« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

変わる高齢協・進むふくし生協――ふくし生協(福岡) 

 

 以下の文は、HP:「編集者の飛礫」(「福祉生協さいたまだより」(2011年7月号、生協 さいたま高齢協)にも掲載したが、ブログの反響が大きいのでここに再掲載します。                  

 

 全国の高齢協ができて10数年。日本高齢者生協連合会第10回総会(6月5日)が東京のラパスホール(大塚)で開かれた。今総会から、福祉生協さいたま(生協 さいたま高齢協)も正式に参加した。全国の胎動している事実を学びながら、“協同のうねりの情報”を組合員・市民のみなさんと共有して、埼玉でも生み出していこうという思いを伝えていきたい。 

                                                             

 

▽高齢協のイメージが変わり

  始めている

 

 全国の高齢協総会報告書にある各地の取り組みは、これまでの「高齢者への訪問介護の取り組み」中心という高齢協の組織イメージを、大幅に変えて見ざるを得ない事実の発見があった。

 

 目次風に書き込むと――「コミュニティケアの推進」「小規模・多機能なデイサービスプラス宅老所を」「ケアホーム(共同生活介護)をつくりだす」「入居しやすい高齢者専用住宅づくり」「就労支援のための事業」「高齢者と障がい者を支えるモデル地域にしよう」「子育て安心サポートづくり」などである。

 

 これらは私が協同総合研究所の主任研究員・菅野正純さんと一緒に編集した『仕事の発見』(隔月刊誌・日本労協連発行)の大テーマ――人間再生・地域再生・地域コミュニティーの再生・福祉社会の創造・協同労働論というテーマの実践版だ。

 

 菅野さんは夭折してしまったが、「高齢者が元気に生きられるまちは、障害者も生きられるまちだ」とネットワーク型・複合型の問題をいつも提起していた。やっと彼の問題提起が、甦ってきたと実感している。

 これら子ども、若者、障がい者支援などは、どの地域(都会であろうとローカルなところであろうと)の高齢者でも頑張れるテーマだ。

 

 さらに総会に参加している構成員は、10年前に見られなかった、若い女性から青年も含む中堅男性陣の新鮮な顔ぶれがあった。

 

 ▽民家改造型デイサービスを

  基軸に「ふくし生協」を

 

 私たちは、メディアワーカーズ・ジャパン(伊藤宏一代表)が制作した、ふくし生協(福岡)の紹介ビデオ((「心と心のつながりで ふくし生協と生きる」、1330秒)からいくつかの事実を学んだ。

 

 福岡では、7~8年ほど前から、それまでの高齢者向けの弁当の宅配事業・訪問介護中心型事業から現在15カ所の「民家を改造して、小規模・多機能なデイサービスプラス宅老所」があり、6カ所の事業所が短期宿泊を行っている。

 

 すべてが民家活用型の事業所で、その多くは組合員が提供したものである。

 

 日本高齢者生協連合会の坂林哲雄専務は「在宅での暮らしを支援するために、単なるデイサービスに留まらず、家族や本人の状況に応じて泊まりを実施しています。制度の不十分な点を補う活動が定着し

 

、利用が増え、ニーズに応えるために、通所や宿泊スペースの拡大を余儀なくされているという状況です」と日本高齢者生協連合会のHP上にレポートしている。その1カ所・けいちく事業所/ほのぼの村。

 

 レポートをそのまま紹介する。

 “福岡高齢協の中で、宅老所という形を積極的に取り入れた最初の事業所です。通所・居宅介護・訪問の事業を行っています。通所事業は、利用者の増加に伴い、「第3ほのぼの」を昨年開所し、合計の通所定員は51名となっています。しかし、利用契約者は65名(内予防給付は8名)です。毎日のように利用する人が多数を占めているということです。どんな状況の利用者も断らないで取り組んだ結果です。毎日24人から30名の方が宿泊しています。

 

 「第1ほのぼの」は普通の民家を改修したものです。その利用が急増し、隣接地を買収して造ったのが「第2ほのぼの」です。木をふんだんに使った建築で、温かみを感じる建物です。

 この建設に必要な1・2億円の投資をめぐって、相当白熱した議論が理事会でもあったそうです。結果は「第3ほのぼの」の建設からも明確で、利用は今後も増え続けるでしょう。

 職員層は30代~40代が主力で、子育て中の職員も多く、子どもたちも利用する場所になっています。中には、デイの仕事にボランティアとして関わっている子もいるようです。 保育園の送迎車もやってくるということでした。職員の子育ても一緒にできる仕事ぶりは、地域に密着した高齢協の介護福祉に相応しいという感じでした”

 

 

 

 ▽障がい者のケアホーム

  (共同生活介護)づくりも

 

 注目したいのは、障がい者の生活支援も並行して行っていることである。坂林さんのレポートにある「ひまわり福祉サービス」の事例紹介をここで引用したい。

 

 「居宅介護と訪問の事務所があり、同時に障害者の方が利用するケアホームがありました。ケアホーム(共同生活介護)は主として夜間の生活を援助する自立支援法にある仕組みで、この2月1日にオープンしたばかりです。

 

 現在お試しを含めて5、6人が共同生活を行っているということでした。部屋を見せてもらいましたが、それぞれ自分の好きなものを持ち込み、個性のある部屋になっていました。このケアホームの建設に5600万円が投資されました。その多くを、障害者を抱える家族が拠出(出資)しています。子どもたちの将来のケアを含めた安心を高齢協に託したということです」

 

 “まじりあいの福祉”を実行している事実は、まったくすごい。

 

 ▽日本最大のふくし生協(福岡)

 

 “ふくし生協(福岡県高齢者福祉生協)”は、組合員数6000名余、ワーカーズ600名超、出資金は1億6000万円(もう少し増えているはず)、年間事業高・供給高が約12億円と大躍進している。

 

 福岡は、1995年に設立され、1999年に生協法人の認可を受け、全国とは歴史的には変わらない。

 現在、粕屋老人給食センターを含めて地域福祉事業所が16カ所あり、ケアプラン、訪問介護、訪問看護、障がい者支援センター、デイサービス、小規模多機能ホーム、短期宿泊、弁当配食、ふくし相談、生協サービスの事業を行っている。

 

 以下の点も、勉強したい。

 1 全日自労の歴史、そして生協陣営との関係から、なぜワーカーズ主体の「ふくし生協」になったのか。

 2 これまで高齢者の「福祉」「いきがい」「仕事おこし」をめざしていた組織が、どのような議論と実践の中から「ふくし生協」へと複合的に発展したのか。

 3 ヘルパー養成講座を開始し訪問介護という仕事おこしの場面から「民家改造型、デイサービスプラス泊まりもできる宅老所づくり」に変換した要因は何か。

 4 15カ所も(これからもっと広げるため)の「地域コミュニティづくり」の具体的な実践。組合員提供の住宅をはじめ資金作りの方法など。

 5 「地域共同体」の残るローカルだからできたのか? 東京や埼玉など都市部における“ふくし戦略”はどう形成したらいいのか。

 このような事業がなぜ福岡ではできたのか――人材と地域の社会的ニーズの発掘、そして臨機応変なリーダーづくり、それを生みだす風土とサブカルチャー(たとえば宅老所で著名な“よりあい”などの文化)など盛りだくさんのことを知りたくなった。

 

2011年8月27日 (土)

談志狂時代――談志一門の奥深さ

『談志狂時代』(Ⅰ・2008、Ⅱ・2009年、うなぎ書房)を読んだ。

なるほど、志の輔、志らく、談春という「三羽烏」と並行して、談幸さんがいることがよくわかった。 

それも本の袖には、「談志門下で唯一の内弟子修業経験する」と書かれているほど、談志大先生の趣味・怒り・食など全身(志らくさんの「全身落語家」とは別の視点でという読者の側の読み)を知っている。

著者も“「清潔」「親切」という、師匠の生き方の二本の柱から描いてみました“と「はじめに」で書いているほどだ。

110827dankou1_4

110827dankou2_3

談幸さんはなぜ談志一門のメンバーが多様な本を出版しているか、その理由を明確にした。

その『Ⅱ』で、談志師匠の「こいつらは本すら出しやがらねえ」というお叱り・叱咤激励を次のように書く。

 “師匠談志が弟子たちを前にして吠えたのは、立川流を設立して間もないころだった。

 昭和五十八年、師匠は、落語立川流を設立したものの、弟子たちの行動力のなさを嘆いていた。むしろそのことが腹立たしかったようである。

 弟子たちは常に受け身であった。主体性に欠けていた。向上心ホルモンも欠けていた。「好きな落語をやってさえいられれば病」であった“(同書p181

その結果、“立川流には、本を出す弟子が多くなってきた。/わが一門には、立川流設立以来作家としてデビューを果たし、小説、エッセイなどを書く立川談四楼がいるが、左談次、談之助、志の輔、志らく、談春とこのところ本を出す弟子が次々と出てきた。私も遅まきながら、師匠のふんどしで、本を出すことができた“。

 

 近々、談幸さんの落語を聞きに行きたいと願っている。

 別な時に読んだ春風亭柳昇さん(2003年、82歳没)の『寄席は毎日休みなし』(1999年、改訂版2008年)に“この本が「うなぎ書房」創立第一号の出版物”と書かれているが、落語家の本を出し続ける「うなぎ書房」さんにも敬意を称す。

2011年8月15日 (月)

NPOひかりの森(越谷市)音楽祭へのご参加を

 先月7月31日に開催され(会場:越谷駅近く・蔵の音 Kura-RA-Ne)好評だった「ひかりの森演奏会2011―メロディーの光あふれるコンサート」の第2回が、弁護士(越谷市弥生町)の隅田先生の御尽力で、下記のように開催される。

 

110815omote1

 先生は、「地域活動支援センター・ひかりの森」のすぐ近くのビルに事務所を開設しており、いつぞやは、松田和子理事長と「人間関係的ご相談」で訪問し、無料奉仕で解決へのヒントをいただいた好男子弁護士。

 

 賛助会員の募集のための音楽会を、自ら演奏者をよんでいただき、参加者には無料で聴ける会を開催していただく。ありがたい“助っ人!”

 

 

 

一奏者一

★バイオリン・戸田貴子

★ファゴット・江黒未希

★ピアノ・伊藤幸子

~プログラム~

・愛のあいさつ

・G線上のアリア

・アメージンググレイス

・リベルタンゴ

・情熱大陸

・上を向いて歩こう

・その他

◇日時:2011年9月18日(日)、15:00開場 15:3O開演

◇場所:越谷中央市民会館 劇場

   越谷市越ヶ谷四丁目1番1号 TELO48-966-6622

◇会費:無料

★お間い合せ:隅田(090-4613-3414)

2011年8月 6日 (土)

『仕事の発見』誌の横軸―「泊まりのできる小規模デイサービス」(宅老所づくり)

先日(7月26日)に「ささえあいコミュニティ生活協同組合新潟」(新潟高齢協)の民家改造型デイサービス+泊まりもできる施設・「ささえ愛あわやま」を福祉生協さいたま(生協 さいたま高齢協)のみんなと訪問した。

「ささえ愛あわやま」は、06年に改定された介護保険法に基づく「小規模多機能型居宅介護事業所」として新潟市で最初に指定を受けたところ。

 詳しいことは次回に書きたいが、菅野正純さんと協同編集した『仕事の発見』(第2期)誌は、前述の「故・菅野正純さんの思いの一端」が縦軸ならば、横軸は「コミュニティ・ケアづくり」+小規模の「宅老所・グループホームづくり」だった。

 その流れは以下の企画のとおり。

 

『仕事の発見』誌の休刊からほとんどあきらめていたテーマが、実は福岡ふくし生協(福岡県高齢者福祉生協)「ささえあいコミュニティ生活協同組合新潟」(新潟高齢協)で実践されていることに、両高齢協とも読者ではなかっただろうが、編集者としては感激だ。

 さらにいま、「ふくし生協」として発達している事実を、学んでいきたい。

199312月号 創刊号

町のなかの労働者協同組合 私たちが高齢化社会を支える/伊丹ヘルプ協会の女性パワー ●柴野徹夫

19944月号・第3

市民の力で宅老所「よりあい」開設/福岡市中央区 下村恵美子さんグループ

199410月号・第6

男性ヘルパーはやりがいのある仕事/横浜 男性ヘルパー会

19951月号・第7

時代の大きな転換を切り開く女性達の仕事おこし●千葉大学・佐藤和夫

地域で安心して高齢期を過ごしたい/東京田無サポートハウス年輪

19953月号・第8

ボケても、住み慣れた町で普通に暮らし続けたい―宅老所「よりあい」(福岡市)●藤本とも子

19957月号・第10

「子育て協同組合」から「子どもコープ」へ ●藤岡貞彦

19959月号・第11

労働者協同組合のヘルパーになろう●藤本とも子

心のヘルパーになろう・精神対話士・―高齢者の心とコミュニケーション●藤本千秋

ルポ・ヘルプ協会(伊丹)の活動●金澤裕美

ワーカーズ・コレクティブの活動●矢吹紀人

19961月号・13

ヘルパーのすすめ●木下安子

19963月号・第14

命にかかわることは利益組織に任せられない ――粕屋の老人給食事業●樋口圭子 

共感を得られるヘルプ活動をめざして――愛知・「あいちヘルプ協会」●藤本とも子

19965月号・第15

仲間をひとりぼっちにしない、「たまり場」をつくろう ――愛知県高齢者協同組合●藤本とも子

19967月号・第16号 

24時間・365日在宅ケアを実践する「年輪」●安岡厚子 

町田における労協・ケアワーカー「けやき」 ●小菅恵子

伊丹を中心に180人を超える労協ヘルパー集団とその挑戦 ●木谷勝彦

ルポ 街の中にデイケア・高齢者施設づくり――特別養護老人ホーム「ラポール藤沢」●櫛山英信  

19973月号・第20

■カメラ・ルポ 仕事発見――愛知高齢者協同組合デイサービス「へいわ」 ●写真/五味明憲

19977月号・第22号     

■カメラ・ルポ 仕事発見――北海道のグループホームづくり・元気舎●写真/五味明憲

◎レポート 北海道におけるグループホームづくり――住み慣れた土地で心のふれあいを大切に、最後まで輝いて生きたい ●内沢千恵

19979月号・第23号      

表紙 元気舎(旭川、道北高齢者・障害者協同組合)と老人保健施設「かたくりの里」(北海道労協)

公的介護保険と私たちの地域保健福祉運動 ――グループホームなど●中田宗一郎

■研究室の窓から  宅老所のすすめ――どの地域にもできる高齢者の生活の場づくり●賀戸一郎

19979月号・第24号 

◎インタビュー  伊丹における都市型ケアハウスづくり●木谷勝彦

■協同の息吹き “市民立”の高齢者福祉施設――ケアーセンターあさひ・厚木市 ●長岡義幸

19981月号・第25号 

■カメラ・ルポ 仕事発見                

沖縄高齢協の高齢者給食事業●写真/五味明憲 文/●古波蔵保吉   

■協同の息吹き 福祉と医療と生活が一体のコミュニティづくり――ニコニコ生活村・大分県大野郡三重町 ●樋口圭子

19983月号・第26号     

■協同の息吹き デイサービスからミニデイホームづくりへ――デイサービスいずみ・東京都保谷市●櫛山英信

■地域からの協同の発信②

デイサービスは“ライフサービス” ――宮城県涌谷町の保健・医療・福祉の連携 ●熊谷智美

19987月号・第28号 

■協同の息吹き 40カ所をこえる宮城の宅老所ネットワーク――みやぎ宅老連絡会・宮城県 ●熊谷智美

19987月号・第29号 

《座談会》地域を元気にする地域福祉事業所づくり――地域福祉事業所と地域福祉●古谷直道・岩浅えり子・沢田清方・菅野正純

■ルポ:協同の息吹き 急速にすすむグループホームづくり――神奈川県横浜市の実践  ●栗原みどり

19989月号・第30号 

子どもを軸にした新しい協同・共生 ●毛利 葉

19993月号・第32号 

《ルポ》宅老所・グループホームのネットワークづくり ●熊谷智美 

19995月号・第33号    

町田のワーカーズコープけやきの活動 ●写真/五味明憲

19997月号・第34号     

◇講演――高齢者とボランティア活動 ●神代尚芳

◇ボランティア活動と高齢協

配食サービスに参加して ●西山伸子

生涯学習介護講座開設を出発点として ●内田利昌 

高齢協の協力者とボランティア  ●深水昭子 

2011年8月 4日 (木)

故・菅野正純さんの思いの一端

 菅野正純さんは2008年111日に亡くなった。その前年に倒れて入院加療中だった。

 私たちにとって、2007年のときの入院については、「日本労協新聞」に発表されるまで知らず、あまりにも突然だった。その病院は何年か前、編集協力者のSさんのお見舞いに行った同じところ。

 病院は、渋谷駅から都営バス・国学院大学経由で細い道をくねくね曲がって、15分ぐらいでいく。

 着くと病室には家族がいなくて、彼と二人きりで対面した。

 頭を坊主頭にして、言葉を発せない彼は、私の顔を見て、かすかな記憶をたどっているようだった。

 私もその前年暮れ、1カ月の入院のあと、新年早々に手術をして、身体と精神の元気回復に努めていたときだった。

 

 こちらから少し言葉を出したが、どこまで認識されたのか。彼のほほを思わずさわり、「早くよくなってくれよな」という言葉しか言えなかった。

 家族にお見舞いに来たメモを残し、辞去したが、数ヵ月後、松沢常夫(「日本労協新聞」編集長)さんから「意識も少しずつはっきりしてきた」という朗報を聞いていたので、安心していたのに残念だった。

 

 初めてあったのは1980年代初頭。松沢さんから、「イタリアの協同組合論を翻訳出版している」という紹介だった。

 菅野さんと私は、歳が数年しか違わず、編集者生活では年下の著者としては、初めての人だった。

 

 「へぇー、イタリアね」というのが私の初印象だった。

 出版界ではかの昔、イタリアの社会科学本をたくさん出した合同出版(現在の同名の出版社は、歴史的にはつながりがあるようだが、私の知り合いが引き取って、別の出版社となっており、数多くの本を出している)が著名だったが、その他では一部の研究者たちが「グラムシ」関係の論説を展開していただけだった。

 但し、私はその少ない関係者の人との出会いがあったので、違和感は感じなかった。

 しかし、「イタリア協同組合」についての知識は皆無だった。この後は別に書かなくてはならないなー。

 

 

 『仕事おこしのすすめ』(シーアンドシー出版刊)を書いていただいた京都大学名誉教授の池上惇先生は、追悼文の中で“菅野君は当時の流行的風潮には断固として反対し、イタリアの生産協同組合が現実に飛躍的な発展を遂げ、社会構造の中で、確固たる定位置を獲得していること、その理由は、労働の質が普通の企業とは違っていて「ともに働き、共に育ちあう」労働であることを発見した(労働者協同組合の理論の推進、200837日)と書かれている。

 

 また“しかし君は、労働者協同組合運動が地域に根ざし、各地の生命とくらしを守る現場の労働を組織して、 ひろく市民やコミュニティの共感を得てきたことを自らの実践において示すことが出来た。

  これは君が組織した労働が、人々の期待にこたえ、ともに育ちあい、人間としての創造性をにない得たからである。

 さもなければ、このような支持は得られなかったであろう”、と(同前、3月8日)。

 

 

 亡くなったあと、彼の遺稿集を出さないといけないのでは、と心に引っかかりながら、私自身、出版社を閉じて、その精神的元気さがなく、今日まで来てしまった。

 

 菅野さんが『仕事の発見』(第2期)に書き続けた原稿とそのテーマについて――高齢者・障がい者・子ども・青年を協同の力で、ネットワークして社会的排除をゆるさない「地域福祉を創造する協同組合」づくり――知っていただきたく、別のページにリストを編んでみた

 日本労協連に行けば、読めるはずだ。

故・菅野正純さんと『仕事の発見』誌

世の中、毎年、何万点と出版物が出され、その多くはベストセラーになるわけではなく、特に社会科学系の出版物は「多品種少量生産」が、その特徴である。

 ここに紹介する、『仕事の発見』誌(第2期)も自立した雑誌にはならなかったが、そのマイナーな出版物に個性的に人生をかけた菅野正純(協同総合研究所主任研究員)さん(と私)の仕事(上段が特集、下段が彼が問題提起した原稿)。

199312月号 創刊号 特集 21世紀をめざす労働者協同組合

この人に聞く 池上 淳『生活の芸術化』が投げかけること

19942月号・第2号  特集 高齢者協同組合をめざして

<高齢者福祉を考える>”協同”の力で日本の福祉を高めよう

19944月号・第3号 特集 エコテック式仕事おこしが投げかけるもの

<高齢者福祉を考える>続「協同」の力で日本の福祉を高めよう 

19948月号・第5号 特集 労働者協同組合への招待 教科書づくりのために

労働者協同組合教科書(案)の構成  

199410月号・第6号 特集 「協同集会」が投げかけたこと 

始まった壮大な協同のうねり

19951月号・第7号 特集 いま「人と地域に役立つ、新しい働き方と協同の仕事おこし」を

座談会:名古屋協同集会を終えて

19953月号・第8号 特集 よい仕事をめざして

生命の再生・労働の再生―いま「よい仕事」を問う   

19957月号・第10号 特集 仕事おこしの経営とは

社会の再生とイタリア協同組合運動 

19959月号・第11号 特集 高齢者協同組合をつくろう

高齢者が主人公になった生活づくりを――高齢者協同組合の側からの政策提案の視点

19963月号・第14号 特集 非営利・協同の仕事おこし、高齢協づくり

「生活の発見」「仕事の発見」――高齢者協同組合と労協の仕事おこし

19965月号・第15号 特集 公的介護保険と高齢者協同組合

公的介護保障システムへの「非営利・協同」からの提案   

19965月号・第16号 特集 高齢者と非営利・協同事業

非営利・協同の立場からの高齢者介護の方向

199611月号・第18号 特集 東北からの発信――仙台協同集会へ

「宮沢賢治生誕百周年」に「協同」を問う

19973月号・第20号 特集 新しい時代の仕事おこし・まちづくり

「協同の労働」を新たな権利へ

19975月号・第21号 特集 労働者協同組合法と新しい仕事おこし

「新しい公共性の創造」に向かって

19977月号・第22号 特集 AARP、社会的協同組合、そして労協法

「協同労働」を基礎に労協法の制定 

19977月号・第23号 特集 新しい福祉社会の創造めざして

「福祉」がひらく労協の新展開

19977月号・第23号 特集 地域における「福祉社会の創造」

「福祉」がひらく労協の新展開(下) 

19981月号・第25号特 集 「福祉社会の創造」を担う     

根本的な対案を示したイギリス協同運動          

19983月号・第26号特集 地域は労協・高齢協の宝庫――福祉も仕事も

イギリス労働者協同組合とコミュニティ協同組合

19985月号・第27号 特集 高齢者協同組合と共済

「協同・共生」への胎動の中の高齢者協同組合  

1998年7月号・第28号 特集 自治体とのいい関係づくり

自治体から始まった「福祉社会の創造」への胎動――そのパートナーとなる「地域福祉事業所」へ 

19989月号・第29号 特集 東北の地から《高齢協》の新しい風

《座談会》地域を元気にする地域福祉事業所づくり――地域福祉事業所と地域福祉            

沢田清方・菅野正純・古谷直道・岩浅えり子

199811月号・第30号 特集 21世紀を切り開く広島協同集会

21世紀――根源を問い、「協同組合の時代」来る

19991月号・第31号 特集 広島協同集会、そして介護者ネットワーク

「介護者ネットワーク」がめざすもの

19993月号・第32号 特集 高まれケアワーカーの仕事

「ケアの時代」と労協の“飛翔”――労協の「地域福祉事業所」の意義 

19995月号・第33号 特集 上海市老齢委員会を訪ねて

欧州労働者協同組合・社会的協同組合の挑戦 

19997月号・第34号 特集 CC共済の発進とボランティア

提言 コミュニティ再生と大量失業克服のために――労働者協同組合法の一刻も早い制定を

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ