団の組織づくりに参加し(裏方として)、編集者として弱小出版だった「労働旬報社」を出版社らしい会社につくりあげた編集者・代表。

激動の60年代後半期に『労働法律旬報』『賃金と社会保障』『日本労働年鑑』(法政大学大原社会問題研究所)をベースに、野村平爾、沼田稲次郎両先生方を中心に、東条守一・山本博・久保田弁護士など多くの「労働弁護士」と友好な関係があり、労働法出版社として、日本で貴重な、なくてはならない位置を築いた。

その背景もあって、当時の総評本部(岩井章事務局長や大田薫議長)や国労、全逓、自治労などの出版物を世に送り出した。

一方、単行本(取次を通す)の旺盛な出版活動を展開し、『ベトナム黒書』『教育黒書』などの黒書シリーズや『東京争議団物語』『松川十五年』などの記録・ドキュメントなども発行しながら、法律系(早稲田大学野村平爾ゼミ出身)出身編集者なのに社会政策・労働問題研究者(大河内一男、塩田兵平衛、中林賢二郎など)との交流も深かった人で、そのお一人が黒川さんだった。

 

黒川さんの『現代労働問題の理論』(196811月初版)も木檜さんの企画で笠原紀彦さん(元大月書店編集者)が編集し、私が慶応大学まで原稿を取りに通い、ゲラを持参したことを覚えている。

 

内容で一番、関心をもったのは、貧困化論の論文につづく「新中間層論の理論」(第一編第5章)だった。

 

当時、革新勢力が伸長し、大学では「全共闘」運動が活発化していたが、労働問題・労働組合運動の関心が“国鉄・全逓・電電などの公共事業体や大企業の生産労働者主体論”であったなかで、高度成長経済で生まれた管理労働者・技術労働者などの「新中間層」労働者をどうみるかが書かれていた。

さらに出版、マスコミ労働や医師・看護労働、教育労働、公務員、障害者(児)教育などの専門的・精神的労働の位置、増大するサービス産業労働者(商業労働者)の意味も深めるテーマだった。

 

私は、「大学の労働力再生産工場反対」「産学協同反対」をスローガン化している学生運動家に比して、「自分たちはどのような仕事を選択する」のか、自分の進みたい道と「知り合ったマルクス理論」との矛盾を感じていた。

とくに左翼系の人たちが一律に人間をとらえ「危機が深まって、労働者階級は団結する」というテーゼに違和感を感じていた。

その時代に読んだ論文だった。

 

「新中間層の理論」を読みながら、私たち(のちに「団塊の世代」といわれた)の少なくない人は「生産労働者」になるのではなくて、「新しい中間層」として、社会に登場するのではないか、そのとき労働問題・労働組合の側は、どうみるかという見方をあたえてくれた論文だった。

 

第五章 新中間層の理論 

はじめに 

 新中間層の問題がいまさらなぜことあらためて問われねばならないのか。かつて第一次世界大戦後のドイツでこの新中間層あるいは新中間階級の増大がレーデラーなどによって強調され、また、マンハイムなどによってその階級的な利害を超越して統合する媒介的な機能をはたす独自な意義が主張された。ところが第二次世界大戦後のアメリカでは、「アメリカ人はすべて中間階級である」とか「新中間階級が次の支配階級になるであろう」とかいう一種の独断にたいする反論として、ミルスなどによって、増大する新中間階級は、客観的にはプロレタリアート化してはいるが、賃金労働者とともに社会主義意識をもつようにはならず、むしろ権威あるものについていく「後衛」(Rearguarders)として、現代社会を特徴づける心理的性格をつくりだすうえで主役を演ずるようになった、と説かれている。ここにいわゆる「大衆社会」の形成が論じられ、マルクス主義の否定または修正が叫ばれる論拠がひそんでいる。しかも従来、中間層または中間階級の問題ほど、マルクス主義批判の道具にされたものはそう多くはないであろうし、そこには、ミルスにいたるまで、一貫して共通したマルクス主義にたいする無理解がみとめられる。ところが中間層の問題については、マルクス主義者自身のあいだでも、多くの誤った公式論が主張され、少なからず、問題が混乱させられてきた。 

 そこで本稿は、マルクス主義の立場から中間層とくに新中間層の問題はどのようにとりあつかわれるか、ということを明らかにし、とくに現代アメリカ社会学における中間階級研究の権威として知られているミルスの批判に及ぼうと思う。

 

   

  慶應義塾大学最終講義をホームページにUP――黒川俊雄のページ更新

 

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-1540.html

 

  1980年代半ばごろの労働組合論の姿――黒川俊雄のページ更新

 

   http://okina1.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/1980-0840.html

 



  ▽現代労働組合研究会のHP

 

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111210roudou-index.htm

 

2012年5月27日 (日)

最賃裁判への支援を――下山房雄さんのHP更新

 下山房雄さんのサイトを編集するために、「NPOかながわ総研」のホームページを読んでいたら、下山さんが「神奈川最賃千円裁判傍聴記」を書いていることが分かった。

  

   http://e-kyodo.sakura.ne.jp/simoyama/index.html

 

サイトでは、友人たちへのメールを紹介をしていたので、つながった。

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/simoyama/120430kanagawa-saitin.pdf


 まず「最低賃金制裁判」のサイトを紹介しておきたい。

 

最低賃金裁判サイトへようこそ 

最低賃金裁判ニュース

神奈川県労連 最低賃金裁判事務局によるブログです。日々の状況の変化をお伝えしていきます。

http://kanarou.blog.fc2.com/

 

下山さんは、「神奈川最賃を千円以上に決定するよう労働局長に求める行政裁判が神奈川労連イニシアで起こされた。これを支援する意味で、私は裁判毎回傍聴と決意し」て、傍聴記を書き始めている。

第1回目の記事(2011年12月)には、下記のような文章が掲載されている。

 

 “まず、原告68名から二人の切実な陳述。「女手一つで3人の子を育てる」のに収入が少なくて「悔しくて、夜中、河原で一人、大声で叫んだ」鈴木さん、今年2月の手取りが14万円を切ってしまったタクシー運転手の平野さん。それから、厚労省が行っている最賃と生保基準の比較技法の五つの誤りを指摘する田淵弁護士の各論的弁論、ついで、わが国法定最賃水準の国際的貧困、生活保護基準を満たさぬ状況を指摘する大川弁護士の総括的弁論、が為された。被告=国側は「本件訴えを却下するとの判決を求める」と、理由も示さずに言う異例の対応であった。”

 下山さんがどうしても行けないときは、後輩(NPO神奈川総研の岡本一さん)や知人(國學院大學・小越洋之助さんなど)が傍聴記を書き始めている。さらなる友人・知人ネットワークの広がりを期待する。

 

 公共職場の「官製ワーキングプア」などといわれる女性や青年たちの職業事情、派遣社員の賃金、民間のパートさんの低い時間賃金のベースを放置しないためにも、労働組合を名乗る陣営が率先して参加することが求められている。

 私の住む越谷市の官製外郭団体の時間賃金は、たしか780円だった。自治労(連合)の最強の組合の一つといわれる労働組合の奮起(政治潮流をのりこえて統一行動の推進)をここでも期待したく発信する。

 

閑話休題

黒川俊雄さん(慶應義塾大学名誉教授)が若い時に書いた『賃金論入門』(青木書店、1956年)のあとがきに、“いわゆる革命的最低賃金論をとなえて、資本主義およびアメリカの占領下における最低賃金制の実施を否定また軽視する議論をおこなったが、現在最低賃金制の実施が日本の労働組合および労働者階級の緊急の課題となってきているとき、もはや問題にはされなくなってしまった。

現在日本の労働組合および労働者階級が問題にしなければならないのは、幅広い統一行動によって最低賃金制をどのようなかたちで確立するかということにほかならない。このことについてすでに真剣な討論が開始されているが、「総評最低賃金制討論会議事録」(総評)および「賃金引上げのための討論集会議事摘要」(総評)などが参考にされるべきであろう。“と書いている。

前者のすさまじい“誤謬”(戦後直後だけではない)と後者の「総評」のとりくみは、すべての労働組合・ユニオンが学ぶ価値があるのではないか。

 

2012年5月22日 (火)

「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」における学者・文化人支援のインターネット・時系列的紹介

 芹澤さんの論文を紹介したが、その反響が本ブログのアクセスで伝わってきている。

「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」―「芹澤寿良のページ」更新


 時代の検証をすすめ、「次代をになうワーカーズ」のために、その経緯を本ブログで残しておきたいと思って、学者・文化人の「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」支援の動きなどを時系列に調べたら、下記のようにいろんなメディアで発信されていた。

 “●「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」(2012/05/08)――「芹澤寿良のページ」更新”への「追記箇所」

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/candc/120225essay1-7.htm

 芹澤寿良のページ

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/serizawa/index.htm

 200644日 に開催した「国鉄労働者1047名の総団結で不当解雇撤回‼ JR採用差別事件の勝利解決をめざす44全国集会」(4600人)などの支援アピールメンバーは、下記のように広範な研究者・文化人が賛同している。

民主主義人の協同・連帯が時代を切り拓く一例だ。

 

 「4.4全国集会」呼びかけ人からのメッセージ  

 http://www.geocities.jp/v1047renrakukai/messeiji.html

 

【呼びかけ人 36名】(50音順) 

伊藤  誠 (経済学者) /小島 恒久(九州大学名誉教授) /中野 隆宣(ジャーナリスト))

大内 裕和(松山大学助教授)/小林  武 (愛知大学教授) /中山 和久(早稲田大学名誉教授) 

大久保史郎(立命館大学教授) /小森 陽一(東京大学教授) /橋本  剛  

大谷禎之介(法政大学名誉教授) /斉藤 貴男(ジャーナリスト)/(北海道学園大学名誉教授) 

香川 正俊(熊本学園大学教授)/桜井  徹 (日本大学教授) /早川 征一郎 (法政大学大原社会問題研究所教授) 

片岡  曻 (京都大学名誉教授) /佐高  信 (評論家) /角瀬 保雄(法政大学名誉教授)/下山 房雄(九州大学名誉教授)/平野  毅 (静岡大学名誉教授) 

鎌倉 孝夫(埼玉大学名誉教授)/辛  淑玉(人材育成コンサルタント/松井 安信(北海道大学名誉教授) 

金子  勝 (立正大学教授) /芹澤 寿良(高知短期大学名誉教授)/宮田 和保(北海道教育大学教授) 

鎌田  慧 (ルポライター) /立山  学 (ジャーナリスト) /村上 寛治(ジャーナリスト) 

唐渡 興宜(北海道大学教授)   /塚本  健 (東京大学名誉教授)/師岡 武男(評論家)  

喜安  朗 (日本女子大学名誉教授)/暉峻 淑子(埼玉大学名誉教授)/山口  孝 (明治大学名誉教授) 

熊沢  誠 (甲南大学教授) /戸塚 秀夫(東京大学名誉教授)

 

現代労働組合研究会のHP】で紹介している先生方のメッセージを抜き書きしておきたい。

 

下山房雄 「1047連絡会」の団結を基盤に勝利を! 

 鉄建公団訴訟闘争が切り開いた道に、潮流を越えて結集した「1047連絡会」の団結万歳! 当該三組合を始め、労働団体、民主団体が挙って支援の力を一層強め、国民各層において労組団結権蹂躙の現代社会の危うさが切実かつ広汎に自覚されるならば、JR採用差別1047名権利回復闘争に勝利できます!! 頑張りましょう!!!

 

芹澤寿良 

私は、想いおこして見ると、国鉄労働組合運動とのいろいろの形の関わりを持ってから半世紀以上経ちますが、苦節20年に及ぶ分割・民営化による1047名解雇反対闘争において、国労組合員の戦闘的な権利意識を自覚した297名の鉄建公団訴訟の提訴、果敢な裁判闘争による一定の価値ある判決の獲得、それを契機とする国労内部の路線の転換による不団結の克服、被解雇者の大同団結―「1047連絡会」の結成、そして、本日の画期的な全国集会が解雇当事者と家族、当該労働組合、関係支援共闘の各組織、個人の参加で開催されたことをほんとうに心から嬉しく思っています。 

 この「大同団結」の体制を最後まで大切にして、その力を発揮し、国鉄闘争の勝利的解決をめざしましょう。

 

戸塚 秀夫 

 旧国鉄労働者1047名の解雇撤回を要求するこの闘争の成否に、日本の国家・社会の未来がかかっている。憲法28条が完全に空文化し、ILO諸条約がふみにじられるような、野蛮な国家、社会の再来を許していいのか。 

 国鉄闘争は国民一人一人にこの問いをつきつけているのだと思う。昨年の7・15集会当時と較べれば、運動主体の側には明らかな前進がみられる。 

 何よりもまず、さまざまな障害をのりこえて辿りついた1047名の団結。それを宝のように大事にしながら、関連労働組合、社会運動諸団体、そして心ある市民の方々の支援の輪がひろがっていくことを心から期待する。 

 残念ながら、高齢化して病弱になった私にできることは僅かであるが、国鉄闘争の意義を内外の人々に伝えて、世論の力で頑迷な政府・鉄道運輸機構を包囲していくための捨て石になることはなお可能である。そのために微力をつくすことを誓ってメッセージとする。

2012年5月14日 (月)

石井まことさんが『現代労働問題分析』(法律文化社)を語る

 連休明けに、石井まことさん(大分大学)から「九大経済学部同窓会会報」に書いた“自著(共著)を語る”PDFが届いた。

 「演劇青年」だけあって、写真の写りがなかなかだ。カメラマンがいいのかもしれないが(ほめています)。以下のページにUPした。

 

 労働問題・労働組合をめぐる論点・書評-現代労働組合研究会Ⅲ

 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/roudou/111224book-ronten.htm

 

 その出だしが、いい。

「私と違うことをいいなさい」という下山さんの言葉を肝に銘じて、研究生活をつづけ、それを心の中に秘めて、“「競争型」労働社会と異なる「協同型・共存型」労働社会を構築するための教科書”づくりとして本書を編んだとのこと。

 

 そのなかに出版物としては異例な形で「下山さんの履歴書」(A5判)が入っている。これを容認した法律文化社の役員さんもえらい。出版社側は断るのが通例だ。

 

 「下山房雄のページ」に採録したので、ぜひ、目を通してほしい。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/simoyama/120405simoyama.htm

 

追記(もともとの紹介)

 『現代労働問題分析』(石井まこと他編著)を寄贈されて

2012年5月 9日 (水)

「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」―「芹澤寿良のページ」更新

この数年、芹澤さんと話していて、いかに「国鉄労働者1047人の解雇反対闘争」に尽力したかが私には伝わってきた。しかもその内容を社会に伝えるときインターネットが、大事なメディアではないかと思っていた。

その思いが、「芹澤寿良のページ」で実現できた。

  http://e-kyodo.sakura.ne.jp/serizawa/index.htm

 

その大論文は「国鉄労働者1047名解雇撤回闘争における学者・文化人の支援運動―複数主体の「大同団結」をめざす活動を中心に―」だ。

46判に組み直して、70ページを超えた。単行本で、4分の一を占める。

 

芹澤さんは、この論文を以下のように限定して記しているが、読者にはかならず「国労労働者の解雇撤回闘争」の本筋を示していることが読めると思う。

「本稿は、国鉄労働者1047名の解雇撤回闘争の経過や関係労働組合内部の動向、問題点などを全体として対象にしたものではない。上述した多様に行われていた支援活動の中から、国労の「四党合意」問題が生じて以来、関係当事者の「大同団結」による速やかな解決を求める機運が徐々に高まって来たことを発展的に受け止め、とくに「人間の尊厳と労働者の基本的権利を侵害する採用差別(解雇)は絶対に許せない」とする学者・研究者、法律家、ジャーナリスト、文化人らが(筆者も関わって)、複数の当事者たちに執拗に働きかけ、「共同」の実現に努力し、取り組んだ2005年7月15日の全国集会と活動を中心に、その前後の同様の取り組みも含めて覚書的に記録したものである」

 

総評時代の「4番バッター」への壊滅的攻撃が、労働側の抵抗力を衰退させ、日本の“「非」正規労働者4割時代”をつくった根本ではないか。

 

 

2012年5月 4日 (金)

中林賢二郎さんのHPをオープン―現代労働組合研究会Ⅷ

この世からなくしてはいけない《「Windows95」以前の労働組合運動史》で、ぜひ、次の世代に伝えたい労働組合運動研究者のひとりが中林賢二郎さん(当時、法政大学教授)だ。

当時から尊敬をこめて「中賢さん」の愛称で数多くの学生、労働組合運動家から慕われ、年齢差を超えて真摯に学びあった(学んだ)。

「中賢さん」は、19861月に亡くなり、あれから25年もたつ。誠に残念なことだった。

遅い時期(50代?)に教授職に就きながら、少なくない研究者や労働組合活動家を育てた。

 

出版物では『世界労働運動の歴史』(上・下、労働旬報社、1965年)が有名だが、同時期の友人だった木檜哲夫さん(1960年代の労働旬報社代表)が編集・出版した。

この本を読んで初めて「組織のきっかけは、一杯の黒ビールを飲む会から始まった」「ラダイト運動」「チャーチスト運動」「労働組合、その過去、現在、未来」などを新鮮に学んだ人が多かったのではないだろうか。

 

「中賢さん」は、それから数多くの著作を出版したが、私は編集者として、『現代労働組合組織論』(19796月)の編集に参加した。

問題意識は、「1970年代後半の、連続する春闘敗北の原因は、政府・財界の危機管理戦略の展開と日本における労働組合組織論が十分、議論されていないからではないか」というテーマだった。

後者のテーマについて、やはり「企業別組合」ではない、全国につながる組織づくり(業種別・地域別一般労働組合)を担う労働組合活動家を育てる必要があるのではないかという、先生の問題意識の緒論(本論の端緒となる議論。本論にはいる前の、総括的な、また手がかりを示す論。序論)を書いてもらった。

亡くなる最後の仕事になってしまったが、企業別組合についての議論を旺盛に展開している(『日本の労働組合運動』第5巻、「企業別組合と現代労働組合運動の組織論的課題」、大月書店、19856月)。

 

さてその後について、歴史は変化・発展したのか?

 

中林賢二郎のページ

http://e-kyodo.sakura.ne.jp/nakabayasi/nakabayasi-index.html

 

 

《追加しました》2012.05.10

 

4 中林先生と私たち

 

五十嵐仁の転成仁語(TOPページ右肩で「中林賢二郎」と入力して検索)

 

大久保史郎教授オーラルヒストリー

 

2012年5月 2日 (水)

下山房雄さんのページをオープン――現代労働組合研究会Ⅶ

  ▽追記(2015.09.30)スマホ向けHPの入り口

 

    http://e-kyodo.sakura.ne.jp/simoyama/sp/smartphone.html



 私が若い時代に編集に参加した本(『現代日本労働問題分析』、1983年)の著者・下山房雄さんのHPを開設した。

大きな目標は、「次世代のための労働運動ルネッサンスのページ」としている。



  下山房雄のページ(現代労働組合研究会編)

 

 

 下山さんは、私が担当した「賃金と社会保障」の常連執筆者だった。私個人としては、当時の「賃金論」を学んだ大先輩・執筆者だった。

『やさしい賃金教室』(1965 年,日本評論社)、『日本賃金学説史』(1966 年,日本評論社)の2冊を本屋さんで探して線を引きひき、学んだ。労働法系が主であった出版社だったので、私の周りにはこのような問題で論議するメンバーがいなく、表題どおりではなく、“むずかしかった”。

120519yasasii

 

「下山さんの履歴者」(PDF)をみると、九州大学へ赴任する以前、10年間にわたり、関東(特に東京の落合?)にお住まいになっていた時期に、たびたび自宅までお伺いして、原稿(短いものでも)をいただき、「さまざまな労働組合・争議団の状況」を報告していたことを思い出す。

 下山さんは、その後、九州大学を退官後、下関市立大学の学長職に就き、活躍された。

  30年ぶりの再会を実現するきっかけは、石井まこと(大分大学)さんから『現代労働問題分析』(石井まこと・兵頭淳史・鬼丸朋子編著、法律文化社、2010年)を寄贈され、私のブログで紹介したことからだ。

  このようなページづくりで果たすことができたのも、出版物を通じてであり、一編集者としてありがたいことだ。

   

《追加しました》 20140101

 

下山房雄さんのページを大幅リニューアル

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ