« 茶話本舗グループは本物か? | トップページ | Word2007・Word2013で行間を揃えるやり方 »

2011年11月26日 (土)

『回想の川﨑(川崎)忠文』を出版する――PARTⅡ

 11月25日、旬報社のお力添えで、きれいな体裁の本ができた。

 

 作った経過は、同書の「刊行にあたって」(以下のPDF版)で芹澤寿良さんが書かれているのでぜひお読みください。

  私はこの本のDTP・版下づくりに参加したので、思い出深い本づくりになった。 

  

『回想の川﨑忠文』(PDF版)

 

   111126kawasaki1

  目  次

 

 刊行にあたって 

 

 

 第一部 川﨑忠文遺稿と講義録

 論文・「時間労働」の希釈化とその問題点――翻訳・M・A・ビーンフェルト著「英国産業における労働時間」 

 中央大学における担当科目講義

 社会運動史講義要項(中央大学法学部二〇〇四年度) 

 社会運動史講義(第一回 二〇〇四年四月)

 労使関係論講義要項(中央大学法学部二〇〇四年度)  

 労使関係論講義(第一回 二〇〇四年四月) 

 

エッセイと若き日の哲学論考

 ある私的感懐 

 Bibo, ergo sum. 

 大講堂の屋根裏教室  

 わが家の家財道具 

 カントに於ける認識の内容   

 

  第二部 回想の川﨑忠文

  Ⅰ 人間・川﨑忠文

 家族のような存在                  沼田 文子 

 無私・誠実な友を失った悲しみ            中山 和久 

 川﨑君との交友関係のありよう            籾井 常喜 

 川﨑忠文さんのこと                 二村 一夫 

 厳しさを感じさせないロマンチストの風貌       角田 邦重 

  Ⅱ 幼年・青年時代

 学童疎開の頃                    川﨑タケ子 

 試験の出題箇所を当てた忠文さん           木村あや子 

 神戸と忠文さん                   木村 和代 

 忠文叔父との東京での共同生活            福山 久代 

  Ⅲ 中大・哲研時代

 川﨑君、楽しかったよ有難う             江川  潤 

 畏友 川﨑忠文学兄の追憶              水野  勝

 武蔵の国「青梅」を愛した忠文            春摘  智 

 悼す――川﨑兄に                  井沢 彌男 

  Ⅳ 早大・大学院時代

 川﨑君を偲んで                   佐々木秀典 

 彼の思い出                     鍛治 利秀 

 可愛い研究者――川﨑忠文君             村山 昂右 

 川﨑忠文さんの急逝を悼む              木村 愛子 

 無欲の人                      大石  進 

 権利を守ることへ限りない情熱を燃やして       古屋 孝夫 

  Ⅴ 編集者時代

 「人間の尊厳」の実現に人生をかけた川﨑君への讃歌  柳澤 明朗 

 川﨑忠文君と私                   川辺平八郎 

 カワちゃんのひとこと                後藤  實 

 洋三先生・沼田先生の大ファンだった川﨑さん     石井 次雄 

 川﨑教授の教養ゼミ一期生              飯島 信吾 

  Ⅵ 執筆・研究者時代

 組合運動史執筆者の誕生               佐方 信一 

 労働運動史執筆のベテラン、川﨑忠文さんを悼む    宮里 邦雄 

 日本酒と豆腐                    徳住 堅治 

 追悼:川﨑忠文さん――組合史編纂や大原社研でのお仕事  早川征一郎 

 川﨑さんの思い出                  五十嵐 仁 

 酒ありて                      立花 雄一 

  Ⅶ 友として

 高齢期に入って一〇年間の交友から          芹澤 寿良 

 虚飾のない男                    西田  明 

 さりげないお心づかい、ありがとう          松風いさ子 

 

 川﨑忠文経歴 

 川﨑忠文の主な仕事 

 

« 茶話本舗グループは本物か? | トップページ | Word2007・Word2013で行間を揃えるやり方 »

『回想の川﨑忠文』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『回想の川﨑(川崎)忠文』を出版する――PARTⅡ:

« 茶話本舗グループは本物か? | トップページ | Word2007・Word2013で行間を揃えるやり方 »

無料ブログはココログ