« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

ふくし生協さいたまに略称を変更

 6月26日(日)にコーププラザ浦和で「生活協同組合 さいたま高齢協第6回総代会」が開かれた。
 開会の冒頭、増田アツミ理事長より「東日本大震災と福島原発事故」の被災への激励をこめた挨拶があった。

 110626masuda

 
 総会の前に、日本高齢者生協連合会会長・鹿教湯病院名誉院長の市川英彦さんから「高齢期を生きいき―生き方と逝き方」をテーマにお話を伺った。
 本通常総代会で、これまでの「高齢協」の前に「ふくし生協さいたま」というネーミングを打ち出していくことが決まった。

 その理由は、
 1 定款で謳われている「高齢者・障害者等の福祉に関する事業であって組合員に利用させるもの。主たる事業として福祉事業を推進する」という、自らの事業の目的とその目標を明確にして、市民とともに歩む姿を明確にすること。

 2 「高齢協」という名前への忌避感が、40代~50代の女性のなかに多く生まれていて、自らが参加していくという共感を醸し出すネーミングではなくなっていること。

 3 「一人ぼっちの高齢者をなくそう」「社会を担う高齢者になろう」、「障がい者や子どもたちが安心して生きられる地域をつくろう」――そして地域から福祉社会をつくりだす主体になろう、という運動目標を担うこと。

 110605koureikyousoukai

 全国の高齢協ができて10数年。
 日本高齢者生協連合会第10回総会(6月5日)の報告書にある各地の取り組み――「コミュニティケアの推進」「小規模・多機能な宅老所を」「ケアホーム(共同生活介護)をつくりだす」「入居しやすい高齢者専用住宅づくり」「就労支援のための事業」「高齢者と障がい者を支えるモデル地域にしよう」「安心サポートづくり」――は、地域社会に高齢者も頑張れるテーマがあふれるように紹介されている。

 ここでやっと、日本で生まれた高齢協の役割が明確になってきた。

 

2011年6月20日 (月)

越谷市にあるNPOひかりの森の事業・活動に賛助を

 越谷市にあるNPO視覚障がい者支援協会・ひかりの森の第3回総会が、6月18日(土)に開かれた。
 当該NPOのHPがまだオープンされていないので、以下の事業・活動計画だけを報告する。
 越谷市以外からも、多くの参加を得ている「地域活動支援センター」の活動は目を見張るものがあり、さら独協大学病院眼科との連携が深まり、当事者・家族から多くの相談がもたらされている。

 NPOひかりの森は、多くの賛助会員の参加を呼び掛けている。

 110618dai3kaisoukai

 以下、主な柱を報告する。         
 ◇2011年度の事業・活動計画(案)について
     (項目・趣旨)                        (時 期)
1 地域活動支援センター・ひかりの森の活動推進・拡充  ・通年
2 相談活動の充実と予算確保へ尽力する         ・通年 
3 広報活動事業                    ・7月ごろ開設
  ――NPOひかりの森のホームページの開設・リーフレット発行 
   ひかりの森の認知・浸透
4 ひかりの森セミナー                 ・6月26日
  ――「市民向け医療講演会」実施について          
5 文化セミナーの開催                 ・11月ごろ
  ――音楽コンサートなど
6 安全で安心できる歩行ガイド(移動支援)の方法    ・通年
  ――宮城武久先生の指導の下で
7 ボランティア・ネットワーク事業の推進        ・通年
  ――ボランティア募集とネットワーク化推進
8 講師派遣事業を行う                 ・通年
9 未来を考える「私たちの協同住宅・低有料住宅の調査・研究」について  ・通年
10 理事会開催(年4回)               ・6,9,12,3月
   ――定期開催による事業・活動の円滑化・推進
11 障害者自立支援法に基づく事業の推進        ・模索
12 点字名刺などの授産事業に取り組む         ・模索

  〒343-0816
     越谷市弥生町1丁目9番地 山﨑ビル2F
     TEL 048―962―9888

2011年6月 6日 (月)

『今崎暁巳さんと私』を刊行した

 6月4日に北区王子の北とぴあにて開かれた「今崎暁巳さんを偲ぶ会」で配られた『今崎暁巳さんと私』(A5判・132P)のPDF版をUPした。
 140名に及ぶ各界の知人・友人の思い出が語られている。
110606imasakicoverweb

 発行元の「下町人間の会」に非売品だが、残部がある。ご希望者は、東京都台東区三ノ輪1-26-9、FAX 03-5824-0541に御相談を。

2011年6月 5日 (日)

「今崎暁巳さんを偲ぶ会」開催される

 6月4日(土)、東京・北区の北とぴあ・ペガサスホールで「今崎暁巳さんを偲ぶ会」が開かれた。当日は、久しぶりの晴れで、会場は123名の参加で、故人を偲びました。

110605imaski2

 会は日本フィルハーモニー交響楽団弦楽四重奏(バイオリン・松本克己さん他)の演奏を皮切りに、最初に実行委員長として呼び掛けた柳澤明朗さんが、「人とひとの絆を結んで、一緒に人生を創っていこうよ」と数多くのルポルタージュ作品を生みだした生前の今崎さんを紹介しながら、「参加者がそれぞれの持ち場で、これからも奮闘していくことを誓う」とあいさつを行った。

110605sinobukaiyanagisawa

 柳澤明朗さん

プログラムは、以下のように行われた。
献杯  木村康子(上野の森に「広島・長崎の火」を永遠に灯す会代表理事)
挨拶  「今崎暁巳さん偲ぶ会」開会に当たって 山口義夫(下町人間の会代表)
お別れの言葉とケーナの演奏が以下のように、各界から寄せられた。
 若月 司郎(元日本航空労組委員長)、金子 満広(日本共産党名誉役員、元衆議院議員)、中屋 重勝(元沖電気争議団事務局長)

 
110605sinobukaiokidenki

 

  元沖電気争議団のみなさん

演奏  八木倫明(デュオ・ケーナルパ)
 松本 伸二(元日本フィルハーモニー交響楽団労働組合執行委員長)、江森けさ子(「いのちの讃歌」のモデル・看護師)、高橋 晴雄(元全国大学生協連専務、前ちばコープ理事長、前千葉商科大学講師)、田島一(日本民主主義文学会)、小松みゆき(現代ルポルタージュ研究会、在ベトナム・ハノイ)、鳥生 忠佑(「北の砦」のモデル)

110605komatu

 ベトナムのハノイから駆けつけた小松みゆきさん

 最後に、今崎則子夫人「謝辞」が語られ、散会した。 

 110605imaskibook

 実行委員会では、追悼文集の『今崎暁巳さんと私』(A5判、132ページ)を当日、みなさんにお読みいただく手配をした。この文集には、140名の方から、それぞれの思いがつづられている。

 このあと、PDFで紹介したい。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ