« 最近、気になる「労働組合問題の悩みを解消」のコマーシャル | トップページ | 画面が突然、縦横変換? Pivot Pro »

2012年3月11日 (日)

MAC・LCⅢ――なつかしいパソコン紹介

 私たちが1990年代初頭にDTPを使って、仕事を始めた時に、デザイナー事務所から購入をすすめられたものが下のMAC(ディスプレーは、その時は縦長のモダンなものだった)。

 

 

120311mac

 

 DTPといえばデザイナーたちはMACだった。ただし世の中はライターさんをはじめ、まだオアシスや書院などのワープロ機が主で、仕事場は「NECのパソコン」(それも5インチフロッピー)がメインで入力を行っていた。

 

 デザイナーたちは、当時(199110月に発売された)Quadra 900950をスイスイ使っていた。

Quadra 900, 950の価格は最上位で、「自動車が買えるくらい高い」と今書かれている。

 そのあと発売されたのが、MAC・LCⅢ(廉価版だった)。それでもQuarkXPress (クォーク・エクスプレス)を入れたが、女性たちは入力に使っていた。

 

 ここで書いておきたいことは、当時、電算写植最盛期に、凸版印刷の自動DTP機=CPS(? 忘れた)を使って神田・神保町交差点2階のサテライトを借りて、ある生協の生活文化誌を作っていた。

 ただし見出し関係はツメ打ちできないので、手動写植でうった(これが高かった)。

 校正室で一緒に仕事をしていたのは小学館の『サライ』の人たちだった。

« 最近、気になる「労働組合問題の悩みを解消」のコマーシャル | トップページ | 画面が突然、縦横変換? Pivot Pro »

PC・DTPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAC・LCⅢ――なつかしいパソコン紹介:

« 最近、気になる「労働組合問題の悩みを解消」のコマーシャル | トップページ | 画面が突然、縦横変換? Pivot Pro »

無料ブログはココログ