« ユニオン・ショップ制という遺物――現代労働組合研究会(PartⅣ) | トップページ | ○(まる)の中に文字をどう入れたらいいのか――DTP・InDesignCS5において―6 »

2012年1月15日 (日)

柴野徹夫さんの講演行脚レポートが読める

 私は一度も会ったことがないが、「湊愛子 あいちゃんのパフォーマンスはいかが」のサイトで、柴野徹夫さんの福島「原発やめよう」講演などが読める。

 以下のサイトに行き、検索コーナーが右にあるので、「柴野徹夫」と入力すると、文章がセレクトされる。

 http://www.ntl63.ne.jp/aiko/

 「柴野徹夫さんのサポート」――今年(昨年――引用者)の7月福島喜多方で初めてお会いした時、杖は1本でした。 10月は両手で杖をついておられました。 きのうお会いした時は、新しい電動の車いすが、 役に立っていました」

すごいな。

201106206003221n_2


最近、ルポライターの佐野真一さんの『津波と原発』(講談社、 2011/06、 ¥1,575 〈税込〉)を読んでいたら、「原発取材の先駆者として」、最後の方の人物登場インタビューで紹介されていた。

この本で、原発地帯の開拓にあたった人びとの入植過程(日本海側から福島へ)を初めて知ったが、何代か前の“貧しさを克服するための人間の力”を感じた。

« ユニオン・ショップ制という遺物――現代労働組合研究会(PartⅣ) | トップページ | ○(まる)の中に文字をどう入れたらいいのか――DTP・InDesignCS5において―6 »

ジャーナリスト・柴野徹夫さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴野徹夫さんの講演行脚レポートが読める:

« ユニオン・ショップ制という遺物――現代労働組合研究会(PartⅣ) | トップページ | ○(まる)の中に文字をどう入れたらいいのか――DTP・InDesignCS5において―6 »

無料ブログはココログ