«  〈連合運動は「社会のバリケード」になれるか〉――現代労働組合研究会(Part Ⅱ) | トップページ | 三好春樹さんグループが紹介する「街の中の小さなデイサービス」 »

2011年12月25日 (日)

労働問題・労働組合をめぐる書評・論点 1――現代労働組合研究会(Part Ⅲ)

 私が単行本づくりで労働問題や労働組合について、かかわったのはすでに25年も前のこと。

 当時、「月刊労働問題」(日本評論社)など参考になる雑誌も廃刊になっていた。

 

しかし本年に入って『今崎暁巳さんと私』(ドキュメント作家・今崎暁巳さんの追悼文集)と『回想の川﨑忠文』(元労働旬報社編集部・中央大学ほか講師・法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員など)の編集・DTP作業に加わり、労働問題研究者・労働運動家と数十年ぶりの再会を果たした。

その間に、現在の労働組合・ユニオンについて、“さまざまの憂い”の声が、こんなに広がっているのかという思いが、私の中に生まれてきた。

 

かの昔、私自身は「日本国憲法に基づく労働組合選択権は人間の基本的権利である」という認識があった。しかしその当時は、会社内外(外部は旧来の活動家と政党関係者)の人たちの間では、「タブー」に近い認識だった。

それから25年(いや30年か)、木下さんの本をめぐって、正当な議論が起こっていることを知った。

 

さらにその当時から人文書・社会科学書、そのなかでの労働関係書(学生向けの労働問題書はもちろん)は目覆うばかりの出版状況であった。とにかく企業サイド(経営)からみると、そこにはマーケットがないという認識が強かった。

しかし、『今崎暁巳さんと私』(PDF版)の折、インターネット上で出会った石井まことさんたちの本を「ある編集者のブログ」で紹介したら、多くの反応があった。

いまでも「労働問題を学びたい」と思っている人が少なからずいることも分かった。

「非正規労働者4割時代」といわれている現在、ただ採算ベースに乗るだけの部数が可能かどうか、不明だが。

その意味で、以下のような「インターネット上の論点」(次世代のための労働運動ルネッサンスのページ)を出しておくことも大事な作業ではないかと思った。

 

  ▽追記(2015.8.19)

  インターネット上の労働組合のいま、未来”書評・論点

  ――労働問題・労働組合をめぐって

          ●20150819日(水):『労働組合で社会を変える』(管理職ユニオン・関西の仲村実書記長「コモンズ」、2015.6.10-7.10号)

     

  • 20150726日(日):『労働組合で社会を変える』石川源嗣著・水谷研次(『労働情報』20141125日号、世界書院、201410月)
  •  

  • 20150422日:熊沢誠さんの『私の労働研究』を紹介、足立耕作(「朝日新聞関西版」2015421日、堀之内出版 、20141225日)     
  •  

  • 20150405日:書評:赤堀正成著『戦後民主主義と労働運動』(御茶の水書房,2014年4月、5,000円+税)、大原社会問題研究所雑誌、№67720153月、評者:五十嵐仁     
  •  

  • 20150301日:高橋祐吉著『現代日本における労働世界の構図―もうひとつの働き方を展望するために』(旬報社、20131225日)、大原社会問題研究所雑誌 №674201412月、評者:下山房雄     
  •  

  • 20141117日:現場の攻防から生まれた書~石川源嗣著『労働組合で社会を変える』を読んで、北      健一 (ジャーナリスト)、レイバーネット掲載 2014/10/22
  •  

  • 20140803日:西谷敏先生の『労働組合法 第3版』を読む、 有斐閣2012年12月発行、 A5判並製、*民法協で20130115日、弁護士 出田健一     
  •  

  • 20140609日:書評:『雇用が危ない――安倍政権『労働規制緩和』批判』(西谷敏ほか、旬報社、『国公労調査時報』6月号、評者:浅尾大輔・作家、20140606日)     
  •  

  • 20140602日:西谷敏・五十嵐仁・和田肇・田端博邦・野田進・萬井隆令・脇田滋・深谷信夫著『日本の雇用が危ない-安倍政権「労働規制緩和」批判』(旬報社、2014年)、民主主義科学者協会法律部会 
  •  

  • 20140601日:インタビュー:政治の在り方に影響与えた 大佛次郎論壇賞を受賞して 「ブラック企業」今野晴貴、book.asashi.com[掲載]20131224日     
  •  

  • 20000608日(月)〔書評〕『15歳からの労働組合入門』(東海林智著、毎日新聞社、1400円・税別)、1 レイバーネット(2013.12.25)、体当たりで聞き一緒に泣いた!(北      健一(ジャーナリスト)
  •  

  • ●熊沢誠著:『労働組合運動とはなにか――絆のある働き方を求めて』、岩波書店、2100円+税、書評、森岡孝二の連続エッセイ - 229回(「週刊エコノミスト」2013528日号)。「ひとりのため」原点を確認、東京新聞(2013324日、鎌田 慧・ルポライター、著書『国鉄処分』『ドキュメント労働者!』など)。     
  •  

  • ●西谷 敏 著『人権としてのディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)』(旬報社、2011120日)、四六判上製、民主法律協会のHP     
  •  

  • 『格差社会にいどむユニオン』(木下武男著)、
        
     1 五十嵐仁(PDF版)
        
     2 熊沢誠(PDF版)
        
     3 野営地(PDF版)
        
     4 なんぶユニオン(PDF版)  (以下のアドレスが変更されています。2014.02.17))
        
       http://blogs.yahoo.co.jp/tatakau_yunion_okinawa/8222383.html
        
     5 水口洋介・夜明け前の独り言・弁護士(PDF版)
  •  

  • ● 『現代労働問題分析』(石井まこと・兵頭淳史・鬼丸朋子編著)
        
     1 石川源嗣(NPO法人労働相談センター/全国一般東京東部労働組合/全国一般労働組合全国協議会/ジャパンユニオン)
        
     2 山垣真浩(大阪経済法科大学准教授) 
        
     3 井上 久(全労連事務局次長)  2011.12.27
        
     4 石井まこと(大分大学経済学部教授)2012.05.08      
  •  

  • 『新自由主義批判の再構築』(赤堀正成・岩佐卓也      編著)
        
     1 高橋 祐吉(大原社会問題研究所雑誌 №63320117月)
        
     2 佐野修吉 (『新社会兵庫』20101123日)
        
     3 野営地にて――あるいはレーニンがクラシックを聴かないこと。(20101004日)
        
     4 たんぽぽコーヒーブレイク――熊本の弁護士寺内大介(2011926日)
        
     5 雑誌『前衛』 (日本共産党発行、201012月号)  2012.07.04 new
  •  

  • 201209.02 :久米郁男「日本型労使関係」賛美論を批判する――「五十嵐仁のページ」
  •  

 

«  〈連合運動は「社会のバリケード」になれるか〉――現代労働組合研究会(Part Ⅱ) | トップページ | 三好春樹さんグループが紹介する「街の中の小さなデイサービス」 »

労働問題・労働組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

«  〈連合運動は「社会のバリケード」になれるか〉――現代労働組合研究会(Part Ⅱ) | トップページ | 三好春樹さんグループが紹介する「街の中の小さなデイサービス」 »

無料ブログはココログ