« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月16日 (土)

教師のみなさんへ、原発について再考を

 インターネット上でよく読ませてもらう「J-CASTニュース」(2011年4月16日(土)13時17分配信)で、“原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」”という、下記の記事が掲載された。ぜひお読みください。

 東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。
 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めている。

 報道された記事によると、高木義明文部科学相が昨日の記者会見で、文科省と資源エネルギー庁が平成22年2月に発行した小中学生向けのエネルギー学習用の副読本について、放射性物質(放射能)が「しっかりととじこめられています」などとする複数の記述が、東京電力福島第1原発の事故と照らし合わせた際に不適切だと見直しを行うことを明らかにした。
 副読本は小学生向けの「わくわく原子力ランド」と中学生向けの「チャレンジ!原子力ワールド」で、それぞれ全国の小中学校に配布済み。小学生向けの副読本では「原子力発電所では、放射性物質が外にもれないよう、五重のかべでしっかりととじこめられています」などと表記し、中学生向けの副読本でも「大きな地震や津波にも耐えられるよう設計されている」と解説している、と伝えている。

 話しは飛ぶようだが、1958(昭和33)年の「勤評反対」の運動の中で、広く読まれた「詩」を、最近、大先輩からいただいた。
  

 「戦死せる教え子よ」

 逝(ゆ)いて還らぬ教え子よ
   私の手は血まみれだ
   君が縊ったその綱の
   端を私も持っていた
   しかも人の子の師の名において
   鳴呼!
   「お互いに騙されていた」の言い訳がなんで
   できよう
   慙愧、悔恨、懺悔を重ねても
   それがなんの償いになろう
   逝った君はもう還らない
   いまぞ私は汚濁の手をすすぎ
   涙をはらって君の墓標に誓う
   「繰り返さぬぞ絶対に」
   ――送らじなこの身裂くとも教え子を 理(ことわり)もなくいくさの庭に――

 この詩は、高知県池川町の中学校教師の竹本源治さんが、朝鮮戦争の勃発で再び戦争の危険を感じてつくられたもので、勤評闘争の中で全国で読まれたという。
 戦地に子どもたちを送った人間としてのこころからの反省を込めたものである。
 「二度と教え子たちを戦場へ駆り立てるようなことはしないんだ」という決意を込めた詩だが、東日本大震災と東電原発の人災を眼前にして、子どもたちに正確に伝える役割を、日本の教師たちは、果たしてほしいと願っている。

 二度と「原発推進」の側に立たない「教師たちの奮闘」を、今こそ期待したい。

2011年4月13日 (水)

現代ルポルタージュ研究会の『たたかいのルポルタージュ15号』発刊

 「今崎暁巳さんを偲ぶ会」の事務局にかかわって、2カ月。6月4日(土)の北とぴあ(JR王子駅)での当日の準備が進んでいる、
 今崎さんとかかわりの深い「日本フィルハーモニーの弦楽4重奏」の参加も決まり、着々とすすんでいます。

 そのなかで「追悼文集」の編集をしているが、なつかしい「現代ルポルタージュ研究会」のメンバーから『たたかいのルポルタージュ15号』発刊を知らされた。
 会員の浅利正さんは、“1978年秋、中央労働学院の「ルポルタージュ教室」に学んだ。その時の主任講師が今崎暁巳先生だった。その年の11月、私が勤める沖電気が大量の指名解雇を強行した。今崎教室の受講生で沖電気争議団の事務所を訪問取材し、教室終了後も勉強を続けようと「現代ルポルタージュ研究会」を設立。機関誌創刊号で「特集沖電気争議」を”発行したと書いている。
 そのメンバーがこの30数年にわたって、発刊してきた。これはえらいことだ。

 110413rupokenweb

 今号は、以下のような内容である。
 巻頭言 今崎暁巳君を偲んで―ごいっしょに人生をつくっていこうよ 柳沢明朗
 ジュゴンの祈り―辺野古から世界の平和を 西村一郎
 国連女性差別撤廃委員会の日本審議に立ちあって―飛んで跳んだ草の根NGO 牧 泉
 中小企業で生きるということ~絆を紡ぎながら~ 小川緑
 未来に希望を込めて―「労働と人間」を問い続けるワーカーズコープの子育て支援 松沢常夫
 必要とされていた「山梨生活SOSネット」 寺久保光良
 介護保険10年と母の介護 加茂和子  
 ★編集後記★ 

 最後のページに、今崎暁巳さんを追悼する中屋重勝さん(元沖電気争議団事務局長)の「ルポルタージュ作家の生涯を貫き通して」(沖電気OB会ニュース第6号、2011年3月発行)が掲載されている。 

 惜しむらくは、インターネット上で検索しても、出てこない状況にあるが、多くの若い世代が“ルポルタージュ”に挑戦してほしく、紹介したい。

 ▼本書をお求めの方は、〒170-0002 東京都豊島区巣鴨5-48―5 上田方 TEL03(3918)5519、頒価500円(A5判、106ページ)。

2011年4月 9日 (土)

福岡のふくし生協と被災にあった神奈川高齢協を動画で紹介

 私たちが2月に学んだ福岡ふくし生協(福岡高齢協)のビデオ(「心と心のつながりで ふくし生協と生きる」)の導入部分(13分30秒)が、ホームページ上にUPされている。
 福祉を主たる事業として設立して、先頭を走っている「福岡ふくし生協」(福岡高齢協)の実情を知る手掛かりを与えてくれる。
 また全国で30万人の高齢者(全高齢者の1パーセント)を組合員にして、“社会に支えられる存在から支える存在へ”と呼びかけ始めた運動を知る一助となっている。

 動画は、インターネットを親しみやすくして、普段見慣れないひとでも動きと音があり、分かりやすいものになっている。
 昔、「民衆のメディア連絡会」(現在、pmn-mlのメーリングを組織している)のみなさんが中野の区民センターで、「インターネット通信放送」を開いてくれて、ある大学のサーバーを借りて実物を見せていただき、“オーすごい”と驚いたのは、90年代末だった。驚愕の進歩だ。
 
 つぎに驚いたのは、日本高齢者生協連のHPに、神奈川高齢協の事務所が半壊の被害に遭っていたことを知らせる動画がUPされた。なんと東日本大震災では、神奈川でも半壊のビルをひき起こしている。
 

2011年4月 4日 (月)

ベトナムの学生たちも、東日本大震災支援集会開催

 在ベトナム・ハノイの知人から「ハノイの大学生が、日本支援の集会と千羽鶴を折って送ろうとしている」と写真入りのHP(どこなのか、ベトナム語で分からなかったが)を教えてくれた。


110405hanoistudents


110405betonamustudents


 どの時代も、青年・学生の初発的な感性が、社会に刺激を与えてくれる。

 日本は、バブル社会が終わっても、「成熟社会」「満足化社会」といわれる状況が進み、一方で「格差社会の進行」がありながら、おとなも青年たちもなにか忘却させられた「時代状況」が目の前に広がっている。

 今回の「大震災」と「東電の原発大事故」は、21世紀における最初の“人災”だと思わざるをえない。
 
 「安全なまちなみづくり」を考えなかったエリート官僚、「想定外だった」、とテレビでコメントする防災研究者、大つなみの被害想定を経済的理由によって拒否した政府・官僚(経産省)・東電のエリートたち。そして政権党だった自民党。
 「震災は忘れたころにやってくる」という名言をつくったといわれる寺田寅彦先生(物理学者・東京帝国大学地震研究所所員も)は、「予言はできないが予防はできる」と当時(関東大震災後)の世相を批判している。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ