« ひかりの森(越谷市)のホームページの御案内 | トップページ | 「石原慎太郎都知事閣下」・「ハシズム」の市長さんへ »

2012年2月13日 (月)

「Windows95」以前の労働組合史《その1》・《その2》

  連合の前に「総評」というナショナルセンターがあり、その民間単産に「総評全国金属労働組合」という産業別単一組合(個人加盟』をめざしたユニオン(今流にいうと)があり、果敢に戦闘的にたたかっていた。

   120213hirasawa274


 その全金の総同盟時代に参加し、高野実派(総評事務局長)に加わり、その後各地の争議対策を指導した、平沢栄一さんの自伝『争議屋』(1982年、論創社)を読んだ(平沢栄一『争議屋:戦後労働運動の原点』2009年、論創社が新刊のようだ)

 

 「使用者概念拡大闘争」「法人格否認の法理」など思いだすことが多いたたかいだった。その法理を推進しし現場でたたかっていた弁護士の先達(亡き東条守一弁護士、山本博弁護士など)の名前に憶えがある。私が出版社時代の大先輩の「K代表」の友人たちである。すごいメンバーが横にいたことが分かる。

 

 この法理は、4割になろうとしている「非正規労働者」の権利擁護に生かされているのだと思う。

 

 インターネット上消えさせられている、「Windows95」以前の労働組合史の《その2》だ。

 

 《その1》は、以下のサイトに掲載した――芹澤寿良さんが紹介している《◇1960年代の「八幡製鉄所のインフォーマルグループ」の育成文書》だ。

 

 《その1》も《その2》も、いま70代~80代の人の人生だ。

 

 

 

●「現代労働組合研究会」の更新ページ   12/02/13 

 

2012.01.20

 

1960年代の「八幡製鉄所のインフォーマルグループ」の育成文書(芹澤寿良さんの解説文付き)

 

2012.02.03

 

『新自由主義批判の再構築』(赤堀正成・岩佐卓也 編著 

 

シジフォス(連合東京の人)

 

▽下も

 

「首都圏青年ユニオン財政危機突破カンパのお願い」を呼び掛けるブログ(シジフォス 作成日時 : 2012/01/12 07:28

 

2012/01/27 

 

連合群馬が見た韓国労働事情

 

韓国非正規労働者の状態と課題 (静岡県労働研究所)

 

« ひかりの森(越谷市)のホームページの御案内 | トップページ | 「石原慎太郎都知事閣下」・「ハシズム」の市長さんへ »

労働問題・労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ひかりの森(越谷市)のホームページの御案内 | トップページ | 「石原慎太郎都知事閣下」・「ハシズム」の市長さんへ »

無料ブログはココログ